2009/11/26

「潜水服と蝶-20万回の瞬きで綴られた真実- 」

監督:ジャン・ジャック・べネックス
出演:ジャン・ドミニク・ボビー
突然の病で身体の自由を奪われ、わずかに動く左目の瞬きだけで自伝「潜水服は蝶の夢を見る」を書き残したジャン・ドミニク・ボビー。『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』などで知られるフランスの名匠ベネックスが、入院中のボビーに密着したドキュメンタリー。

映画館で「潜水服は蝶の夢を見る」を去年見た(レビューはこちら

本作は本人が出演しているドキュメンタリー。
映画が忠実に作られた事が分かる。しかし、本人から伝わってくる真実の方が心に響く。
人間、どんな状態に陥っても何かやれることがあるんだと。


コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】