2011/08/23

「スターリングラード」「夜の霧」

ヒストリーチャンネルで放送していたのを見た。
座りっぱなしで見ていたわけじゃないので、途中抜けているとことか寝オチしたところもあるんだけど…自分用にメモメモ。

「スターリングラード」 ヨゼフ・フィルスマイアー監督 1993年公開
太平洋戦争中、ドイツ軍が送り込まれたスターリングラード。
マイナス50度という寒さの中での戦い。ドイツ、ロシア軍約100万人が亡くなったそうだ。
ドイツ側からの視点で描いている。

ジャングルや真夏の戦いも体力消耗するし大変だけれど、寒さもマイナス50度となると壮絶だ。
スターリングラードの戦いの事は良く知らなかったので、興味深かった。



「夜の霧」1955年 アラン・レネ
フランスのドキュメンタリー映画。アラン・レネという映画作家の作品。
アウシュヴィッツの真実を、当時の写真や映像を使って暴いている。
わずか30分なのだが、こんな映像初めて見た。カラーではとてもじゃないが凝視出来ないだろう。
首のない死体、生首の山、皮膚をえぐられた足、積み上げられた死体をブルドーザー?でかき集める、手足が壊れたマネキンのようなに曲がった痩せた死体、女性の髪の毛で絨毯を編み、皮膚は皮細工、脂肪で石鹸を作るというおぞましい映像。
書いてて気持ち悪くなってきた…

戦争は兵器で殺し合うだけではない。
争いのない世の中にはならないのだろうか…夏が来るたびに思う。



コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】