2007/03/24

グレゴリー・コルベール「animal totems」

新聞で展示会の事を紹介しているのを目にして、ビビッときたもんで
(表現古っ)サイトを調べて何度も眺め続け、やっと会場に行って来ました。

グレゴリー・コルベール氏の「animal totems」
六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリー。
カナダ出身のアーティストで、映像や写真で人間と動物の交流の姿を捉えたものを作品として、世界のあちこちで展覧会も行って、活動している方です。

お台場でオープンした(3/11~)ノマディック美術館での公開に先立ち、六本木で数点の写真作品と映像作品が公開されてるんです(4/1まで)。

天気が悪くなりそうだったので、午前中に旦那と六本木へ。
会場に入った瞬間、足元からどわーーっと鳥肌が立ち、何故か涙が溢れてきて、その場から動けなくなってしまった…。涙で視界が曇ってしまったので、呼吸も整えつつ改めて写真に向き合う。
言葉ではうまく言い表せないんだけど、自分の期待以上、想像以上で、写真から伝わってくるエネルギーと言うか、オーラに飲み込まれてしまった 、って感じかなぁ。
驚愕と切なさと、美しさが入り乱れて、魂が震えるような。
←から、それが少しでも伝わるといいんだけど。

展示数が少なくて「もう終り!?」って物足りなさはちょっとあったけど、土曜日だったけど空いていたのでゆっくりジックリ見れたし、内容的には大満足。

お土産を買いたかったんだけど、写真集は16,800円!のビックリ価格だし、DVDとかポスターも6000円以上するし…。
アコーディオンなんとかって言うミニ写真集みたいのが1600円だったので(上の写真の、左上の物体)と、お台場のノマディック美術館の前売りチケット(なんと半額!!)を買って来ました。

興味を持たれた方は、是非サイトを覗いて見て下さい!
http://ashesandsnow.org/jp/index.php?page=/vision/biography.php

コメント

非公開コメント

おきさん
了解です~。
私も一度ブログ変更してますが、使いやすさが一番ですね!リンクも変更しました~。

やっぱり・・・

移転したブログ、使い勝手悪いから、元に戻しちゃいました(爆)
やっぱりシンプルなのが1番使いやすいわ♪
ということで、お手数ですが、また変更で・・・(苦笑)

おきさん
お知らせありがとうございます~。
さっそくリンク変更しておきました♪
これから伺います~。

ブログ移転しました♪

今度はこっちでお待ちしています(^▽^)
http://blogs.yahoo.co.jp/oki3_mo

Misaさん
不思議です。何故切なさを感じるのでしょうね。
写真に写る動物と人間の姿も、Misaさんが見たシャチと飼育係さんのふれあいも、一見、楽しく見えそうなものなのに。

ちょっとでも近い感情を、違った形で分かりあえるのって、分かるような感じがするのって、素敵な人間の感情ですね。
この記事がMisaさんいタイムリーで、伝わるものがあって私も嬉しいです♪

サイト見てきました。
うまく言えないのですが、mariさんが感動したわけが分かるような気がします。。。

私は今日、伊豆のとある水族館に行ってきたのですが、
そこでシャチと飼育係さんのふれ合いを見て、
驚きと感動と、そしてやはり少しの切なさのようなものを感じて来ました。
純粋な心と心のふれ合いと言うのは、本当にきれいなものだよね。

そんなことがあったので、mariさんのこの記事は、
私にとって、とてもタイムリーでした。
素敵な記事をありがとう。なんだかとてもいい気分です。

【スポンサードリンク】