2010/05/10

5/7「A Bathing Ape presents BAPESTA!! PRO-WRESTLING 2010」後楽園ホール

アパレルブランドAPEと全日本プロレス、ゆでたまご先生のコラボイベントに行ってきました。
ゆで先生がペンタゴンをモチーフに考案したAPEGON、マスクマンになる船木、来場するゆで・嶋田先生などなど個人的にワクワクする内容盛り沢山。


19時試合開始で、10分前に到着したんだけど、グッズ売り場に行列。Tシャツとポスターの販売があったんだけど、人の多さに開場も遅れたそうで。Tシャツ、可愛いんだけど高いしサイズもXSかレディースあれば考えたんだけどな。

試合開始が20分ほど遅れた。アナウンスもちゃんとして欲しいし、混雑が予想されるのは分かってるんだから対策して欲しかった。


サムライの実況席に武藤選手、NIGOさん、嶋田先生。

試合前にNIGOさん、小島、カズがリングで挨拶&カラーボール投げ。


以下、試合の感想。


4月に購入したxperia。今まで使ってた携帯よりも画素数高いし、機能もいろいろあるんだけど、使い方に慣れない…。ズームにするとぼやけちゃうし、フリーズして使えなくなったり…普通のデジカメ買いたいな~。
でもUSBでデータ送るの簡単だし、リサイズしてtwitterで使ったりも出来るから便利は便利なんだけど…。

写真は雰囲気だけ感じて下さい。


<第1試合 6人タッグマッチ>
○エル・サムライ、カズ・ハヤシ、ビリーケン・キッド
(12分6秒 リバースDDT→片エビ固め)
●NOSAWA論外、タイガースマスク、スペル・クレイジー
一人ずつ入場。時間かかってもこの方が雰囲気出る。
サムライ以外全員チャンプでベルト持参。記念撮影の際も仲間はずれのサムライ。サムライはすっかりイジラレキャラ。スピーディーな動きに驚愕し、楽しいプロレスにみんな笑顔。
会場が温まる。



<第2試合 タッグマッチ>
○越中 詩郎、くいしんぼう仮面
(9分27秒 ダイビングヒップアタック→片エビ固め)
●菊タロー、曙

くいしんぼう仮面と菊タローのお笑いプロレスに笑いっぱなしww
さすが手が合う。息もピッタリ。


<第3試合 シングルマッチ>
○APEMAN SOLDIER a.k.a船木誠勝
(8分37秒 胴絞めチキンウィングフェースロック)
●稔
迷彩柄のコスチューム&マスクに身を包んだ船木。カッコいい!
マスクマンの船木でもやっぱり思い入れは強いのだろう。悪ぶらない稔。サブミッションの攻防が多めだったけど、あまり”U”な展開にもならず。マスク被ってかなりやりにくかったそうだけど、また見たいな~。



<第4試合 タッグマッチ>
○潮崎 豪、APEMAN
(19分22秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め)
●APEMAN、佐々木 健介
潮崎も健介も何年ぶりだろ!?
潮崎の体が週プロなんかで見てる印象よりも大きくてビックリ!いきなりチョップ合戦。早くも胸板が真っ赤。
潮崎と組んだ青APEMANはリッキー・マルビン。トリッキーな動きやスピードのある試合運びに夢中になってしまう。
健介と組んだ黒APEMANは梶原?この中に入るとちょっと浮いちゃうね。

最後は潮崎のムーンサルト。
あのデカイ体で高く舞い上がる。口ポカーんで見惚れてしまった。



<第5試合 タッグマッチ>
○APEGON、小島 聡
(14分29秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め)
●ザ・グレート・サスケ、高山 善廣

ゆで先生のイラストにあったAPEGONがカッコ良すぎて期待しすぎたか…
「スカイ・ハイ」(原曲じゃなかった)にのって現れたのは、大きな翼にやや貧弱な体のAPEGON。
???
翼がロープに引っかかっちゃうし、途中でもげてしまうとコーナーから飛ぶ事が出来なくなってしまったww 小島に促されるも臆病なAPEGON。なんだこのキャラ設定。

高山はちょっと迫力に欠けてたし、サスケのムチャぶりも控えめ。
でも、小島の底抜けの明るさ元気いっぱいな姿と、弱虫APEGONがこの試合で覚醒する展開にいつの間にか釘付けに。

最後は意を決してコーナーから舞い上がったAPEGON!
ハッピーエンドで終了。







試合終了後は武藤選手、NIGOさん、嶋田先生、選手たちがリングに上がり記念撮影。
試合開始時間が遅れたのは残念だけど、それ以外は試合もテンポ良く、内容も充実していて大満足。
プロレス愛を感じる素晴らしい興行でした(^^)

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】