2008/11/14

11/9 M-1ムエタイチャレンジ「Legend of Elbows 2008」 ディファ有明

全日本キックの興行の翌日は、ディファ有明でM-1観戦。
前からM-1の興行行ってみたかったので、かなり楽しみ。

しかし、話しには聞いていたものの、ホントに長丁場…。
16:30スタートで、終わったのが21:30。
タイ料理のお店が出てたり、ウィラサクレック軍団のタイ人やら応援団やらが多くて、前日の後楽園ホールとはかなり違った雰囲気。

第一試合からシッカリ見てたけど、印象に残った試合はわずか。
会場全体がドッカンドッカン盛り上がる試合はなかなか…。

応援の方も、WSR(ムエタイ)VS 他団体って構図で、他団体の応援団はそれぞれの選手の応援しかしないので、面白い試合があっても、冷めたもんで。
個人的にはタイ人と戦う日本人を無条件で応援したかったんだけど、応援しにくかった…。


2日間、試合を見たわけだけど、結論、ガチガチのムエタイルールも面白いし、K-1も嫌いじゃないけど、やっぱり全日本キックが1番面白いよねって思った(^^)

<第7試合 M-1女子初代ミニフライ級王座決定トーナメント準決勝戦 2分3R(延長1R)>
○勝山舞子(上州松井ジム)
(判定 2-0)
●ジェット・イズミ(フリー)

<第8試合 M-1女子初代ミニフライ級王座決定トーナメント準決勝戦 2分3R(延長1R)>
○岡田敦子(RAPTURE KING)
(3R 判定1-0 4R 判定2-1)
●ちはる(WSRフェアテックス)

久しぶりに女子の試合を見た。
プロレスもそうなんだけど、同性の試合は痛みが伝わりすぎて見てるのが辛いことがあるんだけど、この2試合はそういうの通り越してとにかくカッコ良かった!
私も腹筋割りたい(笑)



<第9試合 62kg契約 3分5R>
○カノンスック・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックス)
(判定 3-0)
●西山誠人(アクティブJ)

もう、倒してくれればいいのに!
余裕かまして、弄んでいるかのような試合。イライラするー。



<第10試合 55kg契約 3分5R>
○藤原あらし(S.V.G.)
(3R 1分10秒 TKO (タオル投入:左ローキックでダウン後))
●テッパラート・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックス)

楽しみにしていた試合のひとつ。
あらし選手の試合は、対タイ人でも安心して見れてしまうね。
タイ人をローで崩すなんて! 周りが冷ややかで、1人で盛り上がってた(^^ゞ
席が花道の脇だったので、帰りに「あらしさん、おめでとー!」って言ったら、「おぉー!」って返事返してくれた♪



<第11試合 72kg契約 3分5R>
○ゲンナロン・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックス)
(判定 3-0)
●ヤン・カシューバ(カナダ/unit-k)

見たことあると思ったら、ヤン・カシューバは新田さんの引退試合の相手を務めた選手だった。



<第12試合 セミファイナル WBCムエタイルールランキング戦 ライト級 3分5R>
○トゥワントーン・ソー・プンパンムアン
(タイ/ルンピニー1位,タイ国プロムエタイ協会1位,ラジャダムナン2位,WBCムエタイ世界11位)
(判定 2-1)
●増田博正
(スクランブル渋谷/前全日本王者・元WBCムエタイ世界15位)

増田選手の対戦相手、肩書見るだけでもスゴイ選手。
実際、強いというよりも老獪で、イヤらしい。
金的が2回入って試合が中断したり、組まれて投げられての繰り返して、集中力やスタミナが奪われてしまったか…。後半、パンチやローが入るようになったけど、盛り返すに至らず。残念…。
でも、諦めない、心が折れない熱い気持ちの伝わってくる試合だった。
まだまだ頑張ってほしい!



<第13試合 メインイベント M-1スーパーウェルター級タイトルマッチ 3分5R>
○クンタップ・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックス)
(4R 2分13秒 KO (ボディへの左膝蹴り))
●阿佐美義文(治政館)

阿佐美選手の治政館は、武田幸三選手が所属してるジム。
タイトルマッチだし楽しみにしてたんだけど、前の試合を引きずってたからか、長時間座っていて疲れたからか、集中出来ず><

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】