2010/10/23

10/20 ZERO1「あの頃に‥」新木場1stリング

ヤケクソで新木場通ってるわけではなく…
7戦用の通しパス買って「半分行けば元取れるかな~」なんて思ってたんだけど、毎回趣向が凝らされていて楽しいし、なかなかいいカードも組まれてるので足運んじゃうだよね。
今回は他団体選手の出場も多かった為か、結構お客さんも入ってた。

プロデューサー植田選手の挨拶。緊張気味。

以下、試合の感想。

<第1試合>
○崔領二、ジャステイン(5分15秒 那智の滝→体固め)アーニーラッドJr、斎藤 謙●
崔を意識しまくりの謙くん。ZERO1キャンプ仲間同士でムキになってる外人2選手。
アーニーラッドJrは初試合。体が大きくて頭もじゃもじゃ。吼える。ありがちな巨漢キャラだけど、実力はちょっと…かな。ジャステインはだいぶ慣れてきたようで動きやアピールもスムーズになってきた。

外人2選手、場外乱闘に夢中になってる間に勝負が決まっちゃったよ。



<第2試合 マンモスジャパンツアーin Tokyo>
○ランジェリー武藤 (7分2秒 小包固め失敗)マンモス半田●
スクリーンに植田選手。2006年にZERO1の練習生となり、最初に言われたのが「マンモス半田に似てるな」 だって(笑)

ランジェリー武藤の入場中に、呼び込まれていないのに勝手に入場するマンモス半田。
ランジェリーの頭のブラが外れて、こっそり片付けるカッキー(笑)

スモールパッケージ2連続のマンモス半田。返されてもう一回…あれ?フォールされてるの誰??
丸め込んでるつもりが自分が下になって3カウント取られちゃった。
ひと仕事終えてさっさと帰るマンモス半田。さすがのランジェリーも困惑(笑)



<第3試合 アイアンマンルール 15分>
○佐藤耕平、KAMIKAZE vs サンダー・ウルフ、カイル●
※KAMIKAZE(2分14秒ブレインバスター)サンダーウルフ
佐藤耕平(2分59秒ジャーマンスープレックスホールド)カイル
佐藤耕平(11分12秒パイルドライバー→体固め)サンダーウルフ
KAMIKAZE(13分12秒垂直落下式ブレインバスター→体固め)カイル
KAMIKAZE(13分28秒ムーンサルトプレス→体固め)カイル
途中で3カウント、ダウン取られても15分過ぎるまで試合が終わらないアイアンマンルール。
ZERO1キャンプ参加中の2人と酔いどれタッグ。

サンダー・ウルフはインディアンみたいなコスチューム。
奇声上げたり、前フリが長いのにチョップ一発だけみたいな、やや掴みどころがない選手。
カイルは何試合か見てきたけど、試合のたびに良くなってる。

格下相手だと俄然強い耕平(笑) いじめっ子!
酔いどれタッグにいいようにやられ、何度もフォールを取られ、息も絶え絶えの2人。
サンダー・ウルフはコーナーに控えたまま動けず。
ここからカイルが驚異的な粘りを見せる。
動きはいいし、頑張ってるのも分かるけど何か印象に残るものがないな~なんて、過去の日記に書いてたけど、今回のこのガッツ!
試合後、酔いどれタッグも2人の健闘を称える。感極まるカイル。

全試合終了後、会場の外にカイルがいたので、思わず声かけちゃったよ!



<第4試合>
○佐藤光留、中澤マイケル(16分25秒 投げっ放しジャーマン)田中将斗、高西翔太●


 

光留、マイケルの登場に戸惑う2人。
マイケルとの絡みを嫌がる将斗。流れで仕方なくボディスラム。ばっちぃ!と手を振る将斗。

マイケルのハットトリック、熱くなってきたぞ~!火照って来たぞ~
何とも言えない表情でコーナーに控える将斗。ちょっと苦笑い。
いつもと変わらず一生懸命な翔太。可愛いw

ローション頭からかけられ、ロープに手首を繋がれてしまう将斗。
マイケルの変態コスを装着させられてしまう!きゃぁー!
その間に翔太くんがフォール負け。



<第5試合 アニマル浜口GYM出身選手スペシャルマッチ>
○吉江豊、日高郁人、ランディー拓也(20分11秒フライングソーセージ→体固め)大谷晋二郎、山本裕次郎、植田使徒●
植田、ニューコスチューム。いいじゃん!ヒザ上丈で黒っぽいスパッツタイプ。前の蜂みたいな色あせたコスより全然いいよ(笑) 上半身は出した方がいいよね。

そして、こんなとこで裕次郎選手の試合が見れるなんて!
レスリング五輪メダリストの太田章の「チーム太田章」所属の選手で、私はバトラーツで彼のこと知ったんだけど、ZSTで試合してるいわゆる総合の選手。日高さんとのUスタイルな攻防が刺激的!

ランディー拓也はKAIENTAI-DOJOの若手。まだ線が細い。
オッキーが「ランディー頑張れ!ランディー!」
おいおい。他団体の選手だぜ。

プロデューサーという責任、メインでこのメンバーの中で戦う理由。
いつも歯がゆくて仕方ない植田が意地を見せた。よっしぃとの対戦にも臆する事なくやられてもやられても立ち上がる。やれば出来るじゃん。
最後はよっしぃのトップロープからのボディプレスに敗れてしまったけど、今日は良かったよ!

締めは3、2、1 ZERO1!気合だ~!

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】