2009/09/13

9/6 バトラーツ「B-1クライマックス最終戦」北千住シアター1010

7月に初めてバトラーツを見て「捜し求めていたものに出会ってしまった!」と衝撃を受けたんだけど、間違いじゃなかったと確信した。

最終戦&久保田選手の応援団の方が沢山いて、超満員。
試合開始が遅れるほどだった。

以下、試合の感想。

<第1試合 Aブロック公式戦>
○石川雄規(10分57秒 スリーパーホールド)矢野啓太●

矢野選手の難解複雑なサブミッションと、若さ溢れるファイトに押され気味の石川選手。
しかし、次第に自分のペースに持っていき、最後はスリーパーで勝利。
矢野選手が石川選手に勝つのはまだ難しいのでは?と思ってたんだけど、なんで自分が負けたのか!と、悔しそうにしている姿を見て簡単に諦めてはいけないと思った。



<第2試合 Bブロック公式戦>
○澤宗紀(12分24秒 KO ※伊良部パンチ)焙煎TAGAI●

前回初めて焙煎選手を見た時、正直なんで西口プロレスの選手がバトラーツに・・・と思ってた。ガムシャラさだけで通用するとも思えないし。
しかし、今回の澤選手との試合を見て心を動かされた。
プロレスラーとしてリングに上がる事の恐怖やプレッシャー、それに加えて結果も出さなくては認められないし、西口の選手が・・・って言われることもあるだろう。
そういうものを乗り越えて、負けたくない!って気持ちが伝わってきて、別に思い入れのある選手ではないけれど、頑張れ!って応援したくなった。

でも、最後に澤選手が勝ってホッとした(^^ゞ



<第3試合 Aブロック公式戦>
○竜司ウォルター(10分23秒 アキレス腱固め)吉川祐太●

これも吉川選手の負けたくないって気持ちが凄く伝わってきた。
最後に勝った竜司選手が健闘を称えて、吉川選手の手を挙げようとしたのを拒否。
もっと強くなれ!



<第4試合 久保田武蔵 日本凱旋MMA総合ルールマッチ 5分3ラウンド>
○久保田武蔵(1ラウンド2分1秒 アキレス腱固め)チャンデー・ソーパランタレー●

久保田選手の事は知らなかったんだけど、前に石川選手が凄い総合格闘家がバトラーツのリングに上がると紹介していたので、楽しみにしていた。
チャンデーは元ルンピニーのライト級チャンピオンとの事。あとから調べたら、今年のムエロークにもエキジビジョン出てた選手。

んーんー、噛み合わなかったというか、チャンデー選手が・・・。



<セミファイナル>
○臼田勝美、佐々木恭介(13分56秒 アキレス腱固め)山本裕次郎、梶原慧●

佐々木選手と山本選手の絡みはいいね♪
そこに臼田選手の安定感と若い梶原のリフレッシュさも加わって、熱々な試合だった~。



<メインイベント B1クライマックス決勝戦>
○石川 雄規(9分6秒 腕ひしぎ十字固め)スーパータイガー●
この日2試合目の石川選手。スーパータイガー選手は体もガッチリしてるし、力強いし、蹴りも鋭く重たそう。
しかし、それをスルリと関節技に持って行き、やられてもやられても返す石川選手。
途中、スーパータイガー選手の蹴りが目に当たり、片目が見えていない状態で戦い続け、勝ちをもぎ取った石川選手。

強くてカッコいい!と思ったスーパータイガー選手に勝った石川選手、凄い!
最後のマイクも、嬉しい時に喜びを目いっぱい表すことも見ているこちらは嬉しいけれど、言葉にならない気持ち、多くを語らない姿に深く感動した。



次大会の予定が決まっていないそうで、残念><
早くまた見に行きたい!

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】