2007/07/15

「ルネッサンス」

今年1月、「スキャナー・ダークリー」を見に行った時に(感想はこちら)予告で見て以来、すっかり惚れこんでしまい、公開初日(7/14)に行ってきました。
好きな作家の原作映画とか、好きな俳優が出てるとかじゃなしに、こんなに待ち遠しくワクワクした映画は初めて。何度もトレーラーを眺め、少ない情報を集め、前売りもしっかり購入し!

当日は仕事だったので、仕事の後に旦那と渋谷で待ち合わせ。
土曜日だし、初日だし混んでいるかと思ったけど、客席は8割くらい埋まってる感じ。
仕事が朝早かったので、予告はウトウト…。本編が始まってからもちょっと睡魔に襲われたけど(苦)、途中でスッカリ目が覚めて釘付けでした。

<ストーリー&解説>
舞台は2054年のパリ。誘拐された女性科学者の行方を追う捜査官カラスを主人公に、謎めいたストーリー展開。派手なカーアクションや銃撃戦、ミステリーやラブストーリーなど様々な要素を盛り込み、フランス映画らしいビターな味わいのフィルムノワールにもなっている。日本で上映されるのは英語版で、主人公カラスの声を「007/カジノ・ロワイヤル」でジェームズ・ボンド役を演じたダニエル・クレイグが担当。

陰影豊かなブラック&ホワイトの未来世界はスタイリッシュでSF的、かつロマンティックに美しい。3DCGのアニメーションはモーションキャプチャーによるリアルな動作と共に、キャラクターのフェイシャル表現も重視しており、芝居として見応えがある。


※サイズが大きくて、はみ出ちゃった…。

日本語公式サイト
http://www.renaissance-movie.net/

Yahoo!映画
http://event.movies.yahoo.co.jp/theater/renaissance/


とにかくモノクロのコントラストが美しい。モーションキャプチャーによる3DCGのアニメって事で、動きも滑らかで顔の表情までリアル。近未来のパリの町並みも派手過ぎず好感。
映像を楽しみにしていたので、ストーリーは正直期待してなかったんだけど、ハードボイルドミステリーでドキドキワクワク感もあり楽しめた。旦那は「ストーリーが凝ってたらもっと良かったのに。」と言っていたけど。
モノクロにする事で、カラーでは見えないものが見え、見えるものが見えないと言うミステリアスな部分もあるし、空想も広がる。
雨や雪、タバコの煙に窓ガラスなどの表現もウットリ。

「スキャナー・ダークリー」を見た時にも思ったけど、大好きなSF小説が映像化されるとガッカリする事が多いんだけど、実写じゃなくてアニメって手法の方があってるのかも。

ひとつだけ残念に思うのはラストかなぁ。無理やり終わらせた感がある。別に余韻とかなくてもいいけど、もう少し丁寧に描いて欲しかったな。

でも、また見に行く予定!!

コメント

非公開コメント

えるさん

コメント&TB返しありがとうございます!
えるさんのサイトにコメント入れようと思ったんですが、エラーが出て送信できず、TBだけで失礼しました(><)
あ、今見たら承認が必要なんですね。

背景はもちろん、小道具的な部分までホントに素晴らしかったですね!カラーでは味わえない感動です。
DVDも買うつもりですが、あれは映画館で見るのがいいですね!えるさんももう一度映画館で!

こんにちは

はじめまして。TBありがとうございます!

思いのほか近未来的ではない風景もよかったですし、雨やガラスなどすごかったですね。フィルムノワールだからこそ映える見せ方という気がしました!

3月の映画祭でみてからだいぶ経つので、もう一度みたいなと思っています。

風情♪さん

コメント&TB返しありがとうございます!
近未来SFっていうと、煌びやかでハイテクマシンだらけな映画にウンザリしているので、その辺は調和がとれていて満足ですね♪映像見ているだけで、幸せでした(^^)
余韻が全くなく、ぶった切られたような終り方だったので、ちょっともったいなかったですね~。クレジット長いし(苦)

あざみんさん

コメント&TB返しありがとうございます!
>登場人物だけでなく、なにより背景に目を奪われる作品ですよね。
ですね!背景、近未来のパリの街並みが素敵過ぎでした!それを映すカメラワークも良かったですね。

もっと凝ったストーリーでも良かったカナぁ~とも思ったんですが、映像が凝ってるので、ストーリーは分かりやすくてこれで良かったのかもしれないですね。
もう一度、ジックリ見てみたいです!

こんにちは♪

コメント感謝でした。
>近未来のパリの町並みも派手過ぎず好感。
もっと近未来感が出てたら、ボクも拒否反応を
示してたかもしれません。
あぁ~確かに余韻があった方がもっと楽しめた
こと間違い無しですね!! (゚▽゚)v

初めましてこんにちは、あざみんと申します。
TB&コメントをどうもありがとうございました~♪
とても綺麗なモノクロームの世界でしたよね。
私も雨や雪、ガラスのシーンなどにはウットリでした。登場人物だけでなく、なにより背景に目を奪われる作品ですよね。
ストーリーがわかりやすかったので、もう一度観てもいいなと思える作品です♪

トラックバック

いよいよ!映画「ルネッサンス」が今週末公開

2007年夏公開のルネッサンスが楽しみ!と言っていたら気づいたら2007年夏になっていてびっくり。 いよいよ今週末の公開です。記事を書こう~と思っていたらパリノルールblogさんではすでに紹介されていました。 パリノルールblog: 47年後のパリ フランス映画祭で観たと

ルネッサンス(クリスチャン・ヴォルクマン:監督)

「ルネッサンス(クリスチャン・ヴォルクマン:監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2007...

ルネッサンス

 フランス&イギリス&ルクセンブルグ アニメ&SF&サスペンス&犯罪 監督:クリスチャン・ヴォルクマン 出演:(声の出演)     ダニエル・クレイグ     ロモーラ・ガライ     キャサリン・マコーマック【物語】2054年のパリ。医療関連...

ルネッサンス

今回は黒のみの画像をアップしてますが、パンフレットは白表紙と黒表紙の2冊セットになっております。豪華ですね~。でもって値段もちょいお高めです(笑)

【スポンサードリンク】