FC2ブログ
17
2018

2/12「KNOCK OUT FIRST IMPACT」大田区総合体育館

CATEGORYKNOCK OUT
昼間は新空手の応援。途中抜けしてKNOCK OUTへ。同じくらいの時間にKrushも後楽園だった。同じ日にしなくてもいいのにね。KNOCK OUTは満員!ダフ屋も出ていた。長い一日だった…。さすがに疲れた。

以下、試合の感想。

<第1試合 61.5kg契約>
○高橋一眞(大阪真門ジム/NKBライト級王者)
(判定3-0)
●町田光(橋本道場/WPMF世界スーパーフェザー級王者)
高橋選手が始終冷静に戦っているように見えた。町田選手はやりにくそう。あとでブログを見たら自分より大きい選手との対戦が苦手なのだとか。優位だった高橋選手の判定圧勝。引退を撤回してやると決めたのだから弱音を吐かずに頑張って欲しい。弱さを克服して勝利する町田光が見たい。


<第2試合 49.0kg契約 ※ヒジ打ちなし>
○小林愛三(NEXTLEVEL渋谷ジム/初代MuayThaiOpen女子フライ級王者)
(判定2-0)
●キル・ビー(台湾/アマチュアボクシング2013年台湾大学選手権優勝)
KNOCK OUTで女子の試合はいらない。チャンピオンクラスのレベルの高い選手同士の試合ならともかく。無理やりヒロインを作る必要はない。試合数が少ないのだから、男子の試合だけにして欲しい。


<第3試合 51.5kg契約>
○石井一成(東京KBA/元True4Uフライ級王者)
(2R 2分15秒 KO)
●ノンロス・バーンジャロンスック(タイ/ソムロス・ポルチャロエン/ラジャダムナンスタジアム認定フライ級6位)
ノンロス選手はランカーだけどオカマちゃん。でも試合が始まるとさすがにムエタイ選手だなと思わされる。しかし石井選手は落ち着いており、2Rにボディーパンチでダウンを奪う。効いたようで続く連打にノンロス選手が再びダウンで試合終了。試合後に「フライ級のトーナメントをやって欲しい」とアピール。早ければ下半期にでも始まるかな?


<第4試合 61.5kg契約>
△宮越慶二郎(拳粋会/WBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者)
(判定1-1 ドロー)
△重森陽太(伊原道場稲城支部/第9代日本フェザー級王者)
個人的今大会のベストバウト。いつまででも見ていたくなる試合だった。判定も1-1と割れて引き分けに。2人とも動きが止まらず技も多彩で見ていて面白かった。再戦して欲しい。重森選手、地味な選手だな~と思ってたけどいい選手。


<第5試合 KING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王座決定トーナメント1回戦>
○マサ佐藤(名護ムエタイスクール/英雄伝説アジア64kg級王者)
(3R1分02秒 TKO)
●水落洋祐(はまっこムエタイジム/REBELS65kg級王者)
スーパーライト級王座決定トーナメントの1回戦。水落選手が勝ち上がるかと思いきや…沖縄のマサ佐藤選手、水落選手のプレッシャーに負けずに耐えて2Rにヒジ!水落選手出血。何度かドクターチェックが入るほどの出血となり、試合を止められてしまった。水落選手は負けてもらしさを発揮したが残念。マサ佐藤選手、ハートも強くていい選手だ。


<第6試合 KING OF KNOCK OUT初代スーパーライト級王座決定トーナメント1回戦>
○不可思(クロスポイント吉祥寺/REBELS/RISEスーパーライト級王者)
(判定2-0)
●健太(E.S.G/WBCムエタイ日本ウェルター級王者)
疑惑の判定とか言われてるみたいだけど、遠目で見てた限りは妥当な判定かなと。不可思選手のスタミナ勝ちかな。まぁ引き分けで延長でも良かったかもしれない。不可思選手のローも良かったし、健太選手はヒジでカットさせたり、パンチが交錯したり見応えあった。


<第7試合 55.7kg契約>
○那須川天心(TARGET/Cygames/RISEバンタム級王者)
(判定3-0)
●スアキム・シットソートーテーウ(タイ/プロムエタイ協会スーパーバンタム級王者)
天心選手への声援が凄すぎて、ちょっと引く…。何をやっても大歓声。確かに凄いんだけど過剰過ぎるように感じてしまう。

それでもスピードや多彩な動きに強烈なボディ。センチャイキックなど見せ場も作る余裕というかとても楽しんでいるように見えた。スアキム選手も引かず前にどんどん出てくる。

後半は天心選手に疲れが見えたが判定勝利。なかなか5Rフル戦う天心選手を見る機会がないので(すぐに試合が終わってしまうから)、スタミナもあるし動きも天才的、素晴らしい選手。どこまで勝ち続けるのだろう。

0 Comments

Leave a comment