2012/03/09

「ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」

ヴェンダース監督の映画、久しぶりに映画館で見てきた。
ダンス映画で3D…一体どんな映画なのか。

ドイツの舞踊家で振付師でもあるピナ・バウシュ。ドキュメンタリー?なのかな?
映画用に作ったというダンスや演劇のような作品を彼女の舞踊団が演じている。

正直、ダンスなんて興味なんし…と思っていたのに、これがダンス!?と衝撃を受けた。
人間の体の美しさ、しなやかさ、無限の可能性を知った。釘付け。

3D映画っていうと、飛びだす迫力のある…ってイメージだけど、奥行きや肉体のリアルさなんかが伝わってきて凄く良かった。

あー。過去に見たヴェンダースの映画見たくなる。



公式サイト:http://pina.gaga.ne.jp/

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】