2015/03/23

「都市とモードのビデオノート」

またまたヴェンダース。
これは初めて見た。先日見た「東京画」に近い雰囲気。ファッション・デザイナー山本耀司氏に迫ったドキュメンタリー。20年以上前の作品で時代を感じる部分もあった。ファッションの世界の事は良く分からないけど、一流のプロフェッショナルの仕事や思考に少し触れる事が出来た。

当時見たら、映像の作り方とかもカッコ良くてまた違った感じ方が出来ていたかもしれない。でもヴェンダースはヴェンダース。最後に流れていた日本語の歌が気になる。と思ってググったら「西安の子供市場」って曲みたい。

2015/03/22

「東京画」

ヴェンダースの「東京画」を見た。録画してあったのを見た。初めて見たのは20年くらい前?かな。淡々とした語りとボヤっとした色合いのイメージがあった。

ヴェンダースが好きだと言う小津安二郎監督へのオマージュ的な映像。ゆかりのある人たちへのインタビューが主な内容だ。スタッフだったカメラマンや俳優さん。小津安二郎監督がどのような拘りで映画を撮っていたかがうかがい知れる。

この映像が撮られた83年の東京。当時10歳だから、懐かしいという感情はなく、古臭さを感じつつも活気のある街に興味を抱いた。

ヴェンダースの語りや80年代の東京。気だるげな音楽。ドキュメンタリーを撮ってもヴェンダース映画になる。心地良い。
小津安二郎監督の映画も見てみたい。


2014/03/13

「ニックス・ムービー 水上の稲妻」

最近、映画見てないな~、猛烈に映画が見たくなって、録りためてあった「ニックス・ムービー」を見た。

癌に侵されたニコラス・レイ監督をヴェンダース監督が撮っているのだが、ドキュメンタリーなのかフィクションなのか…明らかにニコラス監督は演技ではなく痩せて咳が止まらず衰弱している。ついには入院してしまう。

オープニングのシーンがラストと繋がる。
この映画が完成するニコラス監督は亡くなった。

何だか不思議な感覚。人が亡くなっているけれど悲しみはなく、淡々としているのがジワジワ後から来る。




2013/04/06

「プラトーン」

ベトナム戦争を描いた映画。
私は少し感覚が麻痺しているのかもしれない。今まで色々な戦争映画やドキュメンタリー映像を見てきているので、特別なものを感じなかった。ただ、アメリカ兵の相手がベトナム人であり、一般市民であり…な部分は苦々しい思いがした。見ていて気持ちのいいものではない。

バーンズとエリアスの対立関係はもう少し見たかったかな。どちらが正しいとかではなくあの場所では起こりえる事なのだろうと思う。

あと、オリバー・ストーン監督の作品は他にも見たことあるけど、私にとっては評判ほどのものには思えず…な事が多い気がする。



2013/04/06

「パルプ・フィクション」

バイオレンスは苦手と言うか嫌いなくらいなのに、タランティーのは大丈夫なんだよね。ユーモアや脚本の良さが上回って気にならなくなるのかな。

これは10年以上前に高熱で寝込んでいた時に、付けっぱなしにしていたケーブルTVで放送していて釘付けになった作品。その後、きちんと見直したような?記憶が曖昧なんだけど、録画しておいたものを先日見た。

ジョン・トラボルタ&サミュエル・L・ジャクソンのコンビが最高。ユニークでゆるくて愛すべきキャラ達!ラストに向かって行くにつれて繋がっていくこの快感!スリリングさの中にも「くくくっ」って言う笑いもあって、しばらく浸れる。また何年後かに見たい。


【スポンサードリンク】