2008/11/12

10/30 ZERO1-MAX「ZERO1 Energy'08」後楽園ホール

今年に入ってからZERO1-MAX、生観戦するようになったんだけど、どんどん面白くなってる!
選手に愛着が沸いてきたのもあるかもしれないけど、内容も良くなっているように思う。
あと、プロレスエキスポの直後だったからか(笑)
そう感じるだけに、所属選手が少なくなっているのは非常に残念だなぁ。

今回はマイミクさんたちと5人で観戦。

←天下一ジュニアトーナメントの入場式。



<第1試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負>
○崔 領二、植田 使徒、ドランゴ
(9分54秒 那智の滝→片エビ固め)
●浪口 修、KAMIKAZE、小幡 優作

崔 領二が第一試合ってもったいないなー。このメンバーだと余裕な感じ。
ドランゴはプロレスエキスポに出てたメキシコの選手。
ルチャの動きも出るけど、スピードが足りない。しかも、使い回しかよー!


<第2試合 天下一ジュニアトーナメント1回戦 時間無制限1本勝負>
○高岩 竜一(12分48秒 ラリアット→片エビ固め)ザ・グレート・サスケ●

結構楽しみにしていたんだけど、コーナーからの雪崩式フランケン狙ってたサスケが落とされてリングに頭から…。
この辺りからサスケの様子がおかしくなって、自爆なトペの連続は見ていられない痛々しさ…。
なんでこの人はこんなにムチャするんだろうなぁ…。

力尽きて3カウント。



<第3試合 天下一ジュニアトーナメント1回戦 時間無制限1本勝負>
○藤田ミノル(12分19秒 小包固め)キンボス・ライス●

これは意外な好勝負に。
キンボス・ライスが粘り強くていい選手だった。
最後は金的から丸め込め込んで藤田ミノルの勝利。
かなり悔しがってた。



<第4試合 天下一ジュニアトーナメント1回戦 時間無制限1本勝負>
○澤 宗紀(8分17秒 情念卍固め )菅原 拓也●

途中で席立っちゃって、見てない><



<第5試合 天下一ジュニアトーナメント1回戦 時間無制限1本勝負>
○稔(24分16秒 ファイアーボールスプラッシュ→片エビ固め )日高 郁人●

この日のベストバウト。
元バトラーツ対決で、煽り映像見てるだけで、ワクワクしてきちゃう。同じJrでも日高は小さいし、どうしても受身に回る時間が多い。
もうダメか!?と何度も思わされたけれど、その都度立ち上がる日高。
稔も腰のテーピングはなかったけど、両膝はガッチリで、体調万全とは言えないと思うけれど、そんな事を感じさせない生き生きとしたファイト。

2人の気持ちが伝わってくる激しく熱い戦いだった。また見たいなー。


<第6試合 ZERO1-MAX vs. WP>
○大谷 晋二郎、田中 将斗
(9分52秒 スパイラルボム→片エビ固め )
●ミスターレスリングIII、ヤヤ・ブラジル
ヤヤ・ブラジルはプロレスエキスポに出てたジャマイカの選手じゃん。背中に「ヤヤ」のペイント。ミスターレスリングIIIは体格はいいけど、ダサくてキナ臭いマスク&コスチューム。
炎武連夢相手にどんな試合をしてくれるのか…。
案の定、外国人チームがパッとせず、炎武連夢の強さウマさが光るところまで行かずに終わってしまった感じ。こういう相手でも盛り上がるように試合を組み立てていくのは大変だよね。


<第7試合 世界ヘビー級選手権試合 60分1本勝負>
○永田 裕志(13分26秒 バックドロップホールド )佐藤 耕平●

永田は完全アウェイなので、耕平選手への声援・期待がスゴイ。盛り上がる。
対抗戦になると永田は頼もしいなー。
強くて憎々しくて、煽りもウマい。

割とアッサリ終わってしまった。耕平選手はもうちょっと頑張れるんじゃないかなぁ~といつも思う。こんなもんじゃないだろう!?って。
田中、耕平倒して、今度は誰が永田に挑戦するんだろう??


試合後はコロッセオで飲み。
楽しかった(^^)

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】