2009/11/13

DEEP&CMA大感謝祭!後楽園ホール

「DEEP&CMA大感謝祭」を見に後楽園ホールへ。
お目当ては、鈴木みのるとミノワマンのタック。
対戦相手がNOSAWA論外とMAZADA。しかも、総合のリングのメイン。

他にも、野地竜太、柳沢龍志、門馬秀貴、山本篤といった選手の試合もあって、久々に総合の試合を見たいなぁ~と。
しかも1番安い席が3000円で、南のK列のリング正面でした。
なかなか面白い興行で、チケット代以上のモノを見せてもらった^^)


日韓対抗戦って事で、対韓国人選手との戦いだったんだけど、韓国人選はみんな負けん気が強いし、技術もある選手が多かったので白熱した試合が見れた。
女子の試合が2試合あったけど、んー、んー、いまいちでした><


以下、試合の感想。

<第1試合 MMAルール 日韓対抗戦 67キロ以下>
○オ・インソク(CMA KOREA・UF東天白山)
(1R 0分42秒 TKO)
●太田 隆幸(和術慧舟會岩手支部)

<第2試合 MMAルール 日韓対抗戦 70キロ以下>
○ペク・ウヒョン(CMA KOREA/テグMMAアカデミー)
(1R 1分08秒 TKO)
●増田 剛(YAMA GYM)

18:30試合開始だったけど、15分くらい遅れて試合開始。
空席が目立っていたが、徐々に埋まってきた。

日韓対抗戦8試合だったのだが、いきなり日本勢2連敗。
しかも試合開始から1分程での決着。
大丈夫か~。


<第3試合 女子MMAルール 日韓対抗戦 58キロ以下>
○森藤 美樹(T-BLOOD)
(2R判定3-0)
●イ・ハンソル(CMA KOREA・東天白山)

女子の総合の試合を生で見るのが初めてだったので、楽しみにしていたんだけど。
技術的なものも、メンタル的なものも未熟だと感じた。


<第4試合 MMAルール 日韓対抗戦 67キロ以下>
○及川 希(和術慧舟會岩手支部)
(2R 3分34秒 チョークスリーパー)
●チョ・スンピル(CMA KOREA・UF東天白山)

長身の及川選手、ヒョロッとしていてあまり強そうに見えなかったけど、最後は鮮やかなチョークスリーパーで勝利。


<第5試合 女子MMAルール 52キロ以下>
○アミバ(DEEP OFFICIAL GYM IMPACT)
(2R判定2-0)
●吉田 実代(マッハ道場)

こちらも女子の試合。吉田選手のセコンドには、桜井マッハ速人選手。
私と同じくらいの体格の選手だから応援したい気持ちはあったんだけど、やっぱり未熟過ぎる感じ。立ち技の攻防も腰が引けてるように見えたし、グラウンドでもモタモタしていてイライラする。
どうなんだろう。チャンピオンクラスの女子選手はまた違うんだろうか。


<第6試合 MMAルール 日韓対抗戦 93キロ以下>
○イ・ドルヒ(CMA KOREA・テグMMAアカデミー)
(2R判定3-0)
●柳沢 龍志(フリー)

久々に見る柳沢選手。体が大きくてリングに映える。
が、攻めが甘いし、スタミナがないのかなぁ~。コンディションは良さそうだったけど。
恵まれた体躯なのにもったいない。


<第7試合 MMAルール 日韓対抗戦 77キロ以下>
○門馬 秀貴(Brightness)
(2R判定3-0)
●キム・ドンヒョン(CMA KOREA・TEAM MAD)

門馬選手は昔、ビッグマウスラウドで柴田選手と対戦したのを見たことがある。
しかもプロレスルールで。運動神経が良くてオーラがある選手。
会場人気も高かった!マスクもいいので女性ファンが多いようです。

試合も盛り上がって面白かったんだけど、前の席に座ってた奴らが立ったり座ったり試合そっちのけでベラベラしゃべってて集中して見ることが出来なかった。
友達だか同じジムの選手だかの応援に来ていたようで、それ以外は興味なしって感じだった。だったら、帰ればいいのに。


<第8試合 MMAルール 日韓対抗戦 63キロ以下>
○山本 篤(KRAZY BEE)
(2R判定3-0)
●カン・ギョンホ(CMA KOREA・TEAM MAD)

山本篤選手のセコンドに山本KID選手。思っていたよりも小柄で、最初分からなかった。
試合はなぜか覚えていない・・・。


<第9試合 CMA KPWヘビー級チャンピオン決定戦 日韓対抗戦 93キロ以上>
○野地 竜太(TEAM GARO)
(2R 3分54秒 TKO)
●ライアン・グッドマン(CMA KOREA・UF東天白山)

この日のベストバウト!
野地選手は極真やパンクラスにいた時の印象が強いんだけど。
いやぁ~、ハートが強くてタフネス。ほとんどスタンディングでの攻防だったんだけど、
ガンガン前に出るし、打たれても怯まなくてカッコ良かった。

初のベルトなんだって。最後の挨拶はマイクが重いって言ってた。それくらいの激闘。



もうこの時点でお腹いっぱい~。

<第10試合 プロレスルール タッグマッチ>
○ミノワマン(フリー) 、鈴木 みのる(パンクラスmission)
(19分28秒 レッグロック)
●NOSAWA論外、MAZADA

総合の大会のメインなので、帰っちゃうお客さんいるんじゃないかと思ってたけど、そうでもなかった(帰っちゃう人もいたけど)。
メインはGURENTAIのウマさが光る試合だった。お客さんをノせて盛り上げる。ベタな煽り方でも結構ウケてたり。

ミノワマンは新人レスラーみたいな感じで、3人の中に入るとちょっと浮いちゃう。でも、その異質な感じが刺激的。

コーナーに控えている時の、みのるの楽しそうな顔ったら!
ミノワマンに対して、スパルタでいくのかと思ったら、意外と優しかった。

ブッチャーが来場していて、場外乱闘の時、NOSAWAに地獄突きw

最後はミノワマンがNOSAWAからアンクルホールドで勝利。
まぁ、ミノワマンの為のカードって感じだったかな~。


先日のDREAMのケージマッチをTVで見たのが面白くて、この日も楽しみにしてたんだけど、やっぱり生で見ると面白い。また機会があったら足を運んでみたい。

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】