2008/03/16

3/15 椎名誠さん トークショー&サイン会

ミッドタウン内にあるFUJIFILM SQUAREで、椎名誠写真展「ニッポン ありゃまあ お祭り紀行」が開催されており、15日にトークショー&サイン会があったので、六本木まで行ってきました。

実は昔、椎名さんって名前はもちろん知ってたけど「小汚い冒険好きのオッサン」ってイメージしかなくて…。
前に勤めていた会社でSF好きで話しが合う方がいて、その人に椎名さんの書いたSF本を勧められたのがきっかけで、好きになっちゃったんだ。でも、最初はSFというか不思議小説だけをあえて探して読んでて、普通の小説とかエッセイは頑なに拒否してたんだけど、ある時にSFかと思って買った本が普通小説で、これが面白くて(^^ゞ 更に、普通小説かと思って買った本がエッセイで、これも読んだら面白くてハマっちゃった(^^ゞ
ホントに読まず嫌いで椎名さん、スイマセン(>_<)!って感じですね。

で、トークショーの事を某所で知って、こんな機会はなかなかないので、是非!と参加しました。事前にネットで申し込みをして、当日受付をした際に受付順に席が決まると。
気合入れていったわけじゃないんだけど、余裕持って受付時間の15分位前に着いたら、思ったほど並んでなくて最前列になっちゃった!

開始時間まで、椎名さんが撮った「ありぁまあ」なお祭りの写真や、椎名さんのお友達や各界の著名人の方が写真展のために作成した、おかめやひょっとこ、からす天狗といったお面を拝見。

15時スタートで、椎名さん1人でおしゃべりの形式。
ちょっとしたスペースに椅子が並べられていて、100席くらい?+立ち見。
で、1番前のちょこっと高くなったステージに椎名さん用の椅子が用意されてた。最前列と椎名さんの距離が近すぎるんですけど!手を伸ばしたらタッチ出来ちゃいそうな距離。ドキドキ♪

最初に前回のトークショート同じように質問だけ受け付けようって言いながら、ちょっと言いたい事が…と「アスペクト」(アスペクト比=2次元形状の物の長辺と短辺の比率を指し示す言葉 by:wikipedia)についての解説を始められました。TVとか映画のスクリーンの話し。ちょっと難しいところもあったけど、ホワイトボードを使って説明してくれて、「学校の先生みたいで嬉しいなぁ」なんて言ってた(^^)

その後、質問の受け付け。
今まで行ったヘンテコなお祭りや外国のお祭りについてと、これから挑戦したい事という質問についてお話してくれました。
トークショーっていうか、椎名さんのお話を聞く会みたい。ほんわかした雰囲気でいつまででもお話しを聞いていたいな~って感じ。言葉が途切れる事なく溢れ出てきて、聞いた事もないようなヘンテコなお祭りの話や、ドイツでビールをたらふく飲んでトイレで…って楽しいお話満載。スゴイ楽しかった!1時間があっという間。

この後、「ニッポン ありゃまあ お祭り紀行」を購入した人対象のサイン会。
せっかくだから何かお話したい! と並んで待っている間にいろいろ考えてたんだけど、順番が進むにつれて、緊張してきて考えがまとまらず…。長々話しかけるわけにも行かないし。
で、トークショーの中で出てきたジュール・ヴェルヌの「月世界へ行く」について、ちょこっとお話しさせてもらいました。久々に挫折しちゃった本だったんだけど、また読み返してみようかと思った(^^ゞ
握手もしてもらいました。暖かくて大きな手。爪がキレイに短くカットされてて、意外と?キレイな手でした。



私が好きな作家って現役じゃなかったり、亡くなってる人が多いので…
新刊が出たり、こういう機会があるのは本当に嬉しい。



せっかくミッドタウンまで来たので、留守番中の旦那にお土産。
「DEAN &DELUCA」で、シブーストとシューアラクレーム、「東京ハヤシライス倶楽部」でハヤシライスパン(甘口)を購入。



シューアラクレームはクリームたっぷりで重い!! シブーストは下がパイ生地になってて、リンゴとブルーベリーが間に入ってました。美味しかった~♪
ハヤシライスパンは写真撮るの忘れちゃったんだけど、パンの中にハヤシライスのルーが入ってて、黒っぽい色なの。とろ~りじゃなくて、ねっとりしたルーで濃厚。中身よりもパンの方が美味しかった(^^)

コメント

非公開コメント

おきさん
おきさんも椎名さんの本、読まれたことあるんですね~。

>読む前のイメージと、読んだ後の意外さは覚えています。
私も、何冊か読んでも違和感が消えなかったですよ~(苦)
私は逆に、若い頃は全く興味がなくて、読み始めたのは6年くらい前からです。
出版されてる本の量も多いので、もっと早く出会って収集したかったです(苦)

子育ての合間に、エッセイでもどうですか??

煌さん
おぉ!TVでやってたんですか!見逃してしまいました(>_<)
初めて椎名さんの本を読んだ時、
内容と本人の見た目のギャップがしばらく埋まらなかったですが(^^ゞ、
とても細やかな優しい眼差しで物事を捉えて、表現する人だなぁって思います。

「お祭り」ってのも、うちの両親がクリスチャンだったり、
実家も茨城だけど元々住んでたところじゃないから地域に残る行事とかお祭りとか
関わりも関心も薄かったんだけど、ちょっと興味が沸きましたよ(^^)

本は、椎名さんが撮ったお祭り写真がカラーでいっぱい掲載されてるので、
パラパラ見てるだけでも楽しいです♪

naokoさん
椎名さんのエッセイ読まれたことあるんですね~。
読みやすいし、言葉使いや行間のリズムが個性的ですよね。
プンプン怒ってるんだけど、微笑ましかったり(^^)

さすがに先月から出かけることが多くて、疲れが溜まってます・・・。
でも、足を運んで体感する事は大事だなぁ~と痛感してます。
来週は浦沢直樹さんのイベントに行ってきますよー。

ホワイトデーのプレゼント、ホントに嬉しかったです~。
たまに優しくされると感動も増すのかも(笑)

椎名誠さん、有名ですよね~といいつつ、実は私は、多分1冊か2冊くらいしか読んだことないんですが・・・しかも、かなり大昔(苦笑)
でも、当時(何を読んだかすっかり忘れましたが 笑)読む前のイメージと、読んだ後の意外さは覚えています。
おもしろいんですよね。
最近、子供の本しか読まなくなってしまったけど、ゆっくり時間ができたら、こういう本も読みたいです・・・(^-^)

昨日だか今日だか、椎名さんのその書籍に関する番組を見たなあ。
どこだっけ、NHKだったかな。
なんか物凄く細やかに「日本の祭り」を捉えてて、
ああこういうものの感じ方するひとなんだーと
ちょっと意外な(失礼)感じがしましたね。
こんなイベントがあったとは知らなかったな、
結構この本惹かれたんでw

椎名さんと言えば、エッセイくらいしか読んだことは
ないけれど、おもしろいですねぇ~。
トークショー、良いですねぇ。
いろんなイベントがあって良いなぁ~。

↓旦那様からのホワイトデーのプレゼント
宅急便でなんて、素敵ですねぇ~(^^*

【スポンサードリンク】