2010/10/26

10/24 バトラーツ 北千住・シアター1010

石川選手も挨拶で言っていたけど、この日は興行ラッシュ。
バトラーツは13時試合開始だったんだけど、同じ時間帯でZERO1とDDTがあったし、夜は同じ場所でJWP、横浜で全日本。私もかぶってなければZERO1行きたかったんだけど、先週いっぱい見に行ったのもあるし、バトラーツは前回行かれなかったので今回はホント見たかったんだ。見に行ってホントに良かった。バトラーツ最高過ぎる!

到着が遅れている人がいると言う事で、石川選手から挨拶とBルールの説明。分かっているようでも、試合前に説明してもらえると期待が高まる。
レフリーが和田良覚さんだって!

選手入場式。
以下、試合の感想。

<第1試合>
○山本裕次郎(5分55秒 レフリーストップ 羽折り十字固め)竹嶋健史●
竹嶋選手、喰らい付いていくも無念のレフリーストップ。勝利に結びつかなくても成長が止まっているわけじゃない!


<第2試合(Bルール)>
○焙煎TAGAI(12分21秒 アームロック) 三州ツバ吉●
Bルールは打撃なし、両者合わせてエスケープ5回まで。それ以降はエスケープ出来ない。
焙煎選手がエスケープ5回奪い、最後はアームロックで勝利。
打撃好きだけど、物足りなさは全くない。


<第3試合>
○タイガーシャーク、スーパータイガー (18分16秒 シャークデスバイロック) 竜司ウォルター、NARITA●
NARITA選手、リングに上がってからずーっとタイガーシャークを睨みつけ。親の敵みたいな凄い視線。試合中も喧嘩吹っかけ、やられてもやられても突っかかっていく。
気持ちいい戦い。ゲキ飛ばしながら見守るウォルター選手が大人で頼もしく見える。

決着がついて退場する2人に対し、NARITA選手のマイク。
ちょっと先走りすぎてたけど(笑)、熱さが伝わってきて良かった。


<第4試合>
○臼田勝美、佐々木恭介(20分22秒 アンクルホールド)澤宗紀、矢野啓太●
前回、楽しみにしていた澤さんと恭介さんの一騎打ちが見れなくて凹んでたけど、タッグでまた対戦!臼田さんコンディション良すぎ!矢野くんは妙なパンダみたいなペイント。
澤さんと恭介さん、両思いで大好きなんだろうな~。試合権限なくてもちょっかい出し、最後はパートナーそっちのけでやり合ってる間に決着がついちゃった(笑) 何度でも見たい!
前回のDVD買っちゃった♪



<第5試合>
○石川雄規(15分22秒 アンクルロック)鈴木秀樹●
鈴木選手、体格もいいしナチュラルに強そう。
実際試合が始まると、何度も石川選手を追い込む。ボディーを締め付けるだけであんなに苦しいなんて!凄い脚力。

最後は攻めていたはずの鈴木選手が苦しい表情して終了のゴング。
何が起きたのか分からなかった…。

後から、石川選手の解説がmixiであってやっと理解。
鈴木選手がボディー以外に足にもフックかけていて、その足首を石川選手が極めた。
んーーー。凄い凄すぎる。そんな極め方があるなんて!



さて、試合が終わって足早に会場を去る。
全日本プロレス観戦のため、関内へ。
つづく…

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】