2008/01/05

1/4 全日本キック「New Year Kick Festival 2008」

去年はお隣の東京ドームで新日本プロレスだったけど、今年は対TNAに興味がなくて、全日本キック観戦する事にしたんだけど、次々とカードが発表されると「ドームもいいなぁ…。」とちょこっと思いました(^^ゞ あとでTV観戦しよう。

オープニングファイトは、ほとんど寝てて記憶なし…。
ホントに毎回寝てます…が、言い訳すると、キック観戦の時って仕事が早番の事が多いから、朝起きるのが早いんよ!

試合開始の前に、羽織袴の小林GMから新年の挨拶。
ちょっと声が聞き取りにくかったな。「ご機嫌ですか??」ってのは聞こえたけど(苦)

<第1試合 ライト級>
○青津潤平 VS ●渡部太基
(3R判定 3-0 )

<第2試合 70’sトーナメント・リザーブファイト>
○廣野 祐 VS サトルヴァシコバ●
(3R判定 3-0 )
1Rから始終押されっぱなしのサトルヴァシコバ。
いいところなく判定負け。金髪に豹柄のトランクスでした。

<第3試合 70’sトーナメント準決勝>
○望月竜介 VS レイ・スターリン●
(2R 1分30秒 KO)
ロー、ローで攻めて、望月のKO勝ち!
試合後のインタビューであとから知ったんだけど、スターリン対策でインローキックの練習を集中的にやっていたとの事。見事に結果が出ました。

<第4試合 70’sトーナメント準決勝>
○白虎 VS 山内裕太郎●
(延長1R判定 2-1 )
この試合は今回の興行で私的ベストバウト!
一昨年の両者の試合は見てないんだけど、去年11月の70'sトーナメント開幕戦での白虎VSクリストフの試合が良かったので、楽しみだった一戦。期待を裏切らず、いやそれ以上の白熱した試合になりました。
1Rからパンチで打ち合う。2Rに入ってから山内がヒジをで攻めるも、白虎は勢いで押しまくり決めさせない。3Rもパンチでガンガン攻める白虎と、ヒジを交えて距離を見ながら闘う山内。白虎は山内のパワーを吸い取ってるんじゃないか!ってくらい勢いが衰えず、山内の方が覇気がなくなってきている感じでした。が、3R判定で決着がつかず(白虎1に引き分け2)延長の末、2-1で白虎の勝利!!
決勝は望月VS白虎。いやぁ 白虎スゴイ。

<第5試合 全日本バンタム級ランキング戦>
○瀧谷渉太 VS 菊地 慧●
(2R 1分46秒 KO)
旦那がお気に入りの渉太クン。ドラゴンボールの曲で入場。
1R、菊池選手の組み付き多用にイエローカード。直後にダウンを奪う渉太!
2Rには前蹴りでダウンを奪い、その後も勢いは止まらず3度ダウンを奪って、渉太クンの勝利!
「やったー!!」って全身で喜びを表す18歳。フレッシュでキラキラ眩しい。これでデビュー以来4連勝。

<第6試合 NAOKICK試練の七番勝負第一戦 60kg契約>
○石川直生 VS ファイヤー原田●
(2R 2分41秒 KO)
ファイヤー原田はあんまり好きじゃない選手。キャラ的に。入場曲の前に「スクールウォーズ」の台詞が流れたんだけど、良く聞き取れなかった。石川選手は赤のチェックのトランクス…。あのぉ キックトランクスじゃなくて、風呂上りか!?っていう…。
試合開始のゴングと同時に突っ込むファイヤーと、飛びヒザ蹴りの石川選手がリング中央で激突。石川選手の左ミドルとボディーへのヒザが効いてるのか、動きの悪いファイヤー。2Rもミドル、ヒザでダウンを奪い、最後はハイキックでKO。
七番勝負第一戦は見事勝利の石川選手。また来月試合があるけれど、七番勝負で一皮もふた皮も剥けて欲しい。

<第7試合 全日本フェザー級タイトルマッチ>
○[王者]山本真弘 VS [挑戦者]水落洋祐●
(4R 2分50秒 KO)
上松大輔選手の負傷欠場により水落選手が挑戦者に。4Rまでかかったけど、危なげなく完全勝利。水落選手もよく粘った。山本真弘選手、強い、巧い、早い。負ける気がしないね。次は誰とやるんだろう??

<第8試合 70’sトーナメント・決勝戦>
○望月竜介 VS 白虎●
(2R 1分47秒 KO)
準決勝を勝ち上がったものの代償も大きかった白虎。望月のローを嫌がり動きも悪くダウンを奪われる。1Rで終わってしまうかと思えるような展開だった。2R入ってもローの連打で攻める山内。白虎、堪えるも無念のKO負け。
最後にUのテーマが聞けました~。実は60キロの時も今回も優勝予想を見事に当てちゃいました♪

←パンフレット買ったらもらえた年賀状。

正月早々、いいもん見せてもらいました。
今年も熱い試合をお願いします。

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】