28
2017

9/24 ハードヒット「Grappling Unlimited」新木場1stRING

年に一度のグラップリングマッチ。
立ち技好きだけど、この限定されたルールも面白い。
試合前の佐藤選手の挨拶で、プロレスも多様化しているけれど格闘技としてのプロレスは必要不可欠と。この考えに共感するのでハードヒットは応援したい。

会場はほぼ満員。本線前にダークマッチ。
以下、試合の感想。

<ダークマッチ第1試合 第4回THE NEXT CONTENDERS tournament 1回戦 5分1本勝負>
○SUSHI(3分10秒 逆片エビ固め)井土徹也●
SUSHI選手、見るたびに上手くなってる!動きに迷いがなくなってスムーズに。

<ダークマッチ第2試合 第4回THE NEXT CONTENDERS tournament 1回戦 5分1本勝負>
○土橋政春(2分45秒 肩固め)唐澤志陽●
唐澤選手はムエタイの選手なのにね?練習してきたであろう動きを披露。しかし土橋選手は余裕。腕の入れ墨が蛇みたいで…無駄な動きがなく静かにタイミングを計って絡みつく。息も上がらずに勝利。

<ダークマッチ第3試合 第4回THE NEXT CONTENDERS tournament 1回戦 5分1本勝負>
○山本裕次郎(1分21秒 ヒザ十字固め)玉川勝巳●
玉川選手はレフリーやってる方。何か格闘技やってるのかな?でも危なげなく山本選手の勝利。

<ダークマッチ第4試合 第4回THE NEXT CONTENDERS tournament 1回戦 5分1本勝負>
○服部健太(5分00秒 判定)阿部史典●
お互い決められない。5分時間切れでレフリー判断?で服部選手が判定勝ち。


<第1試合 グラップリングマッチ10分1本勝負
○関友紀子(3分04秒 腕ひしぎ十字固め)李日韓●
レフリーの李日韓選手。道着着て入場。青帯?サンボ着らしい。カッコいい。動きもいい。しかし普段から戦ってる関選手。経験値が上回って鮮やかな腕ひしぎで勝利。

<第2試合 第4回THE NEXT CONTENDERS tournament 1回戦 10分1本勝負>
○SUSHI(4分03秒 逆片エビ固め)土橋政春●
不思議な絵づらの対戦。SUSHI選手は体格差で有利。土橋選手も落ち着いていたが力でねじ伏せられた。残念。
p20170930-05.jpg

<第3試合 第4回THE NEXT CONTENDERS tournament 1回戦 10分1本勝負>
○服部健太(6分02秒 フロントチョーク)山本裕次郎
どちらが勝ってもおかしくない試合。背中に飛びついてスリーパーからのフロントチョーク。咳き込みながら山本選手が逃れるが再び捕獲されてギブアップ。服部選手の嬉しさ爆発!

<第4試合 グラップリングマッチ10分1本勝負>
○桜井隆多(2分00秒 チキンウイング・フェースロック)松永智充●
松永選手は見た目でコミカルな感じがしてしまうけど、鍛えてるのが分かる体。エアプレンスピンでグルグル回ってドラゴンスクリューで盛り上げる。桜井選手は冷静にチキンウイング・フェースロックを決めて勝利。
p20170930-04.jpg

<第5試合 グラップリングマッチ10分1本勝負>
○KEI山宮(3分32秒 腕ひしぎ十字固め)丸山敦●
山宮選手、コンディション良さそう。体も引き締まってる。丸山選手も悪くなかったけれど、山宮選手が恥ずかし固めみたいな技のままローリングクレイドルみたいにクルクルとリング上を回り、最後は腕ひしぎで極めた。もう少し見たかったな。

<第6試合 グラップリングタッグマッチ15分1本勝負>
○ディック東郷、和田拓也(9分59秒 腕決めフェースロック)岩本煌史、鶴巻伸洋●
まさかのディック東郷選手が参戦!ディック東郷選手と鶴巻選手が昔一緒に住んでいたことがあり、それを知って佐藤選手が組んだカードとの事。もう鶴巻選手がディック東郷選手とやりたくて楽しくてタッチしないっていう(笑)。でも嬉しいのが凄く伝わってきたよ。岩本選手は道着じゃなかった。和田選手と岩本選手、シングルで見てみたい。

<第7試合 グラップリングタッグマッチ15分1本勝負>
○佐藤光留(4分57秒 肩固め)“brother”YASSHI●
YASSHI選手、いつも通りのコスチュームかと思いきや、リングで脱ぎ出し…黒パン一枚!普段見れない体が凄く綺麗。後から入場してきた佐藤選手、新しいスパッツ作ったらしいけど、YASSHI見て脱いでしまいアンダータイツに。YASSHIは一言も喋らず。真面目な表情が男前過ぎて♪ 負けて悔しそうだったけど、ちゃんと握手して正座して一礼。YASSHI選手、また参戦して欲しいなぁ。
p20170930-03.jpg p20170930-02.jpg

<第7試合 第4回THE NEXT CONTENDERS tournament決勝戦 15分1本勝負>
○服部健太(12分02秒 チョークスリーパー)SUSHI●
トーナメント決勝。体格でSUSHI選手が俄然有利。服部選手は果敢に攻め続け片エビ固めも何度も逃れ、スリーパーでギブアップ勝ち。やっとやっと掴んだ優勝。本当に嬉しそう。体格差があっても技術で勝てる事を見せてくれた。

<第8試合 グラップリングタッグマッチ 15分1本勝負>
○高橋“人喰い“義生、ロッキー川村(11分24秒 レッグロック)将軍岡本、松本崇寿●
豪華なメイン!!将軍さまはいつも通りだけど、十分な迫力と説得力がある。松本選手はロッキー選手を追いつめるが義生選手とタッチすると苦戦。さすが義生選手。ジャーマンでも投げる!スパッツに「藤原組」の文字が見た。その後レッグロック決めて勝利。前回の復帰戦よりも動きもいい感じ。
p20170930.jpg p20170930-06.jpg

試合後のマイクで高山選手へ涙を浮かべてエール。

大満足の興行だった。12月も楽しみ!
※お尻の写真ばっかり(^^ゞ

0 Comments

Leave a comment