15
2018

4/14 KNOCK OUT「SAKURA BURST」カルッツかわさき

CATEGORYKNOCK OUT
cameringo_20180414_214128.jpgcameringo_20180414_195312.jpg

初会場のカルッツかわさき。川崎駅から徒歩15分ほど。
天気悪いし遠いし、会場は小奇麗な街の体育館って感じで、演出控えめどころか音響も照明も悪い。一番安い席の一番前だったんだけど、柵が邪魔。全然テンション上がらなかったけど、試合は大盛り上がり!結果、行って良かった!

以下、試合の感想。

<第1試合 55.3kg契約 3分3R>
○鈴木真彦(山口道場/HOOST CUP日本バンタム級王者)
(2R 1分14秒 KO)
●竹内将生(エイワスポーツジム/MA日本スーパーバンタム級王者)
鈴木選手は山口兄弟と同じ山口道場所属。2選手とも20代前半で連勝中、勢いに乗ってるフレッシュな対戦。1Rは互角だったが、2Rにパンチで3ダウンを取った鈴木選手がTKO勝ち。


<第2試合 女子50kg契約(肘無し)3分3R>
○小林愛三(NEXT LEVEL渋谷/ムエタイオープン女子フライ級王者)
(判定3-0)
●イ・ドギョン(韓国/韓国MKF女子52kg級王者)
小林選手は何でプッシュされてるんだろう。ヒロインを作りたいのかな…毎回、対戦相手も微妙だし。蹴りまくってるのは良かったけど、単調。


<第3試合 65kg契約 3分5R>
○健太(E.S.G/WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者)
(1R 2分23秒 KO)
●水落洋祐(はまっこムエタイジム/元REBELS 65kg級王者)
2月のスーパーライト級王座決定トーナメント一回戦で負けてしまった2人が対戦。トーナメントから脱落してしまったといっても実力もキャリアもある選手。じっくり見れるかと思いきや!1R、ハイキックで水落選手がダウン。ダメージが大きそう。立ち上がるもフックでダウンを奪われKO負け。


<第4試合 70kg契約 3分5R>
△T-98(クロスポイント吉祥寺 元ラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級王者)
(判定1-1)
△宮越宗一郎(拳粋会/WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーウェルター級王者)
引退試合?となる宮越選手。念願叶ってのT-98戦。
1Rは互角。2Rは宮越選手のフックなどパンチが上手くヒットしリード。3RはT-98選手が持ち直して手数が増える。後半はT-98選手がバランスよく攻める。宮越選手も粘るが押されている印象。判定は三者三様でドロー。個人的にはT-98選手の勝ちでも良かったように見えた。試合後は健闘をたたえ合う。


<第5試合 KING OF KNOCK OUTスーパーライト級 初代王座決定トーナメント一回戦Aブロック 3分5R>
○鈴木博昭(ストライキングジムAres/シュートボクシング世界スーパーライト級王者)
(4R 49秒 KO)
●大石駿介(OISHI GYM/ISKAムエタイ世界スーパーライト級王者)
大石選手、久しぶりに見る。結構好き。両者並ぶと鈴木選手の上半身が大きく見える。鈴木選手はサウスポーで重たい左ミドルやローがバンバン入る。大石選手は首相撲からのヒザやヒジ。4R、足首が顎に入ったようなハイキックで大石選手ダウン。。ダメージが大きくて立ち上がれずKO負け。直前にヒジをヒットさせていたようで、鈴木選手流血。違うスタイル通しの試合で面白かった。鈴木選手、次は不可思選手と対戦が決定。


<第6試合 KING OF KNOCK OUTスーパーライト級 初代王座決定トーナメント 一回戦Bブロック 3分5R>
○秀樹(新宿レフティージム/K-1 GLOBAL -65kg級世界トーナメント王者)
(2R 1分53秒 TKO)
●山口裕人(山口道場/WBCムエタイ日本統一スーパーライト級王者)
秀樹選手のことは良く知らなくて、何度か見た山口選手を応援してたんだけど…これはベストバウトかな。秀樹選手の奥さんはいつか選手。ニュースで見た気がする。秀樹選手、バランスが良くてドッシリしてる感じ。伸びるパンチやキックも破壊力あり。1Rにパンチで山口選手ダウン。2Rも秀樹選手が追い込みダウンを奪うも山口選手は粘りを見せフックの連打でダウンを奪い返す。フラフラなのに凄い気力。しかし最後は左フックが決まり、3ノックダウンで山口選手がTKO負け。秀樹選手、次戦はマサ佐藤選手と。


<第7試合 KING OF KNOCK OUTライト級タイトルマッチ 3分5R>
○ヨードレックペット・オー・ピティサック(タイ/ラジャダムナンスタジアム認定ライト級王者)
(2R 2分15秒 TKO)
●森井洋介(ゴールデングローブ/王者、全日本スーパーフェザー級王者)
ヨードレックペット選手はラジャの現役王者。体もムッチリしていて力強そう。ヨードレックペット選手の左ミドルとインローがバンバン入る。インローは後から効いてきそうだな~と思っていた。森井選手はフックやボディパンチが効果的に入っているように見えたが…2Rに突如試合が中断。何が起きたのか分からずドクターチェックで試合終了。映像見たらヨードレックペット選手のヒジが森井選手の鼻にヒット。曲がってるし…出血も。

悔しさよりも凄すぎて言葉がない。顔が幼くてインタビューもたどたどしてく可愛いヨードレックペット選手。恐ろしや。日本でトップになっても簡単にベルト取られてしまう。過去、ヨードレックペット選手に勝った梅野選手は改めて凄いと思う。


色々不満はあったけど試合内容で大満足の興行となった。次は6月の後楽園。

0 Comments

Leave a comment