2008/05/09

D'ERLANGER アルバムと武道館

D'ERLANGERの4枚目のアルバム、復活後2枚目のアルバムが4/30に発売された。
「the price of being a rose is loneliness」。
the price of being a rose is loneliness(初回限定盤)(DVD付)「LAZZARO」を初めて聴いた時のようなガツーン!!とした衝撃はなかったものの、何度も繰り返し聴くうちにジワジワと体に侵食してゆく。まぎれもなくD'ERLANGER。
最近のロックシーンはあまり良く分かんないけど…それらに埋もれる事のない、突出した存在じゃないだろうか。


そして、ジックリ聴きこむ間もなく5/6武道館ライブ!!
出かける前にバタバタしてしまい、開場後に到着。さっそく物販チェックするも売り切れてる品が。携帯ストラップとか欲しかったなぁ~。とりあえずTシャツ購入。
場内に入ったのは開演15分前。トイレ済ませて席へ。

武道館なんて何年ぶり??十数年ぶりかと思うけど、最後に何を見たのか…パンクラスかな?
もっと広かった気がしたんだけど、1階席からでもステージは良く見えるし、思ってたよりは距離が近い(でも遠い(>_<))。

30分押しの18時スタート。一曲目は「DARLIN'」。
ホールでライブを見るのもすーっごい久しぶりで、なんかテレが入ってノリきれない(苦)。体が温まるにつれて、楽しくなってきたけど、”ノる”と言うよりも、”見る”って感じ。動き回ってるkyoちゃん目で追ったり、他のメンバー見たり、スクリーン見たり、目が大忙し(笑)

オーケストラと一緒に演る曲があったり、哲さんのドラムソロも時間たっぷりで鼓笛隊との共演?もあったり、花火やら火柱やら上がったり、広い会場ならではのパフォーマンスや仕掛けは堪能出来たし、楽しかった。ライティングや映像なんかもD'ERLANGERの世界観を現すのにハマってたと思うし、”音”も良かった。

アンコールは3回。2回目の「LULLABY」で終わりかな?と思ったら、最後の最後に「amaoto」。これは雰囲気あって良かった!「MOON AND THE MEMORIES」は腕が疲れた(>_<)

そして、ドキドキワクワクのお知らせ!
ツアー決定!!東京はZepp Tokyoで2days。遠征は無理だけど、2daysは行くよー。
終了が21時頃。出口までは混んでたけど、割とスムーズに電車にも乗れた。
暑くもなく寒くもなく、気持ちのいい夜。余韻に浸って心地よい帰り道。



来週はBUGです♪

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】