2009/02/17

「20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代」展

チケットが手に入ったので、母と一緒に行ってきました。
「20世紀のはじまり ピカソとクレーの生きた時代」展
渋谷のBunkamuraです。

ピカソが好きなので、楽しみにしてたんだけど、少なかった…。
が、他の絵が素晴らしかったのと、空いていたのでストレスを感じず、ゆっくり見れたので満足(^^)


今回の展示品は、ドイツのデュッセルドルフのノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館のコレクション。
美術館の改装で貸し出してもらえる事になったそうです。

美術館に行く時って、好きな画家の絵を(絵だけを)見に行く事が多くて、
知らない画家の絵を見て、激しく心を動かされる事はほとんどない。

でも今回は、ルネ・マグリットの絵に目を奪われてしまった!
やっぱり私、シュルレアリスムの画家好きなんだなぁ~。ダリとかピカソとか。
想像力がかき立てられて、刺激的なんだよね。目に見えないものを見出すというか。

一緒に行った母親は「何が描いてあるのか分からなくて、好きじゃない」って言うけど(苦)

でも、マグリットのポストカードがなくて><
美術館行くたびに図録買うと、結構、本棚のスペース取るし、
あとから見ることもほとんどなくて、所有しているっていう自己満足だけの場合が多い(笑)

マグリットだったら、画集とか出てそうなので、今回は何も買わずに。

-------------------------------------------------------------

お昼は、お隣の東急百貨店内にあるレストラン「DEMI」へ。
彩色御膳っていうおかずの小鉢が11種類!あるランチを頂く。
デザートも4種類!ちょっとづついろいろな味が楽しめるのっていいね♪

-------------------------------------------------------------

母が帰りやすいように、上野へ移動。
この日は朝、武蔵のお散歩に行ったので、夕方は父が散歩当番。
急いで帰らなくていいのだけど、上野公園内の施設は月曜日でみんなお休み…。
散策するにも、強風で寒いので、丸井に入ってるパステルのカフェへ。
お茶しながら、ずーーっとおしゃべり(^^)

母とは友達みたいに何でも話せるし、ちゃんと聞いてくれるので、話しが尽きない。
もう少し暖かくなったら、また実家に帰りたいな。

-------------------------------------------------------------

16時頃母と別れて、私は有楽町へ。久しぶりに献血。
私は成分献血。今回は、骨髄バンクの登録もしてみた。

検査用の血を抜いた後、他のスタッフと私の血を見ながらあーだこーだ話してて
「ダメなのかな??」と不安に…。

さらに、献血する時、針刺すのが痛かったんですけど><
やってる間も、刺してある所がちょっと痛かった…。
まぁ、無事に終わりました。

お母さんとお茶した直後だったので、お腹いっぱいで、
あまり飲み食い出来なかったけど、アイスは食べてきました(^^ゞ

コメント

非公開コメント

こんにちは

始めまして僕はピカソやかまちに出会って絵を描き始めました
よかったらホームページを
のぞいて見てください
http://www.takayuki-oekakichamp.com/
「お絵かきチャンピオン小林孝至」でも
検索できますよろしくお願いします
よかったらホームページにコメントも待ってます

【スポンサードリンク】