2009/12/08

「シンドラーのリスト」

第二次大戦中の実話をもとに、スピルバーグが映画化したドキュメンタリータッチの作品。
1200人ものユダヤ人をナチスから救ったとされる実業家のオスカー・シンドラーの物語。


ナチスに虐待されたユダヤ人を救った人の話し・・・ってくらいしか予備知識がない状態で見たのが良かったのかもしれない。久々に映画を見て号泣してしまった。
3時間越えの映画だけれど、長さは感じなかった。

実話をもとにした・・・というのが映画では良くある事だし、脚色されて当然であるが、これも実際のところはこんな綺麗な話しではないようだ。

自分の事業の為、儲けの為にユダヤ人労働者を確保しておきたい、と行動した結果がユダヤ人を救う事になったらしい。しかし、最終的には私財を投げ打ったそうだし、何か心動かされる事があっての行動だったのではないだろうか。


ドキュメンタリーっぽくする為に、モノクロ映像にしたとの事。
人々の逃げ惑う様子や、怯えた表情、簡単に殺害されてしまうシーンなどが真に迫って画面に釘付けになってしまった。モノクロゆえに黒くドロドロと流れる血が、鮮明な赤よりリアルな感じがした。


スピルバーグって、大衆向けの娯楽映画やお金の動く映画ばかり撮ってるイメージ(いい意味でも悪い意味でも)があったけど、こんなに気持ちの入った映画を撮るんだ、と今さらながら知った。

こういう映画を見るたびに思うんだけど、過去の過ちを正して生きている人々、国も多くあると思うが、それでも争いが絶えない。人類が平和に暮らせる世の中になるようにと、切に願う。

シンドラーのリスト スペシャル・エディション 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]
B0026P1KEC


シンドラーのリスト@ぴあ映画生活

コメント

非公開コメント

トラックバック

シンドラーのリスト - Schindler's List -

シンドラーのリスト スペシャル・エディション 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD] 「シンドラーのリスト - Schindler's List -」 感...

【スポンサードリンク】