2008/12/13

「巨匠ピカソ 魂のポートレート」

国立新美術館、サントリー美術館で同時開催されているピカソ展。国立新美術館での展示がスゴク良かったので、サントリー美術館にも行ってきた。

が、期待外れ。国立新美術館での展示の仕方や作品が良かっただけにガッカリ。

ガラスケース内に作品が展示されていて、反射したり、手垢がついていて見えずらい。

作品の説明文も、文字が小さいうえに、照明を落としてある為、見えない。途中で読むのがイヤになった。この作品数だったら、少し調整して、2つに分けずに一箇所でやればいいのに。

良かったのは好きな絵「ピエロに扮するパウロ」「海辺を走る二人の女」が見れた事と、空いていたのでストレスを感じなかった事くらい。

終わってから、ミッドタウン内をブラブラして、ライブのため渋谷へ移動。

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】