2010/09/26

9/23 REBELS「REBELS.4」新宿FACE

大雨。家を出るのが遅くなってしまい、到着したら第一試合が終わってしまった。
新宿FACEは後ろだと見えないし、立ち見はガラガラな時はいいけど、満員だと場所取り面倒なので、奮発してリングサイド2列目を購入!お客さんいっぱい、熱気ムンムン。

リングサイドにスーツ着た新田さん!ヤバい!カッコよ過ぎる!
自分の席からよく見えてもんだからチラ見してたら、ニマニマしながら楽しそうに観戦してた(笑)

以下、試合の感想。

<第2試合 スーパーライト級 WPMF日本ルール 3分3R※ヒジなし>
○前田将貴(RIKIX)(判定3-0 ※30-27、30-28、30-28)中根幸三(平井)●
両者デビュー戦。


<第3試合 スーパーバンタム級 WPMF日本ルール 3分3R>
○出貝泰佑(バンゲリングベイ・スピリット)
(TKO 2R3分5秒 ※右ストレート)
●キョウヘイ・ゴールドライフジム(ゴールドライフ)


<第4試合 スーパーウェルター級 WPMF日本ルール 3分3R>
○シノ・KRSジム(KRS/クロスポイント吉祥寺/WPMF日本スーパーウェルター級7位)
(TKO 2R2分14秒 ※左フック)
●CRAZY884(CRAZY GYM/RISE DEAD OR ALIVE TOURNAMENT ’07 第3位)
アフロのシノ選手とモヒカンのCRAZY選手。
RAZY選手って前にバンゲにいなかったっけ?セコンドに寒川さんついてたけど??


<第5試合 スペシャルアマチュアマッチ 40kg契約 REBELSアマチュアルール 2分2R>
○天心ケイリバー(K-RIVER/M-1アマチュアムエタイ40kg級王者)
(判定2-0 ※20-19、19-19、20-19)
●一勢(スクランブル渋谷/KAMINARIMON-45kg級ジュニア王者)
ヘッドギア、脛あて着用のアマチュアルール。
小学生っす!でもスパーやったら全然勝てる気がしない(笑)
ちゃんと試合になってる。末恐ろしい…。


<第6試合 スペシャルアマチュアマッチ 45kg契約 REBELSアマチュアルール 2分2R>
○小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/KAMINARIMON-45kg級ジュニア王者)
(判定3-0 ※三者とも20-19)
●名倉拓海(堀切KMC桜/M-1アマチュアムエタイ50kg級王者)
中学生!もう普通にキックの試合見てるような感じ。


<第7試合 スペシャルアマチュアマッチ 51kg契約 2分2R M-1アマチュアルール>
○飯田なお(新宿レフティー)(KO 1R28秒 ※右ストレート)網野弥生(大誠塾)●
飯田なおは“現役女子高生グラビアアイドルファイター”なんだって。でも芸能活動引退してキックでプロ目指すんだって。
最近、アイドルがキックとかプロレスデビューしてるけどさ、アイドルがそんなんやるのってぶつぶつ…と思ってたけど、試合開始28秒で説得力のあるストレートでKO勝ち。
相手の網野選手は直前でオファー受けたそうだけど、女性から見てカッコいい選手。だから、アイドルなんてボコボコにして欲しいところだったけど(笑)


<第8試合 WPMF日本スーパーフライ級ランキング戦  3分3R延長1R WPMF日本ルール>
○関 正隆(昌平校/M-1同級王者、WPMF日本同級2位、元NKBフライ級王者)
(延長R 判定3-0 ※三者とも10-9)
●信末小僧(Team KOYA/WPMF日本同級8位、元NKBフライ級王者)
※本戦は30-30、30-29、29-29
いやー!軽量の選手はスピードがあって面白い!しかもチャンプクラスでレベルも高い。
2人とも楽しそう!信末がちょっとコカされ過ぎてたので、関の勝ちかな?と思ったら判定引き分けで延長。
延長もやや押していた関が勝利。


<第9試合 WPMF日本ウェルター級王座決定トーナメント 準々決勝 WPMF日本ルール 3分5R>
○T-98(=タクヤ/クロスポイント吉祥寺/WPMF日本同級9位、RISE同級5位)
(判定3-0 ※49-48、50-48、50-47)
●影日“ポパイ”和徳(ボスジム/J-NETWORK4位)
ここからウェルターのトーナメント。これ所属ジムorセコンドがヤバいww
T-98が試合をリードして判定勝ち。マイクで名前を覚えてくださいT-98(タクヤ)とアピール。


<第10試合 WPMF日本ウェルター級王座決定トーナメント 準々決勝 WPMF日本ルール 3分5R>
△田中秀弥(RIKIX/WPMF日本同級4位、RISE同級1位、元J-NETWORK同級3位)
(ドロー 判定1-0 ※48-48、49-47、48-48
△藤倉悠作(ASSHI-PROJECT/WPMF日本スーパーウェルター級9位、元J-NETWORKミドル級4位)
意識するなと言われてもセコンドに立嶋と小野寺力。戦うのは選手だけど、セコンドにも目がいっちゃうよー。藤倉はガードがちょっと甘い。動きもちょっと無駄が多いんだけど、気迫が半端ない。打たれ強く、パワーもある。田中は巧さで応戦。終盤になると激しい打ち合い。近くに両方の応援団がいて殺気立ってる。怖い…。

引き分けの場合は延長はなく公式記録は判定となるが、トーナメントなので勝ち上がる選手が決められる。49-48、50-48、50-47のマスト判定で田中選手が準決勝進出。

ゴング前に目を合わせなかった立嶋と小野寺は、試合後は笑顔で言葉を交わしてた!


<第11試合 WPMF日本ウェルター級王座決定トーナメント 準々決勝 WPMF日本ルール 3分5R>
○渡部太基(藤原/WPMF日本同級5位、元全日本ウェルター級9位)
(TKO 1R2分8秒 ※左ハイキック)
●島 一生(TARGET/元ラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級9位)
渡部くんのセコンドに前田さんと森井くん♪ 島選手はラジャの元ランカー!TARGETのリングサイドに伊藤さん♪
島選手のミドルにウットリしてたら、なんと渡部くんのハイキック!!
え?と思ったら、島選手が前のめりにダウン!!そのまま試合終了~。


<第12試合 WPMF日本ウェルター級王座決定トーナメント 準々決勝 WPMF日本ルール 3分5R>
○板倉直人(スクランブル渋谷/WPMF日本同級1位)
(判定3-0 ※49-46、50-45、49-46)
●関ナオト(u.f.c/WMF世界スーパーウェルター級王者、WPMF日本同級6位、元J-NETWORK同級1位、元日本同級4位)
いやもう応援してて内容細かく覚えてない(^^ゞ
板倉選手が優位に試合を進めるも決めきる事が出来ず。でもでもバッティングで流血したりちょっとハラハラ。
今まで見た板倉選手の試合は短時間でKO多かったから、ドキドキし過ぎたー。
リーチを生かしたパンチとかヒザが有効的だった。

この日はダーなし。ベルトを巻いてからとの事!
準決勝は、T-98 vs 田中秀弥、渡部 vs 板倉。

いやー。トーナメント盛り上がった。
終了後はお友達と猪木酒場で祝杯♪

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】