2007/05/06

「北斗の拳 ~ラオウ伝 激闘の章~」

映画「北斗の拳 ~ラオウ伝 激闘の章~」見てきました。
第一弾の「北斗の拳 ~ラオウ伝 殉愛の章~」を去年見た時は(感想はここ)、内容も良かったし、大好きなシュウさまが出ていたので、涙腺緩みっぱなしだったんだけど、今回はラオウVSケンシロウがメインで、そーんなにラオウに思い入れはないから、気楽に見れるかな?なんて思ってたんだけど…。

どこで目にしたのか忘れちゃったけど、今回の映画化で、原作には描ききれなかったものを盛り込んでいくってのを読んだんだけど、ストーリーも分かってるし、アニメも見てたし、コミックスも何度も読み返してたけど、ラオウの事が”分かった”のは初めてかも。
宿命の重みとか、ラオウの心の内がうまく描かれていて(ちょっと押し付けと言うか、解説じみたおせっかい部分もあったけど)、迫力もあったし、良く分かってるストーリーなのに、引き込まれてしまった。

南斗5車星のフドウとラオウとの戦いから、ウルウルし始めて、ラオウとケンシロウの死闘にはもう涙が止まらなくなっちゃって、自分でもなんでこんなに泣いてるんだろう!?って(苦)
なんでこんなに心打たれるんだろうなぁ…。

ただ今回もタレント声優陣には不満。聞いてるとむず痒くなってくる。夢中になって見てると気にならなくなっちゃうけど(苦)。
レイナもいらないんじゃないかなぁと思うし。あと、ユリアさんがあまりキレイじゃなくてガッカリ(ーー;)

でも、全体としては大大満足♪
自分が好きだった漫画、アニメがクオリティーの高い作品で復活するのは嬉しい。ヤッターマンも映画化されるけど、私が一番見たいのは映画じゃなくてもいいから、ギャク控えめで大人の鑑賞に耐えうる「キン肉マン」~!

コメント

非公開コメント

トラックバック

人気のパチスロ「北斗の拳SE」の最新情報をチェック!

ホールを連日BBの炎で包む「北斗の拳SE」の最新攻略情報をWEBから集めました。正統派から裏テクニックまで、必勝の攻略奥義をチェックしてください!

【スポンサードリンク】