2011/10/24

10/23 REBELS.9 ディファ有明

今回のお楽しみは、真弘VS板橋。
他にも好きな選手が多かったので、楽しめた。

試合開始時間にはガラガラだった場内も、次第に席が埋まっていった。

以下、試合の感想。


<第1試合 WPMF日本ルール バンタム級 3分3R>
○小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/元M-1ジュニア45kg級王者、元KAMINARIMON45kg級ジュニア王者)
(判定3-0)
●闘うパティシエ牧野亮佑(ウィラサクレック・フェアテックスジム)


<第2試合 WPMF日本ルール スーパーバンタム級 3分3R>
○キム・ギフン(韓国/バンゲリングベイ/WPMF日本同級6位)
(判定2-0)
●吉野幸喜(湘南格闘クラブ)


<第3試合 WPMF日本ルール 女子49kg契約 2分3R>
○飯田なお(新宿レフティージム)
(1R1分30秒 KO) ※左ミドル
●キム・ヒギョン(韓国/KOREA FEARLESS GYM)


<第4試合 WPMF日本ルール 女子フェザー級 2分3R>
○AZUMA(y-park/NJKF BONITA BOXEOフェザー級王者)
(1R44秒 KO)
●キム・ソンヒ(韓国/KOREA FEARLESS GYM/韓国アマチュアムエタイ協会2010年57kg級新人王)

女子の2試合は相手の韓国人選手が弱すぎて白けた。2試合とも1R1分台で終了。


<第5試合 WPMF日本ルール フェザー級 3分5R>
○立嶋篤史(ASSHI-PROJECT/元全日本フェザー級王者)
(判定3-0) (48-46/48-46/48-46)
●原島祐治(侍塾)
復帰してからの立嶋さんの試合は全部見てるんだけど、ここのところ負けが続いていた。
その姿が見れるだけでもいい…けど、やっぱり勝つところが見たい。
1Rパンチの連打にダウンの立嶋さん。打たれ過ぎ。でもスロースターターだし、これからこれから。
2R以降は組んで膝、ローを多用し原島選手を追い込んでいく。後半は原島選手、スタミナも切れて防戦一方。

5R判定で立嶋さんの勝利☆やっぱり勝つと嬉しい~。「みんなも頑張れよ」とマイク。また泣いてしまった…。彼の生き様、最後まで見届けるよ。


<第6試合 WPMF日本ルール ウェルター級 3分5R>
○田中秀弥(RIKIX/WPMF日本ウェルター級2位)
(判定2-0)※49-49、49-48、49-48
●高 修満(エイワスポーツジム/ラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級8位、元日本ウェルター級1位)
田中選手はフォームが軸がシッカリしていてフォームが美しい。ぷらすルックスもいいし、なんと言っても背中の筋肉がキレイ♪私、背中の筋肉が綺麗な選手が好きで(笑)背骨の周りと肩甲骨の下の筋肉の動きが好き~。
田中選手が肘で切られたり、お互い熱くアグレッシブで面白い試合だった。
高選手は判定結果に不満ぶちまけてた。


<第7試合 WPMF日本ウェルター級ランキング戦 WPMF日本ルール 3分5R>
○T-98(クロスポイント吉祥寺/同級8位)
(判定3-0)※50-48、50-48、50-47
●藤倉悠作(ASSHI-PROJECT/同級1位)
去年のトーナメント以降、ウェルターが熱い。T-98選手はそれまでパッとしなくてくすぶってる印象だったけど、やっと表舞台に出れた。


<第8試合 WPMF日本ルール ヘビー級 3分5R>
○松本哉朗(藤本ジム/日本ヘビー級王者)
(2R1分11秒 KO) ※右肘打ち
●命(MEIBUKAI KICKBOXING GYM)
ヘビー級って退屈で眠くなっちゃうし、肘なし特別ルールになっちゃったりなんだけど、松本選手の試合は「キックボクシング」で面白い!前回見た時のインパクトも凄かったけど、今回はヒジでダウン奪ってKO勝ち!凄い!


<第9試合 WPMF日本ルール フェザー級  3分5R>
○森井洋介(藤原敏男スポーツジム/WPMF日本同級王者)
(3R1分49秒 KO)
●クワンエーク・ギャットカムポーン(タイ/ルンピニースタジアム認定同級10位)
12月にやろうって言ってた梅ちゃん(梅野 源治選手)との差が開いてしまい、対戦が危うくなってしまった森井君。追いつくために今回ランカーと対戦。これで勝てば文句ないだろ?的な。

クワンエーク選手はひょろっと背が高く手足が長いのでやりにくそうな相手。「手長足長」って妖怪知ってる?あんな感じ。

距離を上手くとりながらコツコツとパンチを当てていく。3Rにフック?が決まり、動きが落ちたところをパンチの連打でクワンエーク選手ダウン!起きあがれずKO勝ち♪

12月やるのかなぁ。日程的に行かれるかどうか分からないんだけど…


REBELSここまで。後半はIT’S SHOWTIME。
休憩時間に梅ちゃんと石井 宏樹選手のトークショー。石井選手の持参したラジャのベルトが眩しい!


<第10試合 IT’S SHOWTIMEルール スーパーバンタム級  3分3R>
○出貝泰佑(バンゲリングベイ・スピリット/WPMF日本同級8位)
(判定5-0) ※30-29、30-29、30-28、29-28、30-28
●ヨーラダップ・ダーオペッリュウ(タイ/元ルンピニースタジアム認定ライトフライ級王者)


<第11試合 IT’S SHOWTIMEルール ウェルター級 3分3R>
○渡部太基(藤原ジム/WPMF日本ウェルター級王者)
(判定5-0)※29-27、29-27、29-28、29-26、29-26
●喜入 衆(フォルティス渋谷/元J-NETWORKスーパーライト級王者)
ウェルターのトーナメントを制してベルトを取ったあと失速の渡部選手。ベルト取って満足してしまったらしい。練習にも熱が入ってないと会長の厳しいお言葉。

喜入選手は全日本キックの70キロトーナメントで山内選手と激しい試合したんだよね。キャリアも長くて応援したい選手。渡部くんにもこの試合で復活して欲しいけど、喜入選手にも頑張って欲しい!

2人とも動きが止まらず下がらないし見応えがあった。ダウン取ったりバックブロー出しちゃったりな渡部くんが判定勝利。


<第12試合 IT’S SHOWTIMEルール 70kg契約 3分3R>
○日菜太(湘南格闘クラブ/元RISEミドル級王者)
(1R1分1秒 KO) ※左ミドル
●ペク・ミンチョル(韓国)
日菜太くん、左ミドルの連打でKO勝ち。
今回来日した韓国人選手3人とも1分で負けてるよ。やる気あるのかい。


<第13試合 IT'S SHOWTIME世界61kg級王座挑戦者決定戦 3分3R(延長1R)>
○山本真弘(藤原ジム/元全日本フェザー級王者)
(判定5-0)※30-27、30-27、30-27、30-28、29-28
●板橋 寛(スクランブル渋谷/元RISEスーパーフェザー級王者)
見たくないけど見たい…困った一戦。
前回、RISEで対戦した時も困っちゃったんだけど、今回は勝った方がSHOWTIMEのタイトルに挑戦出来る試合なので、どっちにも負けて欲しくない…

前回同様、スピードのある目が離せない試合。接戦なのでドキドキ。引き分けで延長かな~と思っていた3R、真弘さんの飛びヒザ蹴りで板橋さんダウン!判定で真弘さん勝利☆

真弘さんのセコンドに、前田さんと中村さんがいたよ☆

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】