2009/02/11

2/10 「DEEP&CMAファン感謝祭 2009」 後楽園ホール

初めてDEEPの興行に行ってきました。
お目当ては鈴木みのる vs ミノワマン。
パンクラスのOBも出場するというので、自由席か指定席かで、奮発して指定席購入。
3列目で見ちゃいました!

意外と女性が多くてビックリ。


<第1試合 総合ルール 5分2R 72キロ以下契約>
○橋本 朝人(和術慧舟會RJW/HTW)
(2R判定3-0)
●淡路 基(DEEP GYM IMPACT)

<第2試合 U系ルールタッグマッチ 20分1本勝負>
○坂口 征夫(坂口道場) 、窪田 幸生(坂口道場)
(11分04秒 スリーパーホールド)
●たけむら光一(ガッツワールド) 、松井 大二郎(フリー)


<第3試合 ロイヤルランボー 時間無制限>
○入江 秀忠(サンダーファイヤーパワーボム)クックマン●
ロイヤルランボーは、かなりグダグダで(笑)
リアルジャパンからスーパータイガー、タイガーシャーク。
チームベイダーの柴田正人、橋本友彦、キングダム・エルガイツの入江秀忠、
フリーの不動力也、芸人のカブトムシ・てつを、カブトムシ・こすけ、木村晃健、
局地的人気を誇る?クックマン。

パンクラスのOBを集めるって言ってたから、これに出るのかな?と
思ってたのでちょっとガッカリ。


<第4試合 総合ルール 5分3R 65キロ以下契約>
○Dj taiki(フリー)
(3R判定3-0)
●昇侍(チームKIBAマーシャルアーツ)

DREAMへの出場をかけたDj taikiと昇侍の一戦は、ほぼスタンディングでの攻防。
2人の気持ちが伝わってくる熱い戦い、殴り合い。
試合が終わった後、拍手が鳴りやまなかった!

でも、そのあとのマイクが聞き取りにくいのと、
長くダラダラやってるもんだから、試合の感動が薄れた…。


<第5試合 キックルール 3分2R 66キロ以下契約>
△TAICHI(クレイジージム)
(2R判定ドロー)
△松井 良太(HARD COMBAT)
レベルが低すぎる。応援団だけ盛り上がってた。


<第6試合 U系ルールタッグマッチ 20分1本勝負>
○高橋 和生(フリー) 、光岡 映二(和術慧舟會)
(8分15秒 レフェリーストップ)
●加藤 まこと(ピンクタイガーモンスター軍)、柳沢 龍志(坂口道場)

最近、ある人に昔のパンクラスのビデオを貸したんだけど、
なんせ10年以上前のビデオなので、貸す前にチェック。久々にパンクラスの映像を見た。
今見ても全然色褪せてないし、エスケープ認められてたり、
グローブしてないから、掌底だったりして新鮮。
やっぱりパンクラス、カッコいいな~。

そんなことが最近あっての、U系ルールタッグマッチ2試合。
これが懐かしいのと、久々に見る高橋、柳沢にワクワクし、
実は結構好きな坂口征夫にトキメキ(笑)
グラウンドでパンチ振り下ろしてボコボコする試合よりも、面白い。


<第7試合 プロレスルール 時間無制限一本勝負>
○鈴木 みのる(PANCRASE MISSION)
(17分31秒 ゴッチ式パイルドライバー→体固め)
●ミノワマン(フリー)




事前の会見とかで、
「プロレスの試合してないのにリアルプロレスラーってなんだよ」って
不機嫌な鈴木みのると、大先輩との試合に緊張気味のミノワマン。
プロレスルールでの試合で、どんな展開になるのか不安と期待。

鈴木みのるが、プロレスを教えてやるっ!的な
チョップやエルボーなんかもあったけど、サブミッションの応酬とか、
ドロップキックやバックドロップなどを時折見せつつも、
痛めた鈴木の足を非情に攻めるミノワマン、鈴木の攻撃を受けて耐える
ミノワマンは、紛れもなくプロレスラーでしたよ!

最後は、スリーパーからゴッチ式パイルドライバーで、
鈴木が3カウントを奪って終了。


鈴木のマイク。
「おめぇーによ、聞きたい事(言いたい事?)があるんだよ。」

「なんでDREAMやPRIDEで、リアルプロレスラーとかいい加減な名前使ってんだよ。
今日オレと試合したんだから、立派なプロレスラーだよ。」

鈴木から手を差し出すも、迷いに迷うミノワマン。
ようやく応えようとしたところで、握手をスカす鈴木。

が、この後、肩を抱き寄せて抱擁!

(≧ ≦)。。。
アンタ、カッコ良すぎるよ!!




格闘技団体の興行って感じじゃなかった。
プロレスの試合、見てたみたいな感じ。


そして、私はやっぱり、鈴木みのるが好き!!

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】