2008/10/01

9/23 ZERO1-MAX 後楽園ホール「ZERO1 Spirits‘08」

チケットを頂いて、旦那と初めてZERO1-MAX観戦。
キックや新日本プロレスなど何度か一緒に観戦してるけど、こんなに面白がってくれたのは初めてだなぁ。声出して応援してたり、ニコニコ笑顔で。喜んでもらえて良かった(^^)

<第1試合 ZERO1vsバトラーツ>
○吉川 祐太、矢野 啓太(7'13スリーパーホールド) 植田 使徒、斎藤 謙●
何度か見たけど、バトラーツの2人はいい。コスチュームもっとカッコいいのにすればいいのに。

<第2試合>
〇高岩 竜一(9'19逆片エビ固め)小幡 優作●
小幡ショッパ過ぎ。失笑が起こる。
高岩の巧さに旦那が唸ってた。

<第3試合 WDBタッグ選手権>
〇浪口 修、Hikaru(15'01ウラカンラナ→エビ固め)前村 さき、石川 雄規●
※第4代王者組、初防衛に成功。
石川社長は自分の役割良く分かってるし、いい味だしてる。決めるところはきっちり決めるし。
あまりミックストマッチって好きじゃなかったけど、これは面白い。
前村選手が華奢過ぎて、ロープに走るのもハンデあるし、技受けるのも見てて痛い。
でも、良く頑張ってるよなぁ。凄い。Hikaru選手もカッコいいし。

<第4試合 緑AWA選手権試合「びっくりカメラ」ルール>
〇ザ・グレート・サスケ(第3代王者代理人・みちのく)(判定 2-0)KAMIKAZE(挑戦者)●
<第5試合 緑AWA選手権試合>
〇藤田 ミノル、菅原 拓也(7'12ロープに足を乗せて押さえ込むエビ固め)ザ・グレート・サスケ、KAMIKAZE●
なんかもうくだらな過ぎて好き(笑)
びっくりカメラルールって、よりビックリした顔をした方が負けっていう変なルール。
で、サスケがまた藤田に騙されて、タックマッチが始まった。



<第6試合 スティーブ・コリノメモリアル エクストリームシングルマッチ>
○グイドー・マリタート(16'34キッス・オブ・デス→片エビ固め)日高 郁人●
場外乱闘で目の前で戦っている姿を見ると、プロレスラーってやっぱり凄いな~って思う。
スティーブ・コリノがレフリーだったんだけど、マリタートよりのレフティングでブーイング。

<第7試合>
〇望月 成晃、大谷 晋二郎(15'13ツイスターⅡ→エビ固め)関本 大介、澤 宗紀●
これはこの日のベストバウトかな。それぞれの持ち味も出てたし、熱かった。


<第8試合 世界ヘビー級選手権 60分1本勝負>
〇田中 将斗(王者)(15'49 スライディングD→片エビ固め)佐藤 耕平(挑戦者)●
2人が並ぶと体の大きさが全然違うんだけど、田中って全然見劣りしないんだよね。
試合中も力負けするようなこともないし。
耕平選手もせっかくいい体してるんだから、もっと活躍してもいいと思うんだけどなぁ。


新日本との対抗戦はなかったけど、盛り上がっていい興行だった。

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】