2009/08/09

「デリカテッセン」

今年の3月くらいにCSでやってたのを録画した「デリカテッセン」見た。
20歳頃に一度映画館で見てるんだけど、内容は覚えて無くて…。
肉屋のオヤジとかベットのきしむ音とか、のこぎりの楽器?のこととか薄暗い雰囲気は覚えてた。
当時見た若い頃の自分は、これを見て何を思ったんだろう。
ちゃんと楽しめたんだろうか?日記とか残ってないからな~。

見終わったら消去しようと思ってたんだけど、面白かったのでDVDに焼いて取っておきたい!

舞台となった建物の内外も細かいところまで凝ってるし、その住人達も個性豊かで強烈。可笑しかったのは菜食主義者の地底人(笑)
ブラックユーモアって一言では説明出来ない面白さ満載。
最後に建物が爆破しちゃったり、水浸しになったり、肉屋の主人が刺さって死ぬとこも痛快で。

ただ、画面が暗くて見えにくいシーンがあったのが残念。

監督のジャン=ピエール・ジュネは、「エイリアン4」や「アメリ」も作ったんだね。




デリカテッセン@映画生活

コメント

非公開コメント

トラックバック

映画「デリカテッセン」

監督:ジャン=ピエール・ジュネ & マルク・キャロ(天才) 出演:ドミニク・ピノン(常連さん。大好き!!) 出演:ジャン=クロード・ドレフュス  核戦争後、荒廃したパリの外れに店を開く精肉屋には、 人間を殺しては店の商品にするという、恐ろしい秘密があっ...

【スポンサードリンク】