2010/11/19

11/18 新日本プロレス「NEVER.4」新木場1stリング

友達に誘われて、超~久し振りに新日本プロレス観戦へ。
通常の興行と違って、若手育成(新日本、他団体、フリー)の大会。

数年前じゃ考えられない企画。他団体を潰し、インディーなんて認めない業界ナンバーワンの団体だったわけですよ。本音を言うと残念な気持ちもあるけれど、今は共存していかないとね。時代ですかね。

そんな気持ちを抱えながら新木場へ。全席自由なのでお友達に席を取ってもらい、なんと最前で観戦。新木場1stリングは狭いから柵もないし、リングとの距離も近いので只ならぬ緊張感。

いやぁ。楽しかったす(笑)
生で見たことない若い選手見れたのも面白かったし、新日本の選手はやっぱスゲー!と。
あとは天山の復帰戦。泣きそうだった…

以下、試合の感想。

19時試合開始。当たり前だけど時間ピッタリに始まる。当たり前のことに感動。

<第1試合 シングルマッチ>
○石井慧介(DDTプロレスリング)(16分1秒 ニールキック→片エビ固め)高橋広夢●
石井選手が、キックボクサーの久保きゅん(久保優太選手)に似てる(笑)
若手らしいフレッシュな試合。


<第2試合 シングルマッチ>
○タマ・トンガ(7分53秒 トンガ・ツイスト→片エビ固め)キング・ファレ●
キング・ファレ選手の太ももが太過ぎ!荒削りだけど経験積んで成長するのが楽しみな感じ。


<第3試合 シングルマッチ>
○本間朋晃(10分40秒 コケシ→体固め)小川内潤(SECRET BASE)●
小川内選手に一目惚れ~。コスチュームがカッコいいー!ヤンチャな風貌が好き。
家に帰ってググッたら闘龍門出身でT2Pにいたのね。エルドラドにもいたんだ~。こういう発見があるのって楽しい♪
本間選手も近くで見ると体大きいし厚みが違う。最後のコケシ、顔がこっち向いてて(笑)


<第4試合 シングルマッチ>
○石井智宏(リキプロ)(11分56秒 ラリアット→体固め)佐々木大輔(フリー)●
佐々木選手はSUPER-CREW出身なのね。ふむ。身長差はほとんどないのに、石井選手が大きく見える。
一発一発の衝撃が大きい。リングに這い蹲る佐々木選手を捕まえて「応援してやれよ」「応援足りないんじゃねぇーか」と煽る。健闘空しく敗れるがナイスファイトな佐々木選手。


休憩。また1時間経ってない。


<第5試合 天山広吉復帰戦>
○天山広吉(13分7秒 アナコンダバイス)アントーニオ本多(DDTプロレスリング)●
先に入場のアントン。やや緊張気味?
続いて天山!入場曲がかかった瞬間に鳥肌!みんなで天山コール!涙腺緩んでくる。
入場してきた天山も感極まった表情。黒のコスチュームに黒い髪。肌も焼いているので精悍な感じ。やっぱり首を攻められる。動きが止まってしまい苦しそうな天山。アントンもやりにくいよなぁ~(笑)

場外乱闘の際、隣に座っていた友達の椅子がアントンに奪われ、天山に打ちつけられる。
目の前でうずくまる天山。「天山、頑張れー!」

最後はアナコンダバイスで勝利☆


<第6試合 タッグマッチ)
○高橋裕二郎、内藤哲也(16分1秒 変形フェースバスター→体固め)円華(フリー)、忍(666)●
円華も忍も他で見た時にはJrの選手との絡みだったので、さほど気にならなかったけど、この2人を前にすると線が細い。大丈夫か!?ちょっと心配なくらい。

NO LIMIT、余裕綽綽。手の平で転がしてる感じ。
忍は内藤に唾を吐いたり、ケブラーダで意地を見せるもグラつかせる事は出来ず。
円華はキレイに戦おうとせず、もっとガムシャラにやって欲しかったな。


いやしかし、人選やマッチメークも素晴らしいし、受け止める新日本側の選手の技量に唸る試合が多かった。これはまた見たいなー。


コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】