11
2009

「レスラー」

CATEGORY洋画
ミッキー・ローク主演の「レスラー」を見てきました。

-------人気レスラーだったランディ(ミッキー・ローク)は、スーパーでアルバイトをしながら、かろうじてプロレスを続けている。妻とは離婚し、一人娘のステファニーとも疎遠で、好意をもっていたストリッパーのキャシディにも振られてしまう…。
ミッキー・ローク扮する中年の悲哀漂うプロレスラーの人生の光と影を見事に描いた人間ドラマ。--------

さほど期待はせずに行ったんだけど、予想以上に良かった。うん。
平日の昼間だったから空いてるかと思ったけど、4割くらい埋まってた感じ。
内容が内容だけに、男子率90%。

ランディが実在したレスラーと思えるほど、ミッキー・ロークの演技や役作りが素晴らしかった!
プロレスについても、いろいろ、いろいろ考えさせられた。


プロレスラーの光と影。
実際、WWEではこういう選手もいる(いた)んだろうなぁ~。
日本ではこういう映画撮れないと思う。

バックステージでの"仕込み"の部分は、見たくなかった気もするが…。
ネクロ・ブッチャーとのデスマッチは…デスマッチはやっぱり苦手><
大画面だと迫力ありすぎて、痛いよぉ。試合後に治療するシーンも痛いし。

でも、全部含めてプロレスラーへのリスペクトも感じたし、試合のシーンも良かった。

あ、アメリカンプロレスと80年代のロックは良く合うね!



満身創痍の体で戦うレスラーたち。
何が彼らを駆り立てるのか。

リングに上がらない普通の暮らしに馴染めなかったランディが言う。
「痛いのは外の現実のほう」

そこが彼らの居場所だからなんだろうな。
そして我々ファンは、そんな彼らに魅了され夢中になる。

いろいろ悲しい出来事もあったけど、私はやっぱりプロレス好きだな。
これからも見続けて応援するよ!

主演にニコラス・ケイジって案もあったらしですが・・・それはちょっと違うだろ~っ(笑)

公式サイト:http://www.wrestler.jp

レスラー@映画生活


2 Comments

mari  

zebraさん

コメントありがとうございます!
最近見たような気がしていたのに、もう2年も経つんだ!と思ったら、また見たくなってきました。

ランディー、悲しい男ですが不思議と魅かれますよね。

2011/10/04 (Tue) 11:33 | EDIT | REPLY |   

zebra  

不器用な男の生き様を 演じたローク

はじめまして 

友達とDVDv-52でみました。レスラー人生もピークを過ぎ、娘とは絶縁状態、ステロイドの影響で心臓は弱っているありさまの中年レスラー ランディー。

主演にニコラス・ケイジって案もあったらしですが・・・それはちょっと違うだろ~っ(笑)
平日の昼間だったから空いてるかと思ったけど、4割くらい埋まってた感じ。
内容が内容だけに、男子率90%。

 これらについて友達は「 確かに 女ウケしそうにねえな!ニコラス・ケイジじゃムリだろv-358 ギャラv-61うるさそうだし、レスラー役ができそうなさそうだし」だと。

 自分には「この場所しかない」不器用な生き方しかできないランディーは やはり 悲しい男です。



2011/10/03 (Mon) 20:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  レスラー/The Wrestler(映画/DVD)
  • [レスラー] ブログ村キーワードレスラー(原題:The Wrestler)キャッチコピー:人生は過酷である、ゆえに美しい。製作国:アメリカ製作年:2008年配給:日活ジャンル:ドラマ/スポーツ上映...
  • 2010.03.05 (Fri) 21:52 | 映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評