2010/08/10

8/8 バトラーツ 蕨・イサミレッスル武闘館

昼間は浦和に住んでいる友達に会いに行き、夕方からバトラーツ!
2回目となるイサミレッスル武闘館。友達と合流して会場へ。

最前列予約してあったので、引き取り。
目の前で見るのにハマってしまうと後ろじゃ見れないよねー。
グランドの攻防が多いとなおさら。

以下、試合の感想。


選手入場式。
矢野選手、リング下でビーサンを脱ぐ。
退場時にみんなに踏まれる(笑)


<第1試合>
○焙煎TAGAI(6分20秒 腕ひしぎ十字固め)竹嶋健史●
2人とも技術はまだまだでも、とっても気持ちが伝わってくる。
焙煎はバトラーツで嬉しい一勝。竹嶋は勝ちが欲しいねぇ。


<第2試合>
○タイガーシャーク(2分05秒 TKO)NARITA●
なんとハイキックであっという間に試合終了。まるでMMAとかいや、初期のパンクラス思い出しちゃったなー。
ダウンしたNARITAをムリヤリ起こそうとするも、体の力抜けちゃってる。
NARITAはもう1回アピールしてたが、再戦はあるか?


<第3試合>
△竜司ウォルター(20分時間切れ引き分け)スーパータイガー△
スーパータイガーってカッコいいんだけどさ、いつもカッコつけな感じがして、感情移入出来ない。
後半はガンガンやってるフリで引き分けでもいいか、みたいな空気。
本気が伝わってこない。


<セミファイナル>
○石川雄規(10分21秒 胴絞めスリーパーホールド)三州ツバ吉●
三州ツバ吉、大人気!何で??紙テープも多く飛んでくるし声援もスゴイ。
それに応えるかのように、序盤から攻めまくるツバ吉。石川何度もダウンを奪われ、口からも出血。
ツバ吉、明後日の方向見ながらアピール。相手見て!
バトラーツっぽくないようなドタバタした試合。これはこれで面白い。
最後は胴絞めスリーパーでタップ。
石川余裕。笑みを浮かべて満足そう。


<メインイベント>
○澤宗紀、矢野啓太(16分53秒 グラウンド卍固め)佐々木恭介、山本裕次郎●
恭介と山本のタッグ、危険な香りぷんぷん!
澤と恭介が意識しまくりで殴り合う、極め合う。矢野と山本も負けずに存在感を出す。

途中、それぞれが反対側のコーナーに戻ってしまうハプニング?もあり。
敵味方関係なく入り乱れてやり合う。収拾つかない(笑)
滅茶苦茶に見えるが、想いが交錯し熱い魂を感じる。
言葉でうまく説明出来ないんだけど、他の団体とは違う「そこまでやるか!?」が至近距離で見れるのが魅力のひとつ。

試合後、恭介のマイク。澤と一騎打ちやらせろと。
その脇でスクワット始める澤と矢野。負けじと恭介も腕立てし、まだピンピンしてるよ!
澤はビンビンしてるよ!(笑)と返す。
近いうちにあるかな~。絶対見たい!

最後は澤が真面目な挨拶。そしてナーシャ!で締め。



あ、休憩中にあった発表。
次回の9/26大会にIGFの鈴木秀樹が参戦するとのこと。挨拶があったけど、大柄で強そう。

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】