2009/05/23

「グラン・トリノ」

ネットを巡回している時に「グラン・トリノ」の事を知った。
「これは見たい!」とマイアンテナに引っかったので、さっそく見てきた。
予備知識なしで過剰な期待もせず見たのが良かったのか、いい意味で裏切られた。

クリント・イーストウッド監督・主演の作品。
妻に先立たれ息子とも距離を置き、孤独な生活を送っているウォルト。
隣にアジア系移民の家族が引っ越してきたが、気難しいウォルトは悪態をついてばかり。しかし、車の盗難未遂事件でのタオとの出会いで、ウォルトの頑なな心が少しづつ変化していく。だが、タオを仲間に引き入れようとするギャングとの争いが激しさを増し・・・。


以下、ちょっとネタバレもあるので、これから見る人は読まないほうがいいかも。

ウォルト役であるクリント・イーストウッドのクソジジイっぷりが素晴らしい(笑)

素朴で愛情溢れる、アジア系移民のモン族であるタオやその家族たち。
亡くなった奥さん(ウォルトの妻)からの願いだからと、熱心にウォルトに悔い改めを勧める牧師。
憎たらしいがいいキャラしているギャングの少年達。

彼らの存在がウォルトを変え、動かしてゆく。
B級映画のようなユーモアもあり、ジンワリと染み入る映画でもあり。
でも、押し付けやわざとらしさがない。


これは私が勝手に昔から思ってる事なんだけど、
人が死んだら悲しいに決まってる。誰かを殺す、死なす事で涙を誘うのは簡単。
泣かすための手段に「死」がある映画やドラマには興味がない。

しかしそういったものを超越したラストには、シビれた。ヤラれた!


ウマく説明できないんだけど・・・ この人は「分かってるなぁ」と感じる。
「硫黄島からの手紙」を見た時にも思ったんだけど、自国(アメリカ)よがりの映画ではなく、人間の本質的な部分を描いているように思う。


レビューを書くのに他の人の評価を見て回ってたら、かなり評判が良くて驚いた。
イーストウッド監督の他の作品も、もっと見てみたい。

公式サイト:http://www.grantorino.jp

グラン・トリノ@映画生活

コメント

非公開コメント

トラックバック

グラン・トリノ/Gran Torino(映画/DVD)

[グラン・トリノ] ブログ村キーワードグラン・トリノ(原題:Gran Torino)キャッチコピー:俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。少年は知らなかった、人生の始め方を。製作国:アメリ...

グラン・トリノ

監督 クリント・イーストウッド 出演 クリント・イーストウッド、ビー・ヴァン、アーニー・ハー  ウォルト・コワルスキーは元フォード社員で、朝鮮戦争からの帰還兵。偏屈で頑固狷介、人種差別主義者な、白人の右寄りじいさん。口が悪いから、「クロ」「ジャップ」「

グラン・トリノにもみる合衆国というもの。そして、

映画グラン・トリノ 。 ネタばれにもなってしまうと恐縮だが クリント・イーストウッドは

「グラン・トリノ」(GRAN TORINO)

米映画界の大御所、クリント・イーストウッドが製作、監督、主演の三役をこなした感動のヒューマン・ドラマ「グラン・トリノ」(2008年、米、117分、ニック・シェンク脚本、ワーナー映画配給)。この映画は、妻に先立たれ息子家族とも折り合いがつかず、孤独な暮ら...

グラン・トリノにもみる合衆国というもの。そして、

映画グラン・トリノ 。 ネタばれにもなってしまうと恐縮だが クリント・イーストウッドは 老兵は去るのみ

テネイシャスD 運命のピックをさがせ!(Tenacious D)

ロック好きなら必聴(?)の映画スクール・オブ・ロック 。 もっともそれ以前からロック大好きさフルスロットルってヤツのJBことジャック...

【スポンサードリンク】