2010/03/23

3/21 全日本プロレス「2010プロレスLOVE in 両国 vol.9」

全日本プロレスの両国大会に行ってきた。
もちろんお目当ては船木vs鈴木の金網マッチ。
プロレス観戦する時は安いチケットを買うことが多いんだけど、
この日はリングサイドを購入。両国でリングサイド(3列目)での観戦したの初めて(^^ゞ
しかし、せっかく奮発したのに、前の席に体の大きな人が座ってて…(涙)
リング中央での攻防が見えず、スクリーンと併用する羽目に…。


他の試合の感想は最後に書くとして、船木vs鈴木の一戦について。
完全に自分目線の想い入れ&妄想入ってるので、適当に読んで下さい。(敬称略)

馬場全日本時代から数えても、全日を生観戦した事がなく…
去年8/30の武藤選手のデビュー25年記念で、船木がプロレス復帰した試合を見に行ったのが初観戦。

そして9/26には横浜文体で船木と鈴木の一騎打ち。今回で全日観戦は3回目。
その間の流れは週プロやガオラ、ネットを通してチェックしてたんだけど、やっぱり2人の対戦は特別。個人的にはワンマッチでもいいくらい。

レフェリーストップ・ロープブレイク無し、3カウントフォールはあり。金的・目つぶし以外すべてOKという完全決着ルール。
でも完全決着とはいえ、私には勝敗はどうでも良かった。彼らが何を見せてくれるかが重要なのだ。


開演ギリギリに会場に到着すると、鈴木みのるのサイン会をやっていて、長蛇の列。
気になったけど、大一番の試合を控えている鈴木みのるとふれあいたくない。

過去に一度だけサイン会に参加したことがある。
パンクラス時代、写真集購入対象者へのサイン会が試合前にあったんだけど、何も声をかけられず…

私にとっての鈴木みのるは、ファンとか好きとかって言葉では表現出来ない。
多感な時期に影響を受けた想い入れの強い選手なのだ。なので、安易に近づきたくない。



休憩時に金網の組み立て。
もちろん金網マッチは初めて。こんな簡単に出来ちゃうんだね。
一人で静かに気分を高める。


青コーナーから鈴木みのる入場。
「風になれ」の歌詞が違う。こういうことだったらしい↓
http://www.kamipro.com/column/gk.php?id=1269275754

彼の入場シーンは何度見ても泣ける…。早くも涙腺ウルウル状態。

赤コーナーから船木入場。
RED ZONEじゃない。けどなんか聞いたことある曲。
新生UWF時代?藤原組時代?に使ってた曲との事。

2人のこの一戦への想いが伝わってくる。

もしかしたらコールは宮田さん?と思ったけど、違った。
でも、宮田さんも観戦してたとの事。
レフリーは京平さん。


一番印象に残っているシーン。
私が座っていた向正面側での出来事だったので、正面で見てしまったのだ。
船木がロープと金網の間のエプロンに落ちた状態で鈴木が船木の顔を金網の擦りつけ、背後からの攻撃でさらに船木が金網に叩きつけられ顔面血まみれ。

私は鈴木を応援してるけど、船木に負けて欲しいわけじゃない。
鈴木が優勢でも全然嬉しくなく、見ているのが辛かった。

2人の戦いはシンプル。
関節を極める、ナックルで殴る、蹴る、張る。
スリーパー、ゴッチ式パイルドライバー…

リングで戦う事で会話しているとか、わだかまりのあった間柄でも戦うことで分かり合うなんて言うけれど、2人が今までの時間を埋めるように会話しているように見えた。

船木がプロレス復帰して3回生観戦したけど、一番プロレス的な試合だったと思う。
1回目はタックマッチでみんなにお膳立てしてもらってのお披露目で、ブランクや年齢の割には頑張ったねって試合。
2回目はまだプロレス感が体に馴染んでなくて、鈴木の手のひらで踊らされて終わってしまった。でもこの時はお互いになりふり構わずの兄弟喧嘩に見えた。

そして3回目の今回。
プロレスって最低限の信頼関係がないと試合として成り立たない。
2人はプロレスしてた。

最後は船木の張り手、浴びせ蹴りでダウン取られて立ち上がれず鈴木のKO負け。
なんかルールが良く分かんないけど…納得は出来た。

自分の中での張り詰めていたものが解けて、安堵の涙。



四方に礼をし、倒れた鈴木にも礼をしてリングを降りた船木。
金網を撤収してる間、試合を終えた船木のインタビューがスクリーンに流れた。
まぁ、良くしゃべる(笑)
清清しい表情。鈴木への感謝という言葉、そして何度でもやると。
試合中、鈴木の顔よりも船木の顔が印象的だった。
顔面血まみれで、攻撃しながら笑ってるの。まさにマッドネス。


今後の2人の関係がどうなるか分からないけれど、試合での関わりがどうなるか分からないけど、
距離は縮まっていると思う、というか信じたい。

船木のプロレス活動は1年間の期限があるが(延長するかなぁ)
その間にもう一度実現するだろうか?




その他の試合の感想。

◆KIYOSHI、BUSHI vs チェスマン、ダーク・オズ
AAAの2人が見れるのと、BUSHIのマスクがカッコいいから楽しみにしていた試合。
チェスマン、ダーク・オズ、2人ともムッチムチ。太ももがぶっとい。
コスチュームがカッコいい。パワーもあるが、機敏で飛び技もカッコいい。
最後、KIYOSHIムーンサルト、ちゃんと決まってないのに3カウント。
もうちょっと見たかったな。

◆西村修が試合後に休業するとのマイク。新日本時代の事とか癌の話をするから、癌が再発して入院するのか?と思った。ハッキリ言わないもんだから、観客も反応に戸惑ってる感じだった。参院選に出馬するそうで。

◆カズ・ハヤシ vs KAI
金網マッチのあとで、心ここにあらず状態。
期待してなかったKAIの奮闘が気持ちも伝わってきて白熱した試合に。
全日本のJrはいいですね。

◆小島 vs 浜
戦前もなんで浜が三冠挑戦?!という声がありましたね。
私も小島の勝利は動かないと思った。
が、まさかの浜!

でも、フィニッシュまでの流れも説得力あったし、最後もガッチリ決まってた。
周りにいた人たちは祝福ムードで、涙を堪えながらのマイクも好感は持てたけど、彼が三冠のチャンピオンの器か!?といえば…ちょっと。

全日本は平均点以上の満足度はあるけど、それ以上のモノはないかな?と思っていたので、いい意味で裏切られた。

お目当ての試合以外も良かった。
武藤の欠場は痛いが、不満は感じず。



前日の鹿鳴館伝説といい、プロレスといい、長く見続ける事で幸せが倍増しますね。

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】