2016/08/08

7/30「ハードヒット」 千葉・Blue Field

去年の9月に行ったのが最後のハードヒット。その時に初のBlue Fieldで遠くてグッタリしてしまい、しばらく遠ざかってた。
今回も悩んだんだけど、砂辺さんの試合が見たくて行く事に。

行きはタクシー。運転手さんがプロレス好きで昔よく見てたよと。力道山とか吉村って(笑)。でも今はWWE見てるって行ってた。道が混んでて1100円くらい。

最前は取れたけど番号的に端っこかと思ったら正面だった。見やすい。でもプレハブなので微妙に暑い。トイレが古くて男女1つづづなので、ちょっと不便。

以下、試合の感想。

<ダークマッチ>
○吉田綾斗(KAIENTAI-DOJO) VS シバター(フリー)●
吉田選手、見た目から総合の選手かと思った。シバター選手は前髪がウザイしお腹もプヨプヨで嫌。
打撃中心の試合展開。ハイキックで吉田選手がシバター選手にKO勝ち。


<第1試合 10分1本勝負>
○奥田啓介(フリー) VS 土橋政春(クレイジーアーマメント)
奥田選手強かった!土橋選手、何もさせてもらえず。グラウンドでボコボコに殴られっぱなしでレフリーストップ。土橋選手がこんなに何も出来ないなんて奥田選手凄い。



<第2試合 10分1本勝負>
○砂辺光久(OZアカデミー) VS 服部健太(花鳥風月)●
入場で、服部選手がリングサイド回ってハイタッチしてるから、一応私も(笑)
砂辺選手は「ハイブリッドコンシャス」から~の 中村あゆみの「僕が僕であるために」。これだけでグッときてしまう。序盤、服部選手の変な複合技?に捕まる砂辺選手。これに怒って怒涛の打撃ラッシュ。マウント状態での掌底で試合終了。
帰り際に握手した2人。砂辺選手、健闘を称え合う握手じゃなくて「ざまーみろ!」って顔してた!カッコいいなー。



<第3試合 10分1本勝負>
○田中稔(フリー) VS 松本崇寿(花鳥風月)●
稔選手はいつでもコンディションが良くて、カッコいい。松本選手の腕十字にエスケープの稔選手。お返しのローキックが重たい!効いてる!キック嫌がってる松本選手に対してガンガン蹴りまくる稔選手。最後はハイキックで倒してTKO勝ち。



<第4試合 10分1本勝負>
○青木 篤志(全日本プロレス) VS 太田 駿平(P's LAB 世田谷)●
ギブアップを奪ったのが、青木選手の逆片エビ。バックドロップで投げられてダウン取られたりプロレス技って凄いなって思う。良く角度が少し違うとかポイントずらしたとか言うけど、さじ加減でギブアップ奪える技になるんだなって。


<第5試合 10分1本勝負>
○真霜拳號(KAIENTAI-DOJO) VS 和田拓也(フリー)●
真霜選手、どんな戦い方するんだろうと思ってたらパワーで押し切る。体重差もあったけど、和田選手の技をテクニックじゃなくて力で跳ね返す感じ。面白い。ロストポイント2-1 で真霜選手の勝利。


<6試合 10分1本勝負>
○佐藤光留(パンクラスMISSON) VS 野村卓矢(大日本プロレス)
野村選手の事をよく知らないので、何故この一戦?と思ったが、彼は格闘技のベースがあるのかな、打撃系の。強かった!最後は光留選手がアキレス腱を決めて終了。


<第7試合 15分1本勝負>
○川村亮(パンクラスイズム横浜) VS 岩本煌史(スポルティーバ)●
岩本選手に2回負けて後のない川村選手。リングネームが「ロッキー川村」に変わり、グローブはめてロッキーのテーマで入場。見た目だけじゃなくて、戦い方も変わった。覚悟が感じられる。

執拗な岩本選手の肩固め、もうダメかと何度も思ったけど、耐えて凌いで最後にパンチのラッシュでKO勝ち。鬼気迫る表情だったなぁ。とりあえず良かった良かった。



帰りはタイミング良くバスが来たので乗れた。
しかしやっぱり遠いので、都内でやって欲しいよなぁ。

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】