2016/01/27

1/24 「REBELS.40」ディファ有明

13時試合開始だったけど長丁場になりそうなので、1時間ちょい遅れで第5試合途中で到着。この日は南の通路前の席。見やすかったけど、頻繁に人が通るので鬱陶しかった。

以下、試合の感想。


<第1試合 NEW RAIDERS LEAGUE スーパーフライ級 3分3R REBELSルール>
○平山“ハリウッド”幸文(PHOENIX)
(判定3-0)
●堀 堅斗(クロスポイント吉祥寺)

<第2試合 NEW RAIDERS LEAGUE スーパーフライ級 3分3R REBELSルール>
○土橋朋矢(新宿レフティージム)
(判定3-0)
●スダ456(BRING IT ON パラエストラ小岩)

<第3試合 57.5kg契約 3分3R REBELSルール>
○古谷野一樹(クロスポイント古河)
(判定3-0)
●松山力也(赤雲會/TENKAICHI KICKフェザー級王者)

<第4試合 55kg級 3分3R REBELSルール>
○宮崎就斗(TARGET)
(判定3-0)
●原島モルモット佑治(テッサイジム)

<第5試合 55kg級 3分3R REBELSルール>
△工藤政英(新宿レフティージム/REBELS 55kg級王者)
(ドロー 判定1-0)
△浜本“キャット”雄大(クロスポイント吉祥寺)


去年の試合のMVPとかの表彰。次回の興行に出場する選手の意気込み。その後休憩。
進行はスムーズだけど、選手の喋りがダラダラ長い。今イチ。印象に残るような短い言葉でまとめて欲しい。


<第6試合 スーパーライト級 3分3R ムエタイルール>
○渡辺理想(極真会館)
(TKO 1R終了時)※セコンドからの棄権
●前田将貴(RIKIX)
渡辺選手、2年半ぶりの復帰戦。しかもキャリアの最後にムエタイルールを選択するとは。あまり好きな選手ではなかったけど、いい!
1R、スタンディングダウンを奪った渡辺選手。ラウンド終了時にハイキックでさらにダウンを奪う。ダウンカウント取らないのかな?と思ったけどインターバル。2Rが始まる前に棄権で渡辺選手のTKO勝ち。今年中にベルト取りたいとの事。どこまで行くか楽しみ。


<第7試合 62kg契約 3分5R ムエタイルール>
○前口太尊(PHOENIX/J-NETWORKライト級王者)
(KO 2R 1分59秒)
●翔・センチャイジム(センチャイムエタイジム/初代MuayThaiOpenライト級王者)
太尊選手のパンチと勢いが凄い。ムエタイルール関係ないね。見た目もイカツイ。J-NETじゃなくてKrushとか合いそう。


<第8試合 62kg契約 3分5R ムエタイルール>
○ヤスユキ(Dropout/REBELS-MUAYTHAIスーパーフェザー級王者)
(判定3-0)※49-48、49-48、48-47
●宮越慶二郎(拳粋会宮越道場/WBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者)
楽しみにしてたんだけど、眠くて眠くてあまり記憶がない…ヤスユキ選手優位で判定勝ち。


<第9試合 REBELS-MUAYTHAIフライ級タイトルマッチ 3分5R ムエタイルール>
○奥脇一哉(はまっこムエタイジム/挑戦者)
(判定3-0)
●松崎公則(STRUGGLE/元REBELS-MUAYTHAIフライ級王者)
松崎選手が40歳、奥脇選手は21歳。9月に対戦した際は奥脇選手が勝利し、今回タイトルマッチ。松崎選手、頑張って欲しかったけどなぁ。奥脇選手、試合運びや距離の取り方が上手い。始終リードで奥脇選手が新チャンピオン。応援者のマナーが悪い。


<第10試合 メインイベント REBELS65kg級タイトルマッチ 3分5R REBELSルール>
△水落洋祐(はまっこムエタイジム/REBELS 65kg級王者)
(ドロー 判定0-1)※48-49、49-49、49-49
△憂也(魁塾/DEEP☆KICK65kg王者/
水落選手は毎回こんな試合してて大丈夫なのだろうかと心配になる。ガンガンいくスタイルだから仕方ないんだろうけど。

休憩挟んでここから2部。メインが終わったので客席ガラガラ。

<第11試合 58.5kg契約 3分3R REBELSルール>
○橋本亮汰(NEXT LEVEL渋谷)
(判定2-1)
●船越健介(橋本道場)


<第12試合 フライ級 3分3R ムエタイルール(ヒジなし)>
○立嶋挑己(ASSHI-PROJECT)
(TKO 2R 1分58秒)※レフェリーストップ
●家下 歩(菅原道場)
そう言えば挑己選手の試合を見るのは初めてかも。細かい仕草とか動きが親子似ている。2Rにダウンを奪い、その後も連打でレフェリーストップ。親子で同じ興行に出場なんて凄いよなぁ。


<第13試合 フェザー級 3分3R ムエタイルール(ヒジなし)>
○千羽裕樹(スクランブル渋谷)
(判定2-0)
●岸 知直(BRING IT ON パラエストラ葛西)


<第14試合 ライト級 3分3R ムエタイルール>
○細野裕希(NEXT LEVEL 渋谷)
(判定3-0)
●岡田ピロキ(クロスポイント吉祥寺)


<第15試合 55kg級 3分3R REBELSルール>
○小倉尚也(スクランブル渋谷)
(判定3-0)
●スックソンレーオ・スタージスジム(スタージス新宿ジム)


<第16試合 フェザー級 3分3R ムエタイルール>
△立嶋篤史(ASSHI-PROJECT/元・全日本フェザー級王者)
(ドロー 判定0-0)※三者とも28-28
△ZAWA-3(スクランブル渋谷)
1R、立嶋選手がスタンディングダウンを奪う。2R以降、ZAWA-3選手が反撃。3Rに鼻血の立嶋選手。1Rのダウンが帳消しになっちゃったかな。判定引き分け。盛り上がった。やっぱり立嶋選手は凄い。

前週のKrushから2週続けてのキック観戦。やっぱりいいな。でもレベルスは日曜日か水曜日の興行。バイトの日と丸被りだから毎回は行けないんだよなぁ。

コメント

非公開コメント

【スポンサードリンク】