2007/10/17

題名のない子守唄



「ニューシネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」のジュゼッペ・トルナトーレ監督の最新作「題名のない子守唄」を見に銀座のシネスイッチ銀座へ行ってきました。

1人で映画を見に行った時の予告で知って、旦那が「ニューシネマ・パラダイス」が大好きで、結婚する前に勧められて一緒に見た事があるので、誘って一緒に見に行ったんですが…。


「ニューシネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」なんかを期待して行かないほうがいいですね。予備知識もなく行ったほうがいいです。なので、詳しく感想は書きません。
映画見終わった後って、感想を語りたくなるんだけど、今回は言葉が出て来なかった。未だに何て表現したらいいかも分からない。
R-15指定で、性的な描写や暴力的なシーンもあるので、好き嫌いあるかも。私には苦手な映像シーンがあったけど、それを上回る内容だったので、許せる…かな。

街並や映像の色合い、そしてエンリオ・モリコーネの音楽は素晴らしかったです。
手放しで良かった!最高!って映画ではなく、人に勧めにくい映画。あとから、ジンワリ沁みてくる映画かも。

題名のない子守唄
公式サイト:http://www.komoriuta-movie.com/

コメント

非公開コメント

メイさん
>なんだかミステリアスで切なそうな映画ですね。
ミステリー仕立てで、ドキドキハラハラもするんだけど、もっと奥深い感情が詰まっている切ない映画です。泣ける!って感じではないんだけどね。

岩井・・・
懐かしい地名を久しぶりに目にしました(笑)
って、そんな方まで行かれるんですか!?

今サイト見てきました。
なんだかミステリアスで切なそうな映画ですね。
R-15指定となると衝撃的なシーンも出てきそうですが、映像や音楽が良さそうだし、気になります。

後引く映画、ってとこがさらにそそられるものがありますね!
岩井に超穴場な映画館があるのですが、そこでやってたら観に行っちゃおうかな。

【スポンサードリンク】