2011/01/31

「太平洋の奇跡」

試写会に行ってきました。
去年からバタバタしていて、映画を見るのは本当に久しぶり。


太平洋戦争で激戦が繰り広げられたサイパン島。わずか47人の兵で45,000人の米軍を相手に大場栄大尉率いる部隊が戦い抜いた史実を基にした映画。


戦争映画は見終わるとグッタリする。でも、戦争の歴史を知りたいとまた見たくなる。しかし、史実を基にした…というのがクセものだ。どこまで脚色されているのか。原作は米海兵隊員だったドン・ジョーンズ氏の「タッポーチョ 太平洋の奇跡 (祥伝社黄金文庫)」。それを日本で映画化というのも面白い試みだと思うが、本が出版された当時、大場大尉は存命中で本の監修を行っているそうだ。その時点で美化されていたり、脚色されている可能性もある。

銃撃戦の迫力や山の中での生活の臨場感はあったけれど、過去に見た戦争映画と比べると兵士の心情が伝わってこなかった。淡々としているというか、都合良過ぎるシーンもいくつか。しかし、日本軍と米軍とそれぞれの視点で描いているのは良かった。

あとは、主演の竹野内豊がちょっと残念だったなぁ。撮影も過酷だったとニュースで見たけれども、うーん。別に嫌いな役者さんじゃないんだけど、しょっぱい。唐沢寿明が素晴らしかった。この人の演技力や存在感と比べちゃうとな…。

サイパン島の玉砕は44年7月、翌年8月に戦争が終わり、彼らが投降したのが12月。
長い戦い。しかも島での戦いは救援が途絶えてしまうので、孤独で気持ちの行き場をなくしてしまう戦いだ。映画で表現できない様々な事もあっただろう。そういうのが知りたいんだよな。


トータルでは良く出来た映画だと思う。戦争の残酷さ、虚しさを伝えるには十分な内容。
1人でも多くの人に見てもらいたい。そして考えて感じて欲しい。
1人1人の力や祈りは小さいけれども、沢山集まれば大きな力になるから。


試写会には年配の方々が多く来場されていた。彼らはこの映画を見てどう感じたのだろう。

公式サイト:
http://www.taiheiyo-no-kiseki.jp/

太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-@ぴあ映画生活

2010/09/06

「硫黄島の砂」

毎年8月は積極的に太平洋戦争関連の書物や映像を見るようにしてるんだけど、映像関係が全然見れなった。映画館にも最近全然行ってない…。

これは去年録画してHDに埋もれていた映画。モノクロの邦画だと思ってた。
1949年製作のアメリカ映画(原題:Sands of Iwo Jima)。
1945年の終戦からわずか4年。日本でも1952年に公開されているそうだ。


太平洋戦争中のタラワ環礁の戦いと硫黄島の戦いを描いた映画だが、戦いに勝利した事を賛歌したり愛国心をあおるような内容ではなく、ジョン・ウェイン演じるストライカー軍曹と部下たちのドラマや、若い兵士たちの心の葛藤などが描かれている。内容的には非常に良く出来た映画だと思う。

もちろん戦闘シーンもあり、当時の映像と織り交ぜて作られている。つぎはぎ感もあるがモノクロだからさほど違和感はない。それよりも撮影した映像がチープに見えてしまうのは、まぁ仕方がないか。


一つの戦闘が終わったらバカンスがあったり、戦闘中にコーヒー飲んでたり、戦争映画だけれど思っていたよりも悲壮感や目を背けたくなるようなシーンはあまりなく(もちろん沢山の人が亡くなっているが)、日本の切迫していた状況と比べてしまうと、お気楽に見えてしまった。

イーストウッドの「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」を見た時にも感じたが、立場によって見え方は変わる。しかし、どちらの兵士にも生まれ故郷があり、国には愛する家族がおり、国のために家族を守るために戦うと言っても、死んでいい人間はいない。
結局、戦争は悲しみしか生まない。


硫黄島の星条旗を実際に立てた兵士たちが出演しているそうだが、分からなかった。


2009/10/29

「20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗」

公開から2ヶ月近くたって、やっと見に行ってきた。
この最終章は、去年、フェスティバルのシーンで観客役としてエキストラ参加してきたので、すっごく楽しみにしていたはずなんだけど・・・。

まぁ正直、やっと終わったな~って(笑)

一章が原作通りで、2次元の世界が3次元でそのまま表現されている事に感動し、二章で少し流れが変わってきて戸惑い、最終章は原作と映画のストーリーがゴッチャになってしまって、見てる途中で訳分からなくなってしまった・・・。

原作とは違う展開になってしまうのは仕方ない。
しかし、つまらない伏線を張る必要はないんじゃないかな・・・。
ラストの10分も個人的にはいらない気が。

でも、浦沢先生と長崎さんが脚本に携わったので、これが彼らの漫画とは違ったアプローチの仕方なんだな、と思って納得してみる。

だけども長嶋さんがパンフレットのインタビューで、分かりやすすぎる事はよろしくないというような事を言っているけど、矛盾してない?

もっと含みをもたせるような終わり方でも良かったのになぁ~と。
旦那はハッキリしない結末が嫌いなので、これで良かったって言ってたけど。


一章で大感動したテンションが最後までもたなかった。
大好きな漫画が原作なだけに、ちょっと残念。



公式サイト:http://www.20thboys.com/index.html
2009/03/08

ゆきゆきて、神軍

この映画の存在を知ったのは、かれこれ17,18年前のこと。高校生の頃だったと思う。
大好きなDEAD ENDというバンドのMorrieが雑誌のインタビューで、お薦めの映画を何本かあげていて、その中のひとつだった。
あげられていた他の映画は何本か見たんだけど、これは見る機会がなくて。

ここ数年、太平洋戦争関連の書籍や映像に関心を持つようになり、気になったものはすぐさまチェックするようにしている。
「ゆきゆきて神軍」が早稲田松竹で一週間上映される事を知って、さっそく行って来た。
偶然にもその日はMorrieの誕生日だった!


>>続きを読む

2009/02/15

20世紀少年 第2章

仕事のあとジムへ行って、急いで自宅に戻り、お風呂に入って、簡単に夕食の支度をして、
レイトショーで「20世紀少年」を近所のシネコン見に行った。(徒歩10分!)忙しい(笑)

1章が原作にかなり忠実で、平面の漫画がそのまま3次元になったかのような、
素晴らしい出来だったけれど、今回は原作の流れを意識しつつも、いくつかのエピソードが
絡まりあって、スピード感のあるウネリを生み出していた。


原作通りにしてたら時間が足りないのも分かるし、別に「原作と設定が違うじゃん!」って文句もない。
脚本に浦沢先生と長嶋さんが携わっているだけあって、内容は素晴らしい。
そして、キャスティングも最高!

予告ではあまり印象がなかったけど、本編で見たら、小泉が表情とか雰囲気がソックリ!
あと、小池栄子のテンションが(笑)

最終章の3章は夏に公開。これ、エキストラ参加しているシーンがあるので、更に楽しみ♪

また漫画読み返そう(笑)


公式サイト:http://www.20thboys.com/


忙しかったので眠くなるかと思ったけど、スクリーンに釘付けで、長さも感じず眠くならなかった。

映画の後は、近くのマックで軽く夜食を。(23時にジャンクフード><)
クォーターパウンダー・チーズを初めて食べました。
美味しい!値段高めでも、普通のハンバーガーよりこっち買うな。
お肉もジューシーで、オニオンのシャキシャキも歯ごたえがあってよろしい。

【スポンサードリンク】