2011/12/26

12/22 「2011藤原祭~冬の陣~」後楽園ホール

毎年恒例の藤原祭。平日なのに試合開始時間が17:15。終わったの22時近く…。
まぁでも、内容盛り沢山で楽しかった♪
真弘さんに渡部くん、メインの森井くんと梅ちゃんの試合も注目だし、寒川さんや板倉さんの試合も楽しみー。

簡単に試合の感想。

<第1試合 WPMF日本ライト級ランキング戦 3分3R延長1R>
○和城(TANG TANG FIGHT CLUB/同級10位)
(判定3-0)
●若菜千明(レンジャー品川ジム)


<第2試合 WPMF日本ウエルター級 3分3R延長1R>
○板倉直人(スクランブル渋谷/同級7位)
(2R1分18秒 KO)
●トースナー・ノンタチャイ(タイ)

3連敗中の板倉選手。2RにローでKO勝ち!試合後にはマイクパフォーマンス(笑)
同じウエルターのトーナメントを戦ったT-98選手や渡部選手に引き離されてるので、ここから来年は巻き返して欲しい!


<第3試合 WPMF日本ウェルター級ランキング戦 3分3R延長1R>
○笹谷淳(TANG TANG FIGHT CLUB/元J-NETWORK同級王者/同級6位)
(判定2-0)
●高修満(エイワスポーツジム/同級5位)
※高は契約体重オーバーにより減点1とグローブハンデあり

高選手は前回10月の試合で判定負けしたんだけど、判定に不服で怒ってたんだよね。
今回は体重オーバーですかぁ。タイ人みたいな試合でちょっとイラっとするけど面白いから楽しみにしてたのに。ちょっと残念。


<第4試合 WPMF日本ライトヘビー級 3分3R延長1R>
○寒川直樹(バンゲリングベイ・スピリット/M-1ライトヘビー級王者)
(判定3-0)
●悠生(藤サクレック7F/WPMF日本ミドル級4位)

寒川選手、色が黒いというか赤いというか(笑)
倒せなかったけど始終試合をコントロールして判定勝ち。


<第5試合 WPMF日本女子 57kg契約 2分3R延長1R>
○Little Tiger(F・Team Tiger/WPMF日本女子アトム級王者)
(延長判定2-1)
●紅絹(フォルティス渋谷/J-GIRLSミニフライ級1位)

紅絹選手、小さくて可愛い!けど、ガンガン前に出てパンチ放って行く。
前半はLittle Tiger選手が優位だったけど、3Rで紅絹選手が巻き返して判定引き分けで延長。僅差でLittle Tiger選手の勝利。


<第6試合 IT’S SHOWTIMEルール 61kg級 3分3R>
○山本真弘(藤原ジム/元全日本フェザー級王者、Krushライト級グランプリ2009 優勝、Kick Returnトーナメント 優勝、IKUSA -U60 GP優勝)
(判定5-0)(5者30-25)
●金澤元気(新宿レフティー/WPMF日本ライト級1位)

真弘選手の試合がこんな前でちょっと悲しい…けど、カッコ良かった♪
鮮やかなハイキック!からのダウン。2回。
スピードだけじゃなくて、力強さも感じるようになった。体もガッチリだし。
今度こそはSHOWTIMEで結果出して欲しい!


<第7試合 WPMF日本スーパーバンタム級次期挑戦者決定戦 3分5R>
○日下部竜也(OISHI GYM/WBCムエタイ日本同級王者/同級2位)
(判定3-0)(48-47、48-47、49-46)
●一戸総太(ウィラサクレック・フェアテックスジム/元WPMF日本バンタム級王者/同級1位)

前日あまり寝てなかったので心配だったんだけど、真弘さんの試合が終わってホッとしたところで突然の睡魔。全然内容覚えてない…


<スペシャルプロレスタッグマッチ 60分1本勝負>
藤原喜明、男盛り、元気MAN
(ギブアップ ※選手全員の関節技→和田レフェリーの抑え込み)
初代タイガーマスク、アントニオ小猪木、藤原敏男●

藤原会長、元気(笑)エプロンから場外に飛んじゃったし!
元気MANは山口元気さん。男盛りのキャラは分かりやすくてウケやすい。

最後は男盛りにお尻で顔を押さえ込まれて4人の選手に両手両足を極められギブアップ。
ややグダグダだけど、こういう息抜きの試合があってもいいと思うし、藤原会長にはいつまでもお元気でいて欲しい。


<メインイベント第1試合 WPMFスーパーフェザー級王座決定戦 3分5R>
△藤牧孝仁(はまっこムエタイ/同級2位)(判定1-0 ドロー)(48-48、48-47、48-48) SHIGERU(新宿レフティージム/同級1位)△
※ドローのためタイトルは主催者預かりに

SHIGERU選手は5戦5勝負けなし。プロの戦歴は少ないが元全日本学生キック王者だそうだ。藤牧選手は35歳のベテラン選手。
いやぁ。さほど気にしていなかったカードだったんだけど、白熱、接戦の試合に!
凄い盛り上がった~。なんと言っても藤牧選手のスタミナとタフネスさ。
勝って欲しかったなぁ。5R判定でドロー。延長なしで、王座は決定せず。タイトルは主催者預かりとの事。再戦して欲しいね!


<メインイベント第2試合 WPMF日本ウエルター級タイトルマッチ 3分5R>
○T-98(クロスポイント/同級1位)
(判定2-0)(49-48、49-49、50-48)
●渡部太基(藤原ジム)

トーナメント優勝してから下り坂の渡部選手。一方、トーナメントでは敗退したものの、その後上り調子のT-98選手。その勢いの差が出たかな。

1Rはイーブン。2Rに渡部選手のヒジでT-98選手負傷。ドクターチェック。
その後、互角の戦いが続いていたが、後半、渡部選手はT-98選手の首相撲に捕まるシーンが多くなる。ちょっと苦しい。

判定2-0でT-98選手の勝利!

ここから渡部くん、どうするか。


<第10試合 『Top of Feather Final』 58.5kg契約 WPMF日本ルール 3分5R>
○梅野源治(PHOENIX/ルンピニースタジアム認定フェザー級9位、前WPMF日本スーパーバンタム級王者、M-1フェザー級王者)
(判定3-0)(三者とも50-45)
●森井洋介(藤原ジム/WPMF日本フェザー級王者)

結果だけ見れば予想通り…となるのかもしれないけれど、森井選手が頑張った。
藤原ジムの興行で、会長や特訓をしてくれた小林聡さんや仲間たちが見守る中、みっともない試合は出来ないという意地もあっただろう。その気持ちが痛いほど伝わってくる試合だった。2人とも好きな選手なので見てるのは複雑だった…

梅野選手はまるでタイ人のようにおどけたり、茶化したりしつつも翻弄。
左ミドルやローも面白いように決まるし、組んでもコントロールしてる。
圧勝で強さを見せた梅野選手の今後も楽しみだけれど、最後まで諦めず食らいついていった森井選手のこれからの成長も楽しみ。まだ2人とも若いし。

試合後のマイクで、森井選手のパンチやローが良かったと称えつつも、森井君は日本のフェザー引っ張ってもらって、俺はタイのランカーとやってチャンピオン目指すと。
楽しみ!

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】