2006/12/28

「父親たちの星条旗」

先日見た「硫黄島からの手紙」に続いて、「父親たちの星条旗」見て来ました。
ホントは、同じ映画館でやっている「スキャナー・ダークリー」を見る予定だったんだけど、それは来年見に行く事にして。

太平洋戦争末期、硫黄島に上陸を果たしたアメリカ軍は、壮絶を極める戦闘の中、摺鉢山の頂上に星条旗を立てる。その1枚の写真がアメリカ中を熱狂させ、6人の英雄を生み出した。しかし、生還できたのは3人だけ。祖国に帰還した彼らは、戦費を調達するために、アメリカ全土を巡る戦時国債キャンペーン・ツアーに駆り出されることになった。どこへ行っても熱烈な喝采を浴び、国民的英雄として祭り上げられる3人の生還者。派手な演出が施された歓迎パーティーが催され、戦死した仲間たちの母親をも巻き込んだセレモニーが続く…。


「硫黄島からの手紙」の衝撃、ショック度が強かった為、アメリカ側からの視点と言う「父親たちの星条旗」には、あまり心を動かされないかもしれない・・・と勝手に思っていたが、全くそんな事はなかった。敵側であったアメリカ兵が日本兵にやられているのを見るのは、日本兵がやられているのを見るのと同じように辛いし、悲しい。
また、英雄として振り回されてしまう彼らを見て、アポロの騒動の事を思い出した。英雄として祭り上げられたものの、その後のケアは全くなく、人生を狂わされてしまっている。

「硫黄島からの手紙」を見た時は、日本側からの視点で、島に上陸するアメリカ兵の姿や日本側の攻撃などを見ていたけれど、視点が逆になると、同じ戦いでもこうも感じ方が違うのかと驚かされた。擂鉢山がとても大きくて脅威に見えたし、潜んで攻撃してくる日本兵が怖ろしく感じた。
あと、どこだかで監督が「黒い画面」にしたと言うのを読んだけれど、両作品に共通している。見比べたり考えたりするには、やはり2本見るのがお勧め。

どこまで真実かどうか分からないけれど、アメリカ人の士気を高め、戦費を集める事になった一枚の写真がなかったら、戦争を続ける事が出来なかったら、あの戦争はどうなっていたんだろうか・・・。
両作品を見て、もっと真実を学びたいと思った。そして、同じ惨劇が繰り返される事のないように、なくなる様に祈りたい。


エンドロールの演出が一番泣けた。

公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/iwojima-movies/

コメント

非公開コメント

メイさん
ドキュメント番組があったんですねぇ。見たかったな。

イーストウッド監督が、それぞれの視点で見た硫黄島の戦いの映画を作ってくれた事の意義、両方見た事で分かった気がします。
敵同士だったわけだけれど、どちらも同じ人間。同じ痛みや悲しみがある。戦争はイヤだ、って改めて痛感しました。

是非、2本とも見てみて下さいね!!

私はまだ映画を観てないんですが、映画上映する前にたまたまドキュメント番組で父島での戦いをやってたのを観たんです。
当時の日本兵、アメリカ兵の話を聞いて、胸が痛みました。
つい日本目線で物事をとらえてしまいますが、アメリカも痛みを伴ってるんですよね。
DVDになったら、一気に二本観るつもりです!

トラックバック

【映画】父親たちの星条旗…俄かイーストウッドファンなピロEK(その1)

「ハッピーフライト」の記事で予告したとおり、本日もう一個の投稿です{/face_yaho/} 今日の午前中の行動です。 モンスターハンターのイベントがあると聞き付け、友人宅に宿泊した息子を回収後、西日本総合展示場まで行ってみました{/cars_red/}{/dododo/} 結構な入場者...

父親たちの星条旗

 {amazon} 「父親たちの星条旗」都内近辺では上映終了となっていたが、どうにか銀座シネパトスまで行って観た。ちなみに「硫黄島からの手紙」は実家武蔵村山のダイヤモンドシティ・ミューの3Fにあるワーナー・マイカル・シネマズ武蔵野にて鑑

父親たちの星条旗

特別試写会のハガキが送られてきたんですけど封筒の中にはそのハガキしか入ってなくて果たしてそれがどうして送られてきたのか不明。適当に応募したのが当たったのか?それすらも忘却の彼方。でもラッキー。(^^)太平洋戦争末期の1945年2月、硫黄島。日本の領

【劇場鑑賞120】父親たちの星条旗(FLAGS OF OUR FATHERS)

戦争を終わらせた一枚の写真。その真実。

★「父親たちの星条旗」

クリント・イーストウッド監督の「硫黄島二部作」の第一弾。日米決戦の激戦地・硫黄島を日米両方から撮るという趣向。

「父親たちの星条旗」見てきました

 今年90本目(映画館のみカウント)は父親たちの星条旗を見てきました。

父親たちの星条旗/ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ

この作品で描かれてることって全て史実なんでしょうか?第二次世界大戦で硫黄島が最大の激戦地であったことは教科書などでちょこっと勉強したことくらいはありましたけど、あの硫黄島を取り囲んだ米軍艦隊の大群には正直驚きました。エンディングロールでは実際の写真が使わ

「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」・・・うれしいお話?

自分の敬愛するクリント・イーストウッド監督の両作品です。今話題の真っ只中ですが、無事に2本とも、連続して鑑賞できました!「ミリオンダラー~」 でおもいっきりやられちまった監督の作品だけに、相当期待して観てきました。で、結論。こんな世界の、こんな時

【スポンサードリンク】