2010/12/02

12/1「藤原祭り2010」後楽園ホール

本戦スタートが17:30、終了が22時過ぎって長すぎる…
最初は友達のいた前の方の席で、途中からは南の後ろで観戦。
後ろの方はちょっと空席があった。プロレスみたいに沢山の団体やプロモーションがあるから集客も大変だよね。ファンだって見たい選手が分散しちゃって、あっちもこっちも見に行かないと行けないから大変だよ…。

以下、試合の感想。

<第1試合 クルーザー級 3分3R>
○ヤン・カシューバ(バンゲリングベイ・スピリット)(3R判定 3-0)大石 亨(日進会館)●


<第2試合 60kg契約 WPMF日本ルール 3分3R(延長1R)>
○勇鷹(インスパイヤード・モーション)(3R 2分10秒 KO)KING(土浦)●


<第3試合 ライト級 WPMF日本ルール 3分3R(延長1R)>
○宮越 慶二郎(拳粋会)(2R 1分54秒 TKO)鈴木 真治(藤原)●

ヒジでカットされて再開したもののレフリーストップとなり終了。



<第4試合 77kg契約 WPMF日本ルール 3分3R(延長1R)>
○寒川 直喜(バンゲリングベイ・スピリット)
(延長判定 2-1)
●銀次郎
(Soul of innocent/WPMF日本ミドル級5位、WMF世界ミドル級王者、UKFインターナショナルミドル級王者)

寒川さんの試合、久し振りだな!銀次郎選手側には試合を控えた我龍選手が。
3Rで勝負がつかず延長の末、寒川さんの勝利。



<第5試合 70kg契約 WPMF特別ルール 3分3R(延長あり)>
○クンタップ・ウィラサクレック
(タイ/ウィラサクレック・フェアテックス/M-1スーパーウェルター級王者)
(3R 0分24秒 KO)
●TOSHI(マッハ道場)

出場予定だった竹内祐也選手が怪我の欠場のため欠場。急遽参戦する事になったのは総合の選手。
3Rにパンチでダウンした時に、ちゃんとファイティングポーズ取ったのに試合止められちゃった。
遠かったので表情とかダメージ分からなかったんだけど、ちょっと??と感じた。



<スペシャルプロレスマッチ>
藤原 敏男、初代タイガーマスク vs 藤原 喜明、ザ・グレート・サスケ

選手コールは小林聡さん!
佐山タイガーがデカ過ぎる。もう全然痩せる気ないよね…。

試合が始まってしばらくしたところに「サンダーストーム」が!私服姿の天龍さん!ヒザが悪そう。リングに上がるのも大変。会長が羽交い絞めにされて、逆水平!
続いてLittle Tiger選手も入場。リング上はグチャグチャ(笑)会長が敵味方関係なくやられてる。
会長は、組長が持ち出した一升瓶で焼酎を無理やり飲まされた後、佐山タイガーにジャイアントスイングでグルグル回される(笑) 最後はLittle Tigerのハイキックで会長ダウンし終了。

サスケさんの見せ場があまりなくて残念だったな~。



<第6試合 WPMF日本フェザー級暫定王座決定戦 3分5R>
○森井 洋介(藤原/同級1位)(1R 2分55秒 KO)玲央(フォルティス渋谷/同級3位)●

セコンドが真弘選手に渡部くん!この日の私的ベストバウト。森井くん強い!圧勝。
2度ダウンを奪い、最後も勢いにノッたままパンチで倒し玲央選手大の字。

暫定王者なので、ベルトは肩に掛けたかったのに巻かれてしまい(笑) 次は2月?に長嶋選手を倒してちゃんとチャンピオンになりたいとの事。期待してる!



<第7試合 WPMF日本ミドル級王者決定戦 3分5R>
○小又 大貴(フリー/同級3位)
(5R判定 3-0)
●我龍 真吾
(ファイティングマスター/同級1位、M-1ミドル級王者、WMF世界ライトヘビー級王者、UKF世界ライトミドル級王者、元WMAF世界ミドル級王者、元J-NETWORKウェルター級王者、元日本ライト級王者)

試合前のVで小又選手は我龍タイムに付き合わないと宣言。
我龍選手のメンチ切りもサングラスをしてガード(笑)

ムエタイスタイルの小又選手に対し、前へ前へ出ながらフックやボディで攻める我龍選手。
2Rに入り、小又選手のローでふらつくシーンもある我龍選手。足が真っ赤。さらにヒジでカットされドクターチェック。
その後も、顔を打たれても蹴られても前へ前へでる我龍選手。小又選手やりにくそう。
オープンスコアなのでラウンド終了後に採点が発表されるんだけど、小又選手優勢。

最終ラウンド、我龍選手ノーガードで挑発。小又選手は付き合わず顔面にパンチを叩き込むが倒せずに試合終了。小又選手がチャンピオンに。

土下座し何度も頭を下げる我龍選手。負けたのにリング降りないから何かあるな?と思ったら、来年引退するとマイク。

私は我龍真吾って好きじゃないんだよ。でもキャラもたってるし、実力もある。「我龍タイム」なんて馬鹿げてると思いつつもちょっとドキドキもしてたよ。今回は、なんだかグッときちゃったんだよなぁ。最近、引退発表したキックボクサーが多かったんだ。年齢的にもそろそろな選手とか、活躍の場を失った選手とか。好き嫌い別にして、何度も試合見た選手の引退は寂しい。



<第8試合 WPMF日本ヘビー級王座決定戦 3分5R>
○KOICHI(バンゲリングベイ・スピリット/同級1位、M-1ヘビー級王者)
(5R判定 3-0)
●天田 ヒロミ(デジタルスピリッツ/同級2位、HEATキックルールヘビー級王者)

天田選手、同い年なんだ。初期のK-1を支えた選手だよね。未だ現役で活躍してるのが凄い。体も締まってるしコンディションも良さそう。
途中までは互角な感じだったのがジワジワ押されてパンチも空振り。

判定ではKOICHI選手が勝利し、WPMF日本ミドル級王者に。



<セミファイナル スーパーフライ級 WPMF日本ルール 3分5R>
○クワンピチット・13コインエクスプレス
(タイ/元ラジャダムナン・フライ&Jrフライ級王者)
(5R判定 2-0)
●藤原 あらし
(バンゲリングベイ・スピリット/WPMF日本バンタム級1位、WBCムエタイルール日本バンタム級王者)

互角でややクワンピチットの方が押していたかなぁ~判定どうかなぁ~と思って見てたけど、48-48、50-48、50-48の2-0で負け。

あらしさん、動きは悪くなかったけどなぁ。ムエタイ難しい。でも超えられない壁じゃないよね!



<メーンイベント 58kg契約 WPMF日本ルール 3分5R>
○駿太(谷山/WMAF世界フェザー級王者)
(5R判定 2-1)
●前田 尚紀(藤原/WPMF日本スーパーフェザー級3位)

前田さんのセコンドに小林さん!駿太くんには城戸さん!
接戦でやや前田さん優位?判定で勝てるかな?なんて思ってたのに、5R終了間際にストレートでダウン。そのまま試合終了…判定負け…

ドラマティック過ぎるでしょー!最後の数秒だったのに何故…(涙)
そう言えば、羅紗陀とやった時も同じような感じだったでしょ…(涙)

試合中もいつもヒヤヒヤするんだよね。ガードが甘くなっちゃったり、後ろに下がってコーナーに追い詰められちゃったり。でも、ドキドキワクワクもするんだよね。

記憶に残る選手。勝つか負けるか白黒ハッキリした試合を見せてくれる選手。結果も出さなくちゃ生き残れないけれど、胸を打たれるのはこういう選手の試合。
「まだ始まっちゃいねぇよ。」だよ!ここから這い上がる前田さんを期待したい。
って、次の試合は来月の立嶋戦なんだけど…。

コメント

非公開コメント

Harukiさん

前田さんね。これで勝てればいいんだけどね…。
でも負けない試合する選手より(それもとっても大事だけど)、胸を打たれちゃうんですよねぇ。
でも勝たなくちゃなぁ。

どんな選手の引退も寂しいですよー。

真弘の試合見るために、J SPORT加入しようか悩み中です…。

前田選手残念です。
彼、いつも最後うちあってしまう。そんなところがカッコイイんだけど。圧倒的なスタミナと圧倒的なガッツでいつもいつもどんな選手とやってもハズレが無い人。。

今回もやっちゃったのかな?っておもってしまいました。

我龍選手引退するんっすか?へぇ~(それだけかい!)

寒川くん、かってよかった。うん。次は真弘のIts show timeっすね。

【スポンサードリンク】