2011/04/24

4/17 新日本キックボクシング「TITANS NEOS 9」後楽園ホール

お目当ての試合はもちろん立嶋さん。そしてあらしさん。
試合開始時間ちょうどに会場に到着。TITANSは何度か見たけど毎回きっちり客席が埋まってる。

KO、TKOが多くアグレッシブな選手が多くて面白かった!
以下、試合の感想。

<第1試合 63kg契約 3分2R>
○木村旭洋(伊原道場)(1R2分39秒 KO)DAI(ストライカーズ・ラボ)●
<第2試合 63.5kg契約 3分2R>
○大槻翔太(伊原道場)(1R1分3秒 KO)渡久山ゆうた(平井ジム)●
いきなりコレ2試合KO。時間に遅れたら見逃してた。


<第3試合 55kg契約 3分3R>
△飯島一成(治政館/日本バンタム級9位)
(3R判定1-0ドロー 29-28、29-29、29-29)
△キム・ギフン(韓国/バンゲリングベイ・スピリット/WPMF日本Sバンタム8位)


<第4試合 55kg契約 3分3R>
○ラジャサクレック・ソーワラピン(タイ/ラジャサクレックジム)
(1R2分47秒 TKO)
●拳士浪(治政館/日本バンタム級7位)
パンフレットにTBAとしか書いてなかったんだよね。タイ人だった。ヒジでレフリーストップ。


<第5試合 フェザー級 3分5R>
○内田雅之(藤本/日本フェザー級5位)
(4R1分30秒 TKO ※レフェリーストップ)
●立嶋篤史(ASSHI-PROJECT/元全日本フェザー級王者)
パンフには3Rって書いてあったんだけど、5R。立嶋さんのツイートやブログで色々書いてあったけど、集中出来なかったのかな…っていうのは負けたら言い訳にしかならないよね。もうTITANS上がらないってことはREBELSかM-1?行くのかな。まぁ、私は彼が戦い続ける限り応援するし試合見続けるけど。

自分のペースが掴めずパンチを何度も食らいのけ反る。2Rにはスタンディングダウンを取られる。
3Rには撃ち合いも見せるが押され気味。最後は4Rでパンチのラッシュを受けレフリーに試合を止められ終了。

全くいいとこなし。反応出来てないのだろうか。動きが悪いと言うか動けてないと言うか。
見てるのが辛い。もう一度夢を見るのは無理なのだろうか。


<第6試合 フェザー級 3分3R>
○瀬戸口勝也(横須賀太賀ジム/日本フェザー級2位)
(3R判定3-0 29-28、29-28、30-28)
●兼子ただし(伊原道場/日本フェザー級4位)
最終ラウンドで瀬戸口選手がダウンを奪い判定勝ち。


<第7試合 ヘビー級 3分3R>
○國吉(治政館/新日本キックボクシング協会/日本ヘビー級1位)
(3R判定2-0 29-29、30-29、30-29)
●ヤン・カシューバ(カナダ/バンゲリングベイ・スピリット)
なんでヘビー級の試合って眠くなるんだろうな…


<第8試合 バンタム級 3分5R>
○藤原あらし(バンゲリングベイ・スピリット/WBCムエタイ日本バンタム級王者)
(4R2分45秒 TKO)セコンドからのタオル投入?レフリーストップ?
●池田茂由(伊原道場/日本バンタム級1位)
あらしさん、1週間前にM-1で試合したばかりでこの強さ。もう国内では敵なしだからタイ人とだけやればいいんじゃないの。
首相撲でコントロールし膝膝。膝から肘でカット。プレッシャーもかけ続け内容でも圧勝。
最後はタオル投入かと思ったけど、サイトによってはレフリーストップとある。同時だったのかしらん。


<第9試合 63kg契約 3分3R>
○翔太(センチャイムエタイ/WPMF日本スーパーライト級7位)
(3R判定2-0 29-29、30-29、30-28)
●中尾 満(伊原/日本ライト級王者)
この試合も白熱して面白かった!翔太くん、いい。


<第10試合 ヘビー級 3分3R>
○天田ヒロミ(デジタルスピリッツ/HEATキックヘビー級王者)
(3R39秒 KO)※右ロー
●ジャイロ楠(フリー/アーネスト・ホーストジムJAPAN)
天田さんのローがメチャクチャ重くて痛そう> < ジャイロ選手、いつ戦意喪失してしまうかと思ったけど粘る粘る。苦し紛れのクリンチが多かったけど頑張った。


<第11試合 52.16kg契約 3分3R>
○江幡 睦(伊原道場/日本フライ級王者)
(1R49秒 TKO)※ドクターストップ 右肘打ちによるカット
●松崎公則(STRUGGLE/WPMF日本スーパーフライ級3位)
前回見た塁くんの試合も良かったけど、この双子は凄いな!しかも出身が実家の近くなので勝手に親しみもわいちゃったり。あー!wiki見て思い出した。大みそかにあらしさんと試合した子か!まぁ、これからだよね。まだ20歳だもん。これからが楽しみ。


<第12試合 70kg契約 3分3R>
○日菜太(湘南格闘クラブ/初代RISEミドル級1位)
(3R判定3-0 30-27、30-28、30-27)
●ダニロ・ザノリニ(ブラジル/志村道場/HEATキックミドル級王者)
当初はモハメッド・カマルと対戦予定だったのが、ザノリニに変更に。去年K-1MAXで佐藤嘉洋さんと試合してKO勝ちした実力者。日菜太くん、ミドルももちろんだけど、彼の蹴りが多彩なので見てるだけで楽しい。勢い止まらず蹴りまくるもザノリニ屈せず。判定圧勝で日菜太くんの勝利。試合後のマイクが真面目で可愛い。


<第13試合 メインイベント 69kg契約 3分3R>
○緑川 創(藤本ジム/日本ウェルター級王者)
(3R判定3-0 30-29、30-29、30-28)
●竹若佑輝(八景ジム/日本ウェルター級3位)
2人とも最後まで攻撃止まらずやられたらやり返すな試合。なかなか面白かった。



TITANSというか新日本キックは昭和な香りがぷんぷんで、チャラチャラしてなくて試合も安定した面白さがあるしいいね。立嶋さんの出場がきっかけで何度か見たけど、立嶋さんが出ないならもう行かないかもしれない…けど、機会があればまた見たい。

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】