2012/05/10

4/24 ZERO1「Over The Rainbow」後楽園ホール

旅行から帰ってくる日だったので、行けるかどうか分からず。
でもやっぱり久しぶりに行きたくて、当日券で。コンパクトバージョンだったんだけど、売り切れ寸前!だった。

他団体の選手も多くて盛り沢山だったからか。平日にも関わらずお客さんいっぱい。

久しぶりのお友達にも会えた♪

以下、試合の感想。

<第1試合 本間朋晃 復帰戦>
○本間朋晃、横山佳和、植田使徒、KAMIKAZE(14分21秒 コケシ→片エビ固め)崔領二、マーカス・ビーン、ライディーン、ニック・プリモ●
新日本を退団した本間選手の初試合。ブーイングはなくかといって歓声が大きい訳でもなく…。それよりも横山君や植田君の頑張りが良かった。外人選手もハツラツとしていいんだけど、パッと誰が誰やら見分かりにくい。もっとコスチュームなり見た目のインパクト変えたらどうだろうか。


<第2試合 夕陽 デビュー戦>
○愛川ゆず季(10分05秒 シャイニングゆザード→体固め)夕陽●
日高さんと小林さんが育てたという噂の女子高生のデビュー戦。
デビュー戦にしては動けてたし、覚えた技を出してやろうという意気込みや失敗しても心折れない気持の強さ、負けん気の強さなどが見えた。

コスチュームもカッコ良かった。ただ顔がまだ幼くて垢ぬけない。そこがまた好感持てる。どんな風に成長していくのか大地君同様に楽しみだ。

可愛いけどプロレスラーとしてはあまり認めたくないゆずポンが、何故か今回は良く見えた。


<第3試合 スペシャルシングルマッチ>
○フジタ‘Jr’ハヤト(12分52秒 STF)長島☆自演乙☆雄一郎●
キッダーニ男爵、ZERO1に顔出してもいいのか??

最後に乙に「プロレスなめんじゃねぇよ」と言い放ったハヤト君の一言に試合が集約されている。一生懸命、プロレスの練習しているのは分かる。でも結局、行くところがなくてプロレスやっているようにしか見えない。気持ちが全然伝わってこない。


<第4試合 ZERO1vsBJW>
○橋本和樹、関本大介(17分49秒 go2sleep→片エビ固め)佐藤耕平、橋本大地●
この日のベストバウト。なんと言っても大地君がいい。

関本選手のこれでもかこれでもかと言う力強さと和樹選手のムカつくキャラに対し、今まで見せたことのない怒りに荒れ狂う大地君。その後ろでガンガン蹴りまくる耕平♪

これぞ対抗戦。大日本とは継続してやって欲しい。


<第5試合 NWAライトタッグ王座決定戦 3WAY>
○ジミー・ススム、ジミー・カゲトラ(21分09秒 夢限→片エビ固め)クレイグ・クラシック、日高郁人●
もう1チームは菅原拓也、藤田峰雄
パートナーに裏切られのしょんぼり日高さん。クレイグ選手が名乗り出てくれたけど、連携やコミュニケーションいまいち。最後、日高さんがフォールされた時だって、カット入れたのに入らなかったよ!!!!つまんないー。みねぴょんの方がイキイキしててカッコ良く見えちゃうよ。

タッグならススムさんとカゲトラは連携ばっちり。地味にベルト奪取。


<第6試合 スペシャルタッグマッチ>
○田中将斗、大仁田厚(16分09秒 スライディングD→体固)大谷晋二郎、曙●
結果から言うと、大仁田選手にメインを乗っ取られた。
試合終了後は大仁田劇場。気分悪くて帰ってきた。

大仁田選手が曙選手とやる為のリングを提供しただけ?
他のカードも他団体の選手が多くてテーマが分からず、唐突に組まれた感が強い。
若い子たちも成長しているのだし、もっと次につながる意味のあるカードを組んで欲しい。

今回はちょっとガッカリだった。


コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】