2017/04/04

4/1 KNOCK OUT「KNOCK OUT vol.2」大田区総合体育館

寒い一日だった。
仕事が終わって京急蒲田へ。

試合内容は良かったが、今回は満員とならなかった。天心選手が出なかったのも影響してるのかな?

ライト級のトーナメントも始まったし、もっと盛り上がって欲しい。

大田区体育館は遠いけど、会場は綺麗で見やすいので好き。
京急蒲田の駅も綺麗になって何だか不思議な感じ。今度は少し早めに行ってブラブラしたいな。


以下、試合の感想。

<第1試合 64.5kg契約 3分5R>
〇不可思(クロスポイント大泉)(4R1分01秒 TKO)水落洋祐(はまっこムエタイジム)●
不可思選手は10連勝中との事!前回見た時も戦い方がスマートで動きが綺麗、バランスがいいと思ったけど今回も良かった。対する水落選手は泥臭い感じでこれもまたいい。
1Rに水落選手のパンチで、不可思選手の腰が落ちてダウン!?かと思ったけど、すぐに組みついたからかな、取られず。2Rは水落選手がガンガン前に出ていくが、不可思選手は距離を取ってローなど。3Rに入ると不可思選手が攻勢に。首相撲も上手い。何度かこかされる水落選手。4Rに水落選手、出血でドクターチェック。まぶたかな。再開するも傷が深いのかドクターストップとなった。

不可思選手は6月にライト級トーナメントの試合も決まっている。勢いがついた。


<第2試合 51kg契約 3分5R>
〇石井一成(東京KBA)(3R終了 TKO)矢島直弥(はまっこムエタイジム)●
2人とも初めて見る選手。石井選手は高校を卒業したばかり。東の神童・那須川天心に対し、西の神童と呼べるほどの選手との事。矢島選手はムエタイスタイルかな。スピードもあるが2人とも力強い。技も多彩で面白い。3R終了時に石井選手の怒涛の攻撃。顔に前蹴り入ってた。4R開始ブザーが鳴って、矢島選手のセコンドからタオル投入。何が効いたのかなぁ。

軽量級はスピードがあって面白い。また2人とも見てみたい選手。


<第3試合 56.0kg契約 3分5R>
〇小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺)(1R2分09秒 TKO)ビョン・ソンジ(韓国)●
小笠原選手は直前で対戦相手が変更に。序盤から多彩な技で攻める。ローでダウンを奪い、試合再開するも再びダウン、レフリーストップで試合終了。小笠原選手はKNOCK OUTで3連続KO勝利!


<第4試合 67.5kg契約 3分5R>
〇ジャオウェハー・シーリーラックジム(タイ)(3R1分36秒 TKO)(3R1分36秒 TKO)健太(E.S.G)●
健太選手よりジャオウェハーの方が黒い(笑)。ヒジが得意な選手との事。序盤は距離を取りながら戦っていたが、次第に接近戦に。3Rは距離が近くなりヒジを打ちまくるジャオウェハー。色々な打ち方で攻めてくる。カットし健太選手ドクターチェック。再開するもまたヒジが入り、健太選手TKO負け。


<第5試合 61.3kg契約 3分5R>
○ロートレック・ジャオタライトーン(タイ)(判定2-0)梅野源治(PHOENIX)●
梅野選手も悪くなかったが、ロートレック選手は上手いというより強かった。どんどん前に出るし力強い。「鉄車輪」と呼ばれているそう。4Rにバッティングでロートレック選手ドクターチェック。後半の首相撲、今までのKNOCK OUTで一番長かったかな。梅野選手は蹴りたい、ロートレック選手はヒジやヒザの接近戦を狙う。面白い攻防だったが判定決着。2-0でロートレック選手の勝利。今回も梅野選手の試合以外がKOやTKO決着となったが、こういう試合の面白さが広まるといいな。いつまでも分かる人には分かる…じゃね。


<第6試合 初代ライト級王座決定トーナメント一回戦 61.5kg契約 3分5R(延長1R)>
〇森井洋介(ゴールデングローブ)(2R0分18秒 KO)宮越慶二郎(拳粋会)
1Rはお互いにローで探り合いから森井選手のストレートがヒットしダウンを奪う。追い打ちをかけて2度目のダウンを奪うも1R終了。2R早々、勢いのままパンチでダウンを奪い、森井選手の勝利。会場大盛り上がり。

最後はこういう試合で終わるとスッキリする。
もう少し、みんなマイクが上手くなるといいな~。しゃべれないなら簡潔で。
6試合だと集中して見れるし、時間も遅くならなくていい。
帰りはJRの蒲田駅まで歩いた。次回も楽しみ!

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】