2016/12/08

12/5 「KNOCK OUT vol.0」TOKYO DOME CITYホール

楽しみにしていた「KNOCK OUT」旗揚げ戦。前売りソールドアウトで、当日券もなくなってしまったとの事。早めにチケット買ったので、安いチケットだけど正面の近い位置で見れて見やすかった。

グッズ売り場や場内誘導などの係りの人たちも元気で感じ良かった。メルマガ会員登録すると選手のカードがもらえるというので、事前に登録した画面を見せて1回引いた。宮元選手のサイン入り。当たりだそう。うーん。欲しい人と交換したいな!

演出もビックマッチ感はあるが過剰過ぎずカッコいい演出。
ラウンドガールはちょっと…だったなぁ。グラビアの有名な子たちらしいが、遠目で見ると細いしラウンドガールとしての仕事もおぼつかない感じ。(動き間違えたり、2人の息が合ってなかったり…)。ラウンドガールはレベルスの人たちが一番好き♪

入場式はステージ上で。

以下、試合の感想。

<第1試合 61.5kg契約 3分3R>
〇大月晴明(キック スターズ マスクマン)
(1R 0分45秒 KO)
●スターボーイ・クワイトーンジム(タイ)

スターボーイ選手は元WPMF世界フェザー&スーパーフェザー級王者。元チャンプとはいえ、日本人選手を何人も倒してる。今年3月には梅野選手と引き分けている選手。

試合開始早々、大月選手は前のめりで左右のフック、ボディーを放つ。スターボーイ選手がダメージ受けると追い打ちでラッシュをかけダウンを奪う。まさかの秒殺KO!素晴らしい幕開け。



<第2試合 55.4kg契約 3分5R>
〇小笠原瑛作(クロスポイント吉祥寺/REBELS 52.5kg級王者)
(3R 2分53秒 KO)
●宮元啓介(橋本道場/WBCムエタイ・インターナショナル・スーパーバンタム級王者)

当初は宮元選手と工藤選手の試合だったが、小笠原選手が10月のレベルスで工藤選手をKO。工藤選手ダメージもあり、小笠原選手が宮元選手と対戦する事に。

小笠原選手はクロスポイントでムエタイを仕込まれているのか、こんなに首相撲や蹴り、ヒジが上手かったっけ?と、まず驚いた。宮元選手の蹴る間合いにさせない。
3R、バックブローかと思ったらバックヒジで宮元選手ダウン。宮元選手、反撃するがまたヒジでダウン。さらにハイキックでダウンを奪われ試合終了。

小笠原選手、強くなったなぁ。少し前までは天心選手と対戦なんて…と思ってたけど、可能性出てきたんじゃないかな。



<第3試合 60.5kg契約 3分5R>
〇森井洋介(ゴールデングローブ/全日本スーパーフェザー級王者)
(3R 1分56秒 KO)
●ヨードワンディ・ソーチャナティップ(タイ/サンタイジム/BBTVトーナメント優勝)

森井選手、気合が伝わってくる。ヨードワンディ選手は森井選手のパンチを警戒してヒジをカウンターで返して来たり、上手くブロックしてる。

見応えのある試合。ヨードワンディ選手のヒジ怖いな~と思ってたら、森井選手が右縦ヒジをヨードワンディ選手の顎にヒット!お見事!痺れるな~。

森井選手にはこの舞台で活躍して、陽の目を見て欲しいなぁ。



<第4試合 70.0kg契約 3分5R>
〇T-98(クロスポイント吉祥寺/ラジャダムナン認定スーパーウェルター級王者)
(2R 2分50秒 KO)
●長島☆自演乙☆雄一郎(魁塾)

T-98選手が勝って当たり前。どんな倒し方をするのか。長島選手は不器用ながら縦ヒジを何度も繰り出す。功を奏してカットに成功。これはT-98選手は嫌だよね。ローや首相撲で長島選手を追い込みパンチでダウンを奪う。続けてフックで倒しKO勝ち。

プレッシャーもあっただろうけれど、シッカリと結果を出したT-98選手。もっと強い相手との試合が見たい。



<第5試合 55.0kg契約 3分5R>
〇那須川天心(TARGET/ISKAオリエンタル世界&RISEバンタム級(-55kg)王者)
(1R 2分23秒 KO)
●ワンチャローン・PKセンチャイジム(タイ/ルンピニー認定スーパーフライ級王者)

正直、さすがの天心選手も現役のルンピニーのチャンプとの対戦は厳しいと思っていた。今回は負けちゃうかな~って。

試合開始早々の天心選手のラッシュ。早くて動きが分からないくらい早い。ワンチャローン選手も慌てていて対応出来てない感じだった。天心選手、後ろ回し蹴りをアゴにヒットさせてダウンを奪う。ボディーに入ったのかと思ったらアゴだった。ワンチャローン立ち上がれず。

大歓声!凄いな!!
せっかくルンピニーのチャンピオンが来たから、攻防をもっと見たかったな~組んだらどうなるのかとか。でも凄いインパクトだよね。こんな結果出したら今後も大変だろうけど、ムエタイにも対応出来るテクニックがあるのを今度は見せて欲しいな。



<第6試合 61.5kg契約 3分5R>
〇梅野源治
(PHOENIX/ラジャダムナン認定ライト級王者、WBCムエタイ世界スーパーフェザー級王者)
(5R 判定3-0)
●シリモンコン・PKセンチャイジム
(タイ/元ラジャダムナンスタジアム認定フェザー級&スーパーバンタム級王者)

ここまですべてKO決着。梅野選手への期待が高まる。
梅野選手、コツコツとローを当てていく。2Rにパンチでダウンか?!と思ったけど、取れなかった。プレッシャーかけて追いつめていくが、シリモンコンがダメージが出てきたのか途中から防戦気味に。梅野選手が来い!と煽る場面も。

倒せなかったが、判定圧勝。これまでの試合がミラクルだもの。仕方ない。
逆にメインみたいな試合が続かなくて良かったよね…


休憩時間には来年前半のスケジュールの発表。
2か月に1回のペース。全部行きたいな~。カード出なくても好きな選手が出る確率高いし。
大田区は遠いからあまり好きな会場ではないけど、仕方ないのかな。

トータルで2時間20分くらい。6試合でも十分満足。
キックの興行は長い事が多くて、メイン見るころには疲れちゃうからこれはいい。

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】