2016/08/09

7/31 ZERO1「火祭り2016」後楽園ホール

後楽園ホールが翌日から改修で1ヶ月ほど使えなくなるとの事。
トイレやエレベーターは綺麗になったけど、さすがに中はイベントやりながらは工事できないからね。どうなるのか楽しみ。

試合前に天下一ジュニアのチケット買った!

以下、試合の感想。

<第1試合 火祭り公式戦 30分1本勝負>
○田中将斗(4分58秒 スライディングD→体固め)浜亮太●
体格差があってもさすがの将斗選手。体重かけた重たい攻撃されても危なげなく勝利。


<第2試合 火祭り公式戦 30分1本勝負>
○将軍岡本(11分38秒 バックドロップ→体固め)フジタ‘Jr’ハヤト●
最近お気に入りの将軍岡本選手。ハヤト選手とも好試合。古き良きプロレスを持ちつつ、器用な事もこなせちゃう。
帰りにまた募金箱持ってたので、またZERO1に来てください!ってお願いしておいた(笑)。呼んでくれたら…って言ってたけど。


<第3試合 火祭り公式戦 30分1本勝負>
△小幡優作(30分時間 切れ引き分け)ジェームス・ライディーン△
負けなければ引き分けでも決勝進出の小幡選手。でも是非とも勝って進みたいところ。頑張ってるは分かる。努力してるのも分かる。でも結果が欲しい、小幡選手。ライディーンのキツイ攻撃に耐えて、引き分けで終了。ゲスな事言っちゃうと、ライディーンのパワーボムが出なかったんだけどね…。なんでだろうね~


<第4試合 火祭り公式戦 30分1本勝負>
○大谷晋二郎(13分48秒 キド・クラッチ)KAMIKAZE●
刀を諦めきれない大谷選手。エア刀持参で入場。KAMIKAZE選手はトップロープからムーンサルトしなくなったのかな?セカンドからだった。キド・クラッチで大谷選手勝利。点数30点でトップの決勝進出。決勝は大谷VS小幡に。


<第5試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
○横山佳和、ブッファ (13分21秒 デスバレーボム→ウンコ座り固め) 佐藤耕平、磐城利樹●
公式戦と違う緩い試合。横山選手のセコンドにTARU選手。学ラン着てヤンキーコントみたいな事やってるけど、これを振り切ってやるのもなかなかだと思うよ。つまらないとかショッパイって思っちゃうけど、こういう試合も必要。公式戦ばっかりじゃ疲れちゃうしね。耕平選手はやっぱりコンディションが良くないのかな?肌に張りがない感じするし、いまいち覇気が感じられない。大丈夫かなぁ。


<第6試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
○日高郁人、高岩竜一 (11分29 野良犬ハイキック→体固め) 菅原拓也、拳剛●
天下一ジュニアの開催が決定して、気合が入ってるのが伝わってくる。特に拳剛選手の気持ちが伝わってきて良かった。
出場選手発表第一弾、菅原選手にゆかりのある選手…と、ウルティモ・ドラゴンが発表された!楽しみ!


<第7試合 火祭り公式戦優勝決定戦 時間無制限1本勝負>
○小幡優作(29分50秒 ダイビングWニードロップ→片エビ固め)大谷晋二郎●
火祭りは裏切らない。熱い熱い。小幡選手、大谷選手に引き上げられた部分もあるけど覚醒したかな。非情さや大谷選手に負けない気持ちが伝わってきた。大谷選手の前のめりでチョップを受ける技?を小幡選手がやってのけた。大谷選手にも勝って欲しかったけどなぁ。悔し涙が何とも言えずグッときた。

試合後の小幡選手のマイク。真面目で面白みもないけど(笑)、俺がZERO1を変えるって気持ちは伝わってきた。
ロビーで観客をお見送りも胸が真っ赤になってたが、逞しく見えた。


 

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】