2009/01/18

「ザ・ムーン」

---アポロ計画の宇宙飛行士による貴重なインタビューと鮮やかに蘇ったNASA蔵出しの初映像で綴られるドキュメンタリー。---


私の究極の夢は宇宙から地球を見ること。
生きているうちに実現出来たらいいんだけど(笑)
それから、死んだら宇宙葬にしてもらう予定。
そしてSF大好き!と、実は宇宙好きな私。

「月の記憶」というアポロの宇宙飛行士達のその後や当時の様子について、インタビューや本人の回想録などを織り交ぜながらまとめた本を2年ほど前に読んで、宇宙飛行士達に非常に興味を持った事もあり、映画も楽しみにしてました。


宇宙から見た地球の美しさはもちろん、私が心奪われたのは、荒涼とした灰色の月面の様子を宇宙飛行士の目線で撮った映像。

これ、見たことない!
砂と岩場のグレーの世界。その先には漆黒の闇が広がってる。吸い込まれそう。
走って(歩いて)足跡が付いていく様子がなんだか楽しそうだし、月面車でレースみたいに走り回ってる姿とか人間味が感じられる。


特撮映像や作られた台詞じゃないリアリティは、胸に静かに響いてくる。
偉業を成し遂げた人たちの言葉は、美しくそして重たい。

私は当時生まれてなかったから、世界中の人たちの興奮した様子は映像でしか見たことないけど、人類が初めて月に立つっていう瞬間を、世界が一つになって祈るように見つめるって凄い事だと思う。
今、世界がひとつになれるようなハッピーなニュースがあったら、争いごとも少しは緩和されるんじゃないかなぁ~なんて思ったり…。



これは大画面で見なくちゃ、損!
もう一回見たいなぁ~。DVDが出たらジックリも見たいし。

時間がある人には、映画を見る前に「月の記憶」を読んで予習するのをお薦め。
普段、薦めても途中で読むの辞めちゃったりする旦那も、これは面白いって読んでくれて、今回映画見た時にも、多少知識があったから分かりやすかったって言ってた。
もちろん映画のあとでもOK。映画に出演していない、アームストロング氏の事も分かるし。

私も映画見終わってから、再読中。実は3回目。何度読んでも面白い。

月の記憶―アポロ宇宙飛行士たちの「その後」〈上〉
月の記憶―アポロ宇宙飛行士たちの「その後」〈下〉
月の記憶―アポロ宇宙飛行士たちの「その後」〈上〉月の記憶―アポロ宇宙飛行士たちの「その後」〈下〉


公式サイトもステキ。
http://themoon.asmik-ace.co.jp/


ザ・ムーン@映画生活

コメント

非公開コメント

トラックバック

若田光一さんがISSに移った日に見る映画

若田光一さん シャトルがドッキング ISSに移る 人類はなぜ存在するのかー? そんな問いに、 宇宙を一つの大きな生命体として捉え、 ...

【スポンサードリンク】