2011/05/26

5/23 ZERO1「レスラーズ」 後楽園ホール

3月の両国以来のZERO1でした-。
後楽園ホールのコンパクトバージョンだったけど、ほぼ満員。

以下、試合の感想。

<第1試合>
○美熊、KAMIKAZE(11分25秒 スワントーンボム→体固め )澤宗紀、マッド・ストーン●
うーんと、美熊ってKAMIKAZEさんと同じ緑色のコスで、熊さんの耳が付いたマスクマン。
後ろ髪の長さとか腰のラインがどう見ても峰ぴょん(笑)

澤さんとマッド・ストーンのコンビは、息が合ってるのか合ってないのかよく分からないチーム。
日本語で一方的にまくし立ててる澤さん。通じてない気がする(笑)

最後は、美しいフォームの(峰ぴょんの)スワントーンボム。
なんでマスクマンなんだ??と思っていた第一試合の答えがメイン終了後に明らかに!


<第2試合>
○崔領二、佐藤耕平(20分50秒 那智の滝→体固め)大谷晋二郎、横山佳和●
崔さんと耕平のタックは久しぶり♪
テーマとしては、横山選手のやる気を大谷さんが認めてタックを組み、どこまで頑張るか的な。

格下相手にいじめっ子の本領発揮、崔&耕平。攻撃がエグいですよ。横山選手に声援が飛ぶ中、崔&耕平のドSっぷりにニマニマ(笑)

やられている横山選手のカットに入るかと思いきや、激を飛ばすだけの大谷選手(笑)見守りつつも自分も目立っちゃう(笑)

負けたけど、自分でたぐり寄せたチャンスを声援に変えた横山選手。不器用だけど好感が持てます。でも、立ち上がるときに対戦相手のパンツを掴むのはやめてね!脱げちゃうんじゃないかとドキドキするから(笑)


<第3試合「ZvsU」>
○金原弘光、高山善廣(17分01秒 チキンウィングアームロック)関本大介、植田使徒●
正直、このカードが発表された時は「ZvsU(ZERO1vsUWF)??」無理矢理過ぎじゃない?って思った。ところが、予想以上に刺激的で面白かった!
金原選手、グットシェイプ&グットコンディション!入場はUのテーマでしたよ!

植田選手が金原選手とやり合ってて組まれたカードらしいけど、2人の対戦よりも、関本選手と高山&金原の絡みがドキワクだった!
関本選手はどこの団体に上がっても誰とやってもベストバウトだよねぇ。素晴らしい。高山選手を担いで投げて、組んでも負けないし。

金原選手はかかと落とし、ハイキックがびゅんびゅん。思いがけないところで関節決める。うーん。いい!継続参戦して欲しい。


<第4試合『蹴』>
○望月成晃(14分51秒 三角蹴り→体固め)橋本大地●
大地君がどこまで食らいつくか的な。後楽園ホールで爆勝宣言!

前半、ヒザを責められてやられっぱなしの大地君。時折、攻撃を返すも読まれてしまい続かず。でも、心が折れてない。やられてもやられても歯を食いしばって立ち上がる。線の細さは仕方ないけれど、負けない気持ちとそこから体を動かす力があるのは、やっぱりレスラーなんだなぁと思う。

試合後のモッチーが大地君を認めるマイク。モッチーは41歳なのね!若い!!あと15年は全盛期でやるから、それまでにまた挑戦してこいと。今日、オレと対戦して何か使える蹴りがあったら使えと。ドラゲーの選手はマイク上手だなぁ~。滑舌もシッカリしてるし。


<第5試合>
○柿沼謙太、田中将斗(18分20秒 飛びつき式エビ固め)エル・シーク、マーク・フセイン●
エル・シーク&マーク・フセイン、きな臭さプンプン。
試合前日に、カッキーの顔面に火炎放射で火傷させた2人。報復する気満々のカッキー。

エル・シーク&マーク・フセインの入場は、大暴れするでもなく椅子をリングに投げるくらい。でも急に何かしでかしそうな雰囲気で、リングサイドのお客さんはやや中腰で逃げる体勢(笑)

マーク・フセイン、むきむきマッチョ。レスリングは?と思ったけど、連携はいいみたい。場外でカッキーの額に釘を刺すシーク。カッキー流血(;ω;)

リングから出たり入ったりでバタバタしている間に、カッキーがフォール勝ち!!


<第6試合 インターナショナルJrヘビー級選手権試合>
○菅原拓也(26分00秒 十三不塔→エビ固め)日高郁人●
日高さんのセコンドには澤さん、伊藤さん、美熊選手。
菅原選手のセコンドは、悪い子になった翔太くん。

お互い知り尽くしているので、技の読み合い切り返し。
攻防が目まぐるしく変わる。

雪崩式の十三不塔はドキリ!としたよ!
うーん。日高さんが負けるとはホントに思ってなかったのでショックだったよ…。
前半、翔太君がちょっかい出したりもあったけど、完璧に3カウント取られた。
えーん。


澤さんが次期挑戦者に名乗りを上げたけど断られ(笑)、伊藤さんは面倒くさそうだからイイヤと、あしらわれ。菅原、ひどい。
そして美熊選手に対して
「お前どこかで見たことあるな?タイトルマッチやりたいか?マスクをかけるならやってやる。」



するとマスクを脱いで
「藤田峰雄で挑戦したいんで。」と素顔になっちゃった峰ぴょん(笑)「ベルト挑戦に向けて決めたことがある。今までフリーでやって来たけど、ZERO1でやって行きたい。ZERO1に入団させて下さい。」と、衝撃の告白!!!

大谷選手は「断る理由はないよ。」と快諾。

最後は峰ぴょんが「3、2、1、ZERO1~!」で、締め。

ちょーーっと!鳥肌立った!!
日高さんの敗戦も吹き飛ぶニュース!
嬉しい-♪出て行く人は多いけど(笑)入団する人がいるなんて!!しかも峰ぴょん!
躍動感があって腰のラインが大好きなの♪



前日観戦したバトラーツもZERO1も同じプロレス。
楽しみ方は別だけど、どっちも好き。

いやぁ。楽しかった♪
プロレスらぶですわ。

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】