2007/12/08

「カフカ 田舎医者」

先日、旦那が忘年会で夕食がいらないと言うので、水曜日だし映画を見に行く事に決定。(水曜日は映画\1000だから。)

最近出来た有楽町のイトシアに入ってるシネカノン有楽町2丁目 で上映中の「カフカ 田舎医者」。 

カフカが大好きで、公式サイトで見たトレーラーも良かったので気になってたんだけど、モーニングショーとレイトショーしかやってないので、なかなか行く事が出来ず。
レイトショー21:45~で、仕事が18:00までなので時間潰すことに。
でも、遅くなるとデパートも閉まっちゃうんだよねぇ。
19:00位まで銀座をウロウロしながら、ちょっと買い物したりして、夕飯はシャンテの壁の穴で。

それでも20:00。お茶でもしようと思ったんだけど、持ち歩いてる本を読み終えてしまったので、イトシアの隣の丸井に本屋入ってたっけ…とそちらへ向かう。
イトシア&丸井は行きたいと思いつつも、外側から眺めていただけだったので、初入館!
8FにTSUTAYAが入ってて、スタバも併設されてます。
最近は、Amazonでまとめて本を注文してしまう事が多くて、本屋をブラブラする事が少なくなってたんだけど、広い本屋に入ると興奮! 吟味して一冊だけ購入した本については後日書きたいと思います。

スタバは21:00までなので、地下のフードアベニューへ。
噂のクリスピードーナツの行列を尻目に、イリーへ。普通のイリーじゃなくて「エスプレッサメンテ イリー」と言ってillyコーヒーとスイーツが楽しめるお店。
コーヒーとシチリアンロールケーキを頂きました♪


やっと21:30になったので、映画館へ向かう。水曜日って事もあるけど、7,8割くらい埋まってる感じ。
上映映画は短編アニメが5本。
「カフカ 田舎医者」「頭山」「年をとった鰐」「こどもの形而上学」「校長先生とクジラ」

他の方のレビューを見るとかなり評判がいいようですが、私はいまひとつ…。
アニメと言っても、絵本のような繊細で味わい深い表現で、「眼」は楽しむ事が出来たんだけど、学生の頃からカフカが好きで、こだわりもある為、素直に受け入れられない部分もあるのかもしれない。他の作品は良かったけど、好みでいうとあまり好きじゃないかも。「校長先生とクジラ」が可愛くて1番好きかな。

声優として、狂言師で人間国宝である茂山千作さんをはじめとする茂山一家が担当。女中のローザ役には芥川賞作家の金原ひとみさん。アニメに狂言っていう発想は面白いし、実際、普通の声優さんじゃこの雰囲気でないなって感じた。

帰り際に若い女の子が「つまんな~い。」とこぼしてた(苦)。カフカに触れたことがないと確かに難解でストーリーが把握しにくくて、つまらないかも。予習してから行くか、映画見終わってから小説読むと理解が深まって楽しめると思う。

声を大にしてお勧め!とは言えないけれど、トレーラーとか予告だけでも公式サイトで見る価値はあるかと思います。
↓YouTubeで予告編を見つけたので、貼っておきます。

コメント

非公開コメント

おきさん
映像は独特の世界観があるので、眺めてるだけでも面白いかもだけど、内容を楽しむには何度も見る必要があるかも・・・。

おきさんは最近DVD見てますよね♪
私は逆にDVDってなかなか「見るぞ!」って気にならないんですよねぇ。TVもあまり見ないし。
なので、見たいな~と思う映画はDVDになるまで待っても見ないので(苦)映画館に見に行ってます(^^)

へぇ・・・

予告編見てみたけど、初めて見る人には難解かもしれないね(^-^)
世界がすごい独特って感じだし。
でも、この世界のよさを理解すれば楽しめるものっていうのも伝わってくるかも。
なかなか映画館とかには足を運べないから、最近はDVDレンタルにハマってます(^^)/

【スポンサードリンク】