2011/06/04

写楽

チケットをもらったので、母と待ち合せて、東京国立博物館で開催中の特別展「写楽」へ。
公式サイト:http://sharaku2011.jp/


その前に韻松亭でランチ。母と上野で会う時はここでランチする事が多い。
http://www.innsyoutei.jp/


上野はいつ行っても混んでるよね…
写楽にも浮世絵にも歌舞伎にも関心がなく…でも、貴重な作品が揃っているというので楽しみにはしていたんだけど…

絵画展と違って作品が小さい(大きくてもA3くらいかな)ので、人が多く見えずらい。
作品の価値が分かるほど勉強もしていない。
ふーんって感じで終わってしまった残念な親子…><

でも、同じ役者を描いた写楽と他の浮世絵師の作品を比較したり、同じ作品でも劣化で色が変わってしまっているものの比較とかは面白いな、と思った。

あと、写楽が活躍したのはわずか10か月。その間に140以上もの版画を残したとのこと。そのほとんどが集められて展示されてるって凄い。しかも、所蔵しているのは海外の美術館ばかりなのよね。もう二度とこのような展示を見ることは出来ないかも…ですね。

母も私も美術展とか行くの好きでよく一緒に行くんだけど、周り方、見方が一緒なので楽。
隅から隅まで一枚一枚目に焼き付ける!って気合いは全くなく(笑)、さーっと見て好きな絵は戻ってもう一度見るとかって感じ。お土産も割と好きな絵の時はポストカードとか図録買っちゃう感じで。

まぁ、大好きなダリとかピカソの時は私一人で行っちゃうこともあるけど(笑)


なんだか2人とも疲れてしまい、早々と退散。
東京文化会館内にある精養軒でケーキ食べてきた♪
少々お値段は高めだけど、雰囲気好きだしゆっくり出来るからいいね。



リニューアルした上野のエキナカで父の日のお菓子を買って母に託した。

次に会うのは月末の弟の結婚式。

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】