2009/08/31

「宇宙(そら)へ」

イギリスBBCが製作した、NASA50年の歴史を探るドキュメンタリー。
NASAの未公開映像を発掘してHD映像化された息を飲むような美しい映像で、宇宙開発の歴史を振り返る。

米ソ冷戦時代にソ連に負けじと有人宇宙飛行や月面を目指すアメリカが熱い。
膨大な予算や労力が注ぎ込まれた事に批判もあるようだけれど、個人的にはアメリカが成さなければ今の宇宙開発の発展はないと思うので、ありがとう!という気持ちだ。


今年見た「ザ・ムーン」の方が感動は大きかったけれど、宇宙開発の流れを改めて知ることが出来たし、分かりやすくて良かったと思う。ますます宇宙旅行への夢が膨らむ。

残念だったのが、鑑賞した映画館が狭くてスクリーンも小さめだった事。
もっと大きいスクリーンで見たかったなぁ。
他の人のレビューで気になっていた宮迫氏のナレーションは全部じゃなかったので、さほど気にならなかった。エンドロールのゴスペラーズは違和感アリアリ。
宣伝する為のコラボだったり、事情は色々あるのだろうけれど、いいものはそのままでもユーザーに受け入れられて評価されると思うよ。

原題は「ROCKET MEN」。これを「宇宙(そら)へ」にしたのは、ステキ。
仕事帰りに見る映画を探していた時に、目に入って食い付いてしまったw
ちょうど公開2日目で500円で見れるというので、「これって運命!?」と仕事帰りに映画館に足を運んだんだけど、さすがに売り切れていた・・・。

日本語公式サイト:http://www.we-love-space.jp/

宇宙(そら)へ。@映画生活

コメント

非公開コメント

トラックバック

映画:宇宙(そら)へ。

 公開初日の8/21と22はなんとすべての映画館で500円という超低価格設定。記事にするのが遅くなっちゃいましたが、初日の8/21に宇宙(そら)へ。を観てきました。低価格設定にもかかわらず映画館のスタンプカードには押印してくれました。スタンプの値段を考慮すると実質3...

【スポンサードリンク】